久しぶりの連絡で喜ばれるライン例文|LINEをする時のポイントと注意点も紹介

久しぶりの連絡をする時、ラインを送る時のポイントやきっかけ7つを紹介。 また、【女性から男性へ】【男性から女性へ】のパターン別に久しぶりにライン・連絡を送る時の喜ばれる例文や、久しぶりにライン・連絡を送る時の注意点まで解説しますので、久しぶりの連絡になんて送ろうか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 久しぶりの連絡で喜ばれるライン例文|LINEをする時のポイントと注意点も紹介

ふと昔好きだった人に連絡を取りたくなった、または仲が良かったのに最近はめっきり連絡をしなくなってしまった友達に電話してみたい……ということがあるでしょう。 しかし、期間が空き過ぎてしまい連絡しづらい、出会いの理由が見つからないなどなかなか連絡に踏み切れないはず。 そこでここでは昔恋愛感情を抱いていた人、または友人へ久しぶりにLINEを送る方法を紹介します。 友達だとしてもまずは相手の現在の状況に配慮したメッセージから入るなどステップが必要です。

久しぶりにライン・連絡を送るなら準備が必須

久しぶりにLINEやメール、電話をするのであれば事前の準備が必要です。 何か会話のきっかけがなければ「元気だった」、「最近何してる?」などの挨拶や質問で終わってしまうことも。 そこで重要なのがタイミング。 相手の誕生日などであれば、「誕生日おめでとう!」から自然に連絡のやり取りが続きます。 逆に相手が仕事の時間など忙しいタイミングであれば、相手もなかなか返信しづらく最悪連絡が途絶えることも。 また、連絡はオープンクエスチョン、つまりイエスノー以外で答えられる質問を交えましょう。 クローズドクエスチョンだとすぐに会話が終わってしまいますので、なるべく相手が長く答えられる質問を用意してから連絡を取りましょう。

久しぶりにライン・連絡をする時のポイント

ここまで、事前準備の方法や例文をご紹介してきましたが、久しぶりにラインやメールなどの連絡を送る際のポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

名乗ってから本題に入る

連絡をする時、その前に必ず自分の名前を名乗りましょう。 あなた自身が覚えていても、相手は忘れている可能性が。 「どちら様ですか?」と言われればあなたも傷つきますし、もしかするとスパムとして勘違いされるかも。 だからこそ、「小学校の時同じクラスだった○○です」などと、どのような関係など含めてキチンと名乗りましょう。

相手が仕事中の時間は避ける

相手の仕事時間中に送るのは避けましょう! ただでさえ、久しぶりの連絡ですから、忙しい時間帯に送ってしまうと相手に負担をかけたり迷惑になってしまいかねません。 自分の仕事時間と正反対のお仕事であっても、あなたの都合の良い時間よりは、相手の都合の良さそうな時間帯を考えて、送るようにしましょう。 相手への気遣いができる人は魅力的に見られますよ。

共通の話題から入る

相手に連絡を入れた目的が分かりやすく不信感を抱かれにくい話題として、「共通の話題」からスタートするのがお勧めです。 たとえば、「久しぶり!K大学の◯◯だよ!、最近◯◯ちゃんと会ってる〜?」と共通の知人の話をしたり、「久しぶり!◯◯です、最近◯◯BARに行ってますかー?」など行きつけのお店やショップが一緒などの情報がわかっていれば近況を伺ったりと共通の話題から攻めましょう!

いきなり誘わない

返信が着てもいきなり誘ってはいけません。 返信が着たことで「相手も心を開いているのでは?」などと思いがちですが、中には社交辞令で返信しているということも。 そのため、いきなり誘っても「いやそれは……」などと断られる可能性もあるのです。 だからこそ、返信が着たらじっくりと連絡を重ねましょう。 時間はかかるかもしれませんが、その方が確実にOKをもらいやすくなります。

返信に対してお礼を伝える

久しぶりの連絡が取れたのであれば、それに対するお礼は忘れず伝えましょう。 お礼がなくても別に悪い印象を与えることはありません。 しかし「返信くれてありがとう」とお礼の言葉を添えてあげれば、「感じのいい人だな」と相手に好印象を与えることもできます。 お礼を伝えれば、久ぶりの連絡だとしてもやり取りしやすくなるでしょう。

久しぶりにライン・連絡を送るきっかけ7つ!

さて、久しぶりにラインやメールを送るには、どんなことをキッカケにすればよいのでしょうか? キッカケになりやすい例をいくつかご紹介していきます! これらのタイミングを活用して、最初の一歩を踏み出しましょう!

1.気になる男性に送りたい時のきっかけ

気になる男性に連絡を送りたいのであれば、男性が好きなものの質問を送るのがいいでしょう。 「○○ってサッカー選手知ってる?」「パソコンについて詳しかったよね?」などと男性の趣味や得意分野について質問するのは違和感のない会話。 連絡を送るきっかけとしては取り掛かりやすいものなのです。 ただ、あくまでもきっかけであって何でもかんでも質問してしまうと「少しは自分で調べてよ」と煙たがれるので注意が必要です。

2.気になる女性に送りたい時のきっかけ

逆に気になる女性に連絡を取るのであれば、TwitterやInstagramなど女性がSNSに投稿している話題をきっかけにすればいいでしょう。 たとえば女性がどこかのカフェで写真を撮っていれば「おしゃれなカフェだけどどこのカフェ?」と質問するのです。 また「○○に似た人を見て」などと似た人を見かけたから久しぶりに連絡してみたというのもアリ。 それがきっかけで自分のことを思い出してくれたのは嬉しいものです。

3.元恋人に送りたい時のきっかけ

久しぶりに元彼、元カノへ連絡を取りたい時はタイミングを見計らいましょう。 もし元恋人と復縁を望むなら連絡する時期は大事です。 その時期はたとえば誕生日、または正月などの季節の節目などがいいでしょう。 「誕生日おめでとう」、「あけましておめでとう!元気にしてる?」などとメッセージを送れば別れてから時間が経過しているなら相手も喜ぶはず。 ただ、単に連絡を取りたいのであれば「連絡したい」と思った時に送っていいでしょう。 「元気にしてる?」とだけ気軽に送ってみましょう。

4.疎遠になった昔の友達に送りたい時のきっかけ

学生時代の友達など、疎遠になってしまった友人に連絡を送りたいのであればタイミングを重視しましょう。 相手の誕生日や新年の挨拶など、誰に送っても違和感のないタイミングがオススメ。 フランクに「誕生日おめでとう」、「明けましておめでとう!」などと送れば相手も返信しやすいはず。 脈絡なしにメッセージを送るのはあまり効果はありませんが、行事や節目はどのような相手でも話すきっかけになるのです。

5.前の職場の人に送りたい時のきっかけ

前職やバイト時代にお世話になった上司や後輩、同僚などに連絡を取りたい場合も、季節の節目がベスト。 正月やお盆など時候の挨拶ともに近況を報告するメッセージを送れば、きっと相手も「元気にしてた?」と会話が弾むはず。 お世話になった人であれば、あなたが働いていた当時の思い出話なども盛り上がるので楽しく連絡のやり取りができるでしょう。

6.相談したい相手に送るきっかけ

疎遠になった人に相談したいと連絡を送る場合は簡単に送ることができます。 相談するだけなので連絡のやり取りも続くのです。 しかし、その相談内容については十分注意をはらいましょう。 恋愛相談でもたとえば昔から気になっている人に恋愛を相談するものだとすると、相手も「その好きな人は自分じゃないのか」と諦めてしまいます。 気になっている人に恋愛相談するのは避けるべきでしょう。

7.お世話になった相手に送りたい時のきっかけ

久しぶりに連絡を取りたい相手には卒業した学校の先生や恩師もいるでしょう。 その場合はかしこまった表現の挨拶から連絡を送ってみましょう。 連絡の頭は「ご無沙汰しておりますいかがお過ごしでしょうか」などという挨拶から始めるのがオススメ。 そして、連絡を送ったわけを掻き出せば恩師も「成長したな」と感心するはずです。

【女性から男性へ】久しぶりにライン・連絡を送る時の喜ばれる例文

男友達や気になる人に送りたいのどんな内容のメッセージを送ればいいのか、と悩む女性も多いでしょう。 そこで、男性が喜ぶラインの例文を紹介します。 男性はちょっとした疑問文や、要点がわかりやすい内容に喜ぶ傾向にあります。

「○○くん○○です!○○くんの誕生日思い出して連絡してみました。おめでと~!」

誕生日の場合、男性が喜ぶ内容には「○○くん○○です!○○くんの誕生日思い出して連絡してみました!おめでと~!」がいいでしょう。 誕生日に「おめでとう」と言われるのは嬉しいこと。 しかし、たまたま思い出したという雰囲気を装い、慌ててメッセージを送りました……という方がより嬉しく感じます。 「気づいてくれてわざわざ送ってくれたんだ」と誠意を感じるのです。

「○○くん久しぶりー。○○です。前に教えてくれた漫画読んだよ。すごく面白かった!また面白い漫画あったら教えて欲しいな」

男性は基本、頼られるのが好き。 趣味や興味のあるものを質問すれば、話がつなげやすいものなのです。 「○○くん久しぶりー○○です!前に教えてくれた漫画読んだよ~すごく面白かった!また面白い漫画あったら教えて欲しいな」などと相手の興味あるものを褒めつつ連絡をしてみましょう。 そうすれば、相手の男性も前のめりになって話をしてくれるはずです。

「久しぶり!○○だよ。今日○○にいたんだけど、似た人がいたから○○くんかな?って思って。○○にいた?」

たまたま出会ったという運命的な出来事も男性は好みます。 たとえばどこか出かけ先ですれ違っていたというのも、男性は嬉しいものなのです。 さらに、「久しぶり!○○だよ~今日○○にいたんだけど、似た人がいたから○○くんかな?って思って…○○にいた?」という似ている人を見かけたとのメッセージもオススメ。 わざわざあなたに確かめる内容、そして疑問文だと男性も喜んで返信するでしょう。

【男性から女性へ】久しぶりにライン・連絡を送る時の喜ばれる例文

前章では男性が喜ぶ女性からのメッセージの内容について紹介しました。 続いてはその逆、女性が喜ぶ男性からのメッセージを紹介します。 男性から女性にメッセージを送る場合は気さくに連絡するのがいいでしょう。 しかし、軽くなり過ぎない内容で送るよう注意してください。

「○○さん、久しぶり〜!最近、授業で見ないけど、何の選択授業とってるの〜?」

女性でもふとした時、「そういえば」と気にかけてもらえるのは嬉しいこと。 そこで、たとえば学生なら思い出して連絡した風に「○○さん、久しぶり〜!最近、授業で見ないけど、何の選択授業とってるの〜?」などと送ってみましょう。 そうすれば心配してもらったこと、そしてわざわざメッセージを送ってもらったことに喜ぶはず。

「○○ちゃん久しぶり!○○ちゃんて○○の仕事してたよね。ちょっと教えてもらいたいことがあって…」

男性だけでなく、女性も頼られることは嫌いではありません。 女性の得意分野の仕事、または詳しい趣味などについて聞いてみるというのももらって嬉しい連絡なのです。 「○○ちゃん久しぶり!○○ちゃんて○○の仕事してたよね?ちょっと教えてもらいたいことがあって…」などとメッセージをもらえればうれしいはず。 ただ、面倒くさくない内容にしなければ女性も嫌な顔をしてしまいます。

「○○です。久しぶりにみんなで集まりたいんだけど、○○ちゃんは予定どう?よかったら返事ください」

同窓会など昔仲の良かった友達と会えるのは誰でも嬉しいもの。 そこで「○○です!久しぶりにみんなで集まりたいんだけど、○○ちゃんは予定どう?よかったら返事ください」などとお誘いの連絡を入れてみましょう。 連絡をするには飲み会などの予定を立てなければなりません。 しっかりと食事の場所や参加者の呼びかけなど事前準備をする必要があります。

フランクな関係性ならこんなラインの送り方もアリ!

相手との関係が幼馴染や元カレ(元カノ)など近しい関係性であれば、送り方も変わってきます。 フランクな関係のお相手の場合の送り方をご紹介します!

「久しぶりー!元気?」など気兼ねなく送る

これを送る方がほとんどなのではないでしょうか? ちょっとした挨拶が1番送りやすいですよね。 ですが「久しぶりー!」だけでは無視されてしまうかもしれないので、「久しぶりー!元気?」などと質問すると無視されずに返信してもらいやすくなります。

「飲みに行こうよ!」と ストレートに誘う

「○○に行ってみたいんだけど今度一緒に行かない?」「○○って○○好きだったよね?今度飲みに行こうよ!」なんて誘うラインやメールはとてもおススメです! 上手な送り方としては、ただごはんや飲みに誘うのではなく、まだ行った事のない場所や、新しくできた場所、好きな相手の好みのお店に誘う事で流されることなく行くことにも成功します。 ただ誘うだけではなくちょっと付け足すことで実現度が高まりますよ。

脈絡のないラインを突然送る

友達だからこそ脈絡がないラインを突然送るというのもできます。 たとえば「急にごめんね!○○って知ってる?」と送り、その答えに「そうなんだーわかった!」と相手も返事に困るメッセージを送れるのも友達だからです。 気の置けない間柄なら意味のないやり取りもしてみましょう。

久しぶりにライン・連絡を送る時の注意点とは?

久しぶりに相手に連絡を入れる際に注意しなければいけない点をお伝えします。 この注意点をしっかり把握して、相手に不信感を抱かせないように工夫しましょう!

重くならないようにする

久しぶりの連絡で重い内容を送ってしまうのは特に段階が必要です。 「こういうことがあって、今すごくつらい…」「仕事のパワハラで相談があるんだけど…」など重すぎる内容を送るのは、返信に困らせてしまうでしょう。 相談したいことがあれば、最初に一言「相談したいことがあるんだけど良い?」などと事前に伝えた方が相手も心の準備ができます。

昔話は相手を見極めて持ち出す

昔話は同じ学校出身や地元の人の間であれば盛り上がる話題です。 しかし、それ以外の人にしてもまったく盛り上がらない話題。 そのため、昔話を持ち出す場合は相手のことを考えて持ち出しましょう。 ただ、会話の中で「昔こういうのがあってさ」という形で振り返るのは相手もわかりやすいので、持ち出してもいいでしょう。

長文ラインは送らない

久しぶりだと聞きたいことや話したいことが沢山あって、ついつい長文になりがちです。 長文ラインは読むのが大変、そして面倒と思われやすくなります。 また、結果論を好むタイプの人には、自分語りや質問攻めは逆効果となるでしょう。 最初の連絡の目安としては、「3行以内」がベストです。

自分のことばかり話さない

誰かに自分の話ばかりされると、疲れたり話を終わらせたくなったりしませんか? 自慢話や失敗談、卑下話、自分の近況報告。 聞いてもいないのに、ずっと相手のことを聞かされるのはキツいものです。 そんな連絡が続けば「会話が楽しくない」と思われてしまいます。 相手のことも考え、程よいキャッチボールを意識しましょう。

何度も連絡をしない

何を送っていいか迷うからと、何度も連絡をしたり、長文を繰り返したり、相手のことを考えない連絡は嫌われてしまいます。 久しぶりですから、あなたの印象をアップデートされる連絡にもなるので、配慮を忘れないようにしましょう。 ここでマイナスイメージになると、今後の連絡は難しくなるかもしれません。

しっかり準備して返事がもらえるラインを送ろう!

ここまで久しぶりの連絡を元恋人などに送るきっかけや、喜んでもらえる内容を紹介してきました。 久しぶりの連絡で大事なのは、送るタイミングです。 脈絡もなく「元気にしてる?」などというのは唐突すぎてあまり印象に残りません。 だからこそ季節の節目や誕生日などに送って、「あの人も元気にしてたんだ」と印象付けるようにしましょう。 そうして返信をもらえる可能性が高まれば、再び仲良くすることができるでしょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧