好きな人に久しぶりのラインをしたい。ラインの切り出し方や返し方を紹介します!

好きな人に久しぶりにラインしたいけど、なんて何て送れば良いかわからない…。 何て、久しぶりのラインだと切り出し方や返信の仕方が分からずに難しく考えてしまいますよね。 でも意外にもあまり難しくは考えずに軽い気持ちでメールやラインを送るのが一番なんです。 好きな人に連絡する時の参考にしてみてくださいね!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 好きな人に久しぶりのラインをしたい。ラインの切り出し方や返し方を紹介します!

昔好きだった人に久しぶりにラインしたいなぁ。 と思い立ったものの、なんて送ったらいいのか悩んでしまった...いきなり送って嫌われないだろうか?と不安になって送信する勇気が出ない...など、久しぶりのラインの切り出し方って何が正解なのか分からないものですよね。 今はあまり接点のない男性に久し振りのラインを送る際にしておきたい準備やどんな風に連絡をしたら良いか?例文を元にお伝えしていきます。 勢いも大切ではありますが、気になっている男性との今後の発展を考えて、本記事を参考に進めてみてくださいね。

久しぶりにラインを送るなら準備が必須

久しぶりの連絡をするのであれば、”事前準備”が必須です! LINEやメールは会話の延長ですから、お互いに盛り上がるように準備しておくとスムーズです。 まずは「連絡の始め方」ですが、軽〜く話しかけるイメージを持ちましょう!カッチリ&長文は警戒されます。 ”至極シンプルに”を心がけましょう! また、会話の中で相手の興味を惹くような「内容を準備する」のも大切です!相手の好みやトレンドを把握して話題を準備しておきましょう! さらに、会話の中で「3回に1回程度は質問をする」ことを心がけると相手へ興味を示せます。 ひたすら共感するだけでは何のために連絡してきたんだろう?と不信感を抱かれますから、相手のペースに合わせながら、質問しましょう!

久しぶりにラインを送るきっかけ7つ!

さて、久しぶりにラインやメールを送るには、どんなことをキッカケにすればよいのでしょうか? キッカケになりやすい例をいくつかご紹介していきます! これらのタイミングを活用して、最初の一歩を踏み出しましょう!

誕生日祝いや新年のあいさつなどをきっかけに送る

相手の誕生日や新年の挨拶など、誰に送っても違和感のないタイミングをキッカケにするとよいでしょう。 誕生日に連絡がきて嫌がる人は少ないはず!お祝いの連絡から相手の近況などを聞きながらデートのお誘いしてみましょう。 また、新年の挨拶などでのイベントでは、二人の距離が程遠かったとしても既読スルーなどはされにくいです。 年が明けてすぐよりは、2〜3日あたりに送ると、他の人に埋もれにくくなりみてもらいやすいです。

相手のSNS投稿に関しての内容を送る

気になる相手がTwitter、フェイスブック等のSNSや、タイムラインをよく更新するのであればその内容をきっかけにラインやメールをすると良いでしょう。 上手な送り方としては「タイムラインに載ってた○○を買おうか迷ってるんだけどどこで買ったの?」などと送ると良いですよ。 もちろんなんとなく興味がある程度の物でいいです。 実際に買うか買わないかではなく、あくまで”きっかけ”なので、買わなくても問題はありません。 ここで注意をしてほしいのは、数か月前や数年前の質問をしてしまうと「俺そんな記事アップしたっけ!?」「なんか監視されてるみたい」と思われてしまうので、1週間以内にアップされた記事の質問をすることです。

相手が好きなものや専門としていることなどについての質問を送る

相手の好きなものや専門としていて詳しいことなどの質問を送るのもお勧めです! たとえば、「久しぶり!◯◯について詳しかったよね?」など相手の専門分野について聞くことで、多少面倒だな〜と思ったとしても教えてほしいと頼られたら嫌な気はしないでしょう。 ただ、基本情報など誰でも調べれば分かるような質問をしてしまうと、自分で調べろよ...と思われてしまいかねませんので、質問する情報は事前に精査しましょうね!

異性としてのアドバイスをもらう

相談をしたいというラインやメールは簡単に送れます。 そして自然とメールやラインのやり取りが出来ちゃいますよね。 ですが、ここで注意をしてほしい事は「相談内容」です。 気になる相手に相談をするので、男関係の相談は絶対にNGです。 男関係の相談をしてしまうと、この恋の発展は難しくなるでしょう。 気になる相手の事を遠回しに相談するのはわりとおススメです。

街で似た人を見かけたと送る

「久しぶり!◯◯君、今新宿駅のあたりに居た?!」など、似た人を見かけたことを報告するのも一つの手! 自分のことを見かけて連絡をくれたんだと分かれば、何の脈絡もなく連絡するよりも警戒されずに受け止めてもらいやすいです! このパターンでは、例え見かけていなくても活用できる方法のため、いつでも使えます!(笑) 「居たよ!」と返信があれば、声をかければよかった〜!職場近いの〜?など話題を作れますし、「居なかったよ」と言われても、そこから久しぶりに話したくなった〜など連絡を続けることも可能です。

地震などを心配する内容を送る

地震や雷、豪雨など災害が起きたら、連絡を取り合ってもなにも不自然な行為ではありません! 特に、震源地に相手が近かった場合、「◯◯に住んでたよね?地震大丈夫だった?!」など心配する連絡をするのも良いでしょう。 もし、これまで疎遠だったとしても、緊急時に連絡をもらえたら、相手だって安心してくれるはずです。 困っていることがあればそこから助けになって、距離がぐんと近づくかも?!

誤送信したことにして送る

この手段に関しては、若干力技なところもありますが、キッカケを何も掴めない方には良い方法と言えるでしょう。 敢えて、誰もが笑うような失敗画像やおもしろ画像などを送りつけて、「ごめん!!友達に転送するのを間違えちゃった!」と誤送信を装って連絡を取るという方法です。 基本的に、この手段はわざとらしさが出てしまうので、ツッコんでもらえるような画像や文章を送っておくことが肝です。 誤送信から少し経ってから、相手の様子を伺って、謝罪の連絡をしてみましょう。

【女性から男性へ】久しぶりにラインを送る時の例文

連絡したい男友達がいる場合や気になる男子と連絡先を交換したのに結局なんて連絡したらいいかわからなくて困っていた...なんて悩んでしまう女性も多いでしょう。 女性から送る場合は、話したいことが多くなってしまい長文になりがちな場合が多いので、注意しましょう。 男性サイドが"分かりやすく、返信しやすい"内容がベストです。 (例文) 「○○です(^^)LINE交換してたのに連絡遅くなってごめんね!LINEでもよろしくね〜」 「久しぶり〜!◯◯高校だった◯◯だよー!Instagramで見たけど◯◯してるの?!よかったら今度話聞かせて欲しいな!」 など目的も分かりやすくで簡潔な内容だと男性も返信がしやすいです。

【男性から女性へ】久しぶりにラインを送る時の例文

この記事を見ている男性もいるかと思いますので、気になる女の子にどんな内容で久しぶりに連絡したらいいのか?と悩む男性たちに女性に送る連絡の例文をご紹介します。 「迷惑かな〜」と送る前は思ってしまいがちですが、女性は、男性から気にされている連絡が来るのは嬉しいものです!(笑) あなたのことを気に(心配)していることをさり気なく伝えながら、相手が返信しやすい内容を送ることがお勧めです。 (例文) 「○○さん、久しぶり〜!最近、授業で見ないけど、何の選択授業とってるの〜?」 「○○ちゃん、久しぶり!◯◯サークルの◯◯です!卒業してから会ってないけど、元気でやってる〜!?」 など、気さくに連絡を取ると良いでしょう!

フランクな関係性ならこんなラインの送り方もアリ!

相手との関係が幼馴染や元カレ(元カノ)など近しい関係性であれば、送り方も変わってきます。 フランクな関係のお相手の場合の送り方をご紹介します!

1 ) 普通に送る(久しぶりー!元気?とか)

これを送る方がほとんどなのではないでしょうか? ちょっとした挨拶が1番送りやすいですよね。 ですが「久しぶりー!」だけでは無視されてしまうかもしれないので、「久しぶりー!元気?」などと質問すると無視されずに返信してもらいやすくなります。

5 ) ストレートにご飯に誘う(飲みいこー!)

「○○に行ってみたいんだけど今度一緒に行かない?」「○○って○○好きだったよね?今度飲みに行こうよ!」なんて誘うラインやメールはとてもおススメです! 上手な送り方としては、ただごはんや飲みに誘うのではなく、まだ行った事のない場所や、新しくできた場所、好きな相手の好みのお店に誘う事で流されることなく行くことにも成功します。 ただ誘うだけではなくちょっと付け足すことで実現度が高まりますよ。

久しぶりにラインを送る時のポイント

ここまで、事前準備の方法や例文をご紹介してきましたが、久しぶりにラインやメールなどの連絡を送る際のポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

まずは名乗る

これは基本ですが、まずは自分のことを名乗りましょう! あなたは相手のことを気になっていて、しっかり覚えていると思いますが、相手にとっては記憶の薄い存在かもしれません。 「久しぶり〜!元気〜?」などと連絡を送ったところで、「え...誰だっけ?」と思われて嫌な気持ちをさせてしまうかもしれませんし、スパムと間違えられて無視されてしまう可能性もあります。 そのため、まずは「◯◯(共通の関係)の◯◯だよ〜!久しぶり〜!」など、自分から最初に名乗りましょう!

相手が仕事をしていると思われる時間の送信を避ける

相手の仕事時間中に送るのは避けましょう! ただでさえ、久しぶりの連絡ですから、忙しい時間帯に送ってしまうと相手に負担をかけたり迷惑になってしまいかねません。 自分の仕事時間と正反対のお仕事であっても、あなたの都合の良い時間よりは、相手の都合の良さそうな時間帯を考えて、送るようにしましょう。 相手への気遣いができる人は魅力的に見られますよ。

共通の話題から入る

相手に連絡を入れた目的が分かりやすく不信感を抱かれにくい話題として、「共通の話題」からスタートするのがお勧めです。 たとえば、「久しぶり!K大学の◯◯だよ!、最近◯◯ちゃんと会ってる〜?」と共通の知人の話をしたり、「久しぶり!◯◯です、最近◯◯BARに行ってますかー?」など行きつけのお店やショップが一緒などの情報がわかっていれば近況を伺ったりと共通の話題から攻めましょう!

いきなり誘わない

1度でも返信が返ってくると、すぐに会いたい!会ってもらえるかも!?と舞い上がってしまう人も多いでしょう。 注意しなければならないのは、「いきなり誘わない」ことです! 「返信が返ってきたんだから、会おうと言ってもいいんじゃ?」と思われるかもしれません。 ですが、あなたから連絡が来た時点で、誘われるんだろうなという気持ちを相手も持っています。 どんな誘い方をしてくるのかを伺っている可能性が高いですので、まずは、「連絡を気軽に取り合える仲」を目指していくことがベストです。 ラインでも駆け引きが必要ということです。

返信に対してお礼を伝える

久しぶりの連絡に対して、返信をくれた場合、そのあと重要な一手は、必ずお礼を伝えること! 返信がきたことに舞い上がってしまうと、忘れてしまいがちなことです。 お礼を伝えないことで「あれ、返信したのにスルー?」とマイナスに思われてしまう可能性もありますから、常にプラスな感覚を持ってもらえるように、お礼を伝えたり低姿勢で接しましょう! 「急に連絡してごめんね!ありがとう助かります!」など簡単な内容で良いので、お礼をしっかり伝えましょう。

久しぶりにラインを送る時の注意点とは?

久しぶりに相手に連絡を入れる際に注意しなければいけない点をお伝えしておきます。 この注意点をしっかり把握して、相手に不信感を抱かせないように工夫しましょう!

重くならない内容にする

返信が欲しい、相談したいからといって初っ端から重い内容を送ってしまうのはNGです。 「生きてることが辛い…」「仕事のパワハラで相談がある」などといった重すぎる内容を最初に送るのは、相手を怖がらせてしまったり、返信に困ってしまうため、この送り方は絶対にしてはいけません。 相談したいことがあれば、最初に一言「相談したいことがあるんだけど良い?」などと事前に伝えた方が相手も心の準備ができます。

いきなり昔話をしない

気になる相手が学生時代に同じ学校だった場合、同じ学校でしか分からない昔話ってありますよね。 ですが、いきなり昔話のラインやメールを送られてきてもとても困ります。 「今度同窓会やるよー」などの場合は問題ありませんが、「そういえば○○さんって中学の時○○だったよね」等は”無視”されやすくなってしまいます。 何通かやり取りが続いた時に昔話を出した方が盛り上がりますよ。

長文を送らない

久しぶりだと聞きたいことや話したいことが沢山あって、ついつい長文になりがちです。 特に男性にとっては、長文ラインほど面倒なことはありません。 結果論を好むタイプの人も多いため、自分語りや質問攻めは逆効果です。 最初の連絡の目安としては、「3行以内」がベストでしょう!

自分のことばかり話さない

これは、友人や同僚、先輩など誰にでも当てはまる注意点かと思いますが、「自分の話ばかりされる」と嫌なものですよね。 自慢話や失敗談、卑下話、自分の近況報告などなど。 聞いてもいないのに、ずっと相手のことを聞かされるのはキツいものです。 そんな風な連絡が続けば、「会話が楽しくない」と思われるのがオチですから、会話の基本として、相手の話をよく聞くようにしましょう! とはいえ、自分のことは一切話さずに質問攻めばかりになっても、相手の負担になるため、程よいキャッチボールを意識しましょう。

スタンプのみで送らない

ラインはとても便利なものでスタンプで会話が成り立ってしまったり、スタンプを送ることでやり取りが始まる場合もあります。 ですが、久しぶりの相手にスタンプの連打はどうでしょうか? 「いきなりなんなの?!」と思われてしまうでしょう。 よく連絡を取っている相手であればスタンプで返信してくれますが、久しぶりの相手はそうはいきません。 一言添えてスタンプを1つ付けると上手な送り方へと変わりますよ。

誕生日前後に誕生日を確認しない

気になる相手の誕生日をあやふやなふりをして「そういえば誕生日って○月○日だっけ?」というメールは失礼です。 誕生日を確認するメールをいきなり久しぶりの相手に送ることは非常識。 わざわざ聞く?と疑問に思うような内容を無理に話題にするのではなく、どうしても見つからない場合は時間をおいて話題を見つけてから連絡するようにしましょう。

どうでも良い報告のような文を送らない

気になる相手の家を知っている場合、気になる相手の家の前を通る時ってありますね。 それをわざわざ「今日○○の家の前通ったよー」なんていう「だから何?」と思ってしまう報告をしたことはないでしょうか? 「だから何?」と思ってしまうだけではなく「そんなこと言われても…」と相手は思います。 上手に送りたいのであれば、「今日○○の家の近く通ったんだけど、あそこのパン屋さん潰れちゃったの?」というような質問付きのメールを送ると良いでしょう。 ですが、「今日○○の家の前通ったけど車なかったから出かけてたの?」というストーカーのようなメールは絶対にやめましょう。

返信を催促しない

返信が1〜2日来ないからといって返信を催促するのはやめましょう。 もしかしたら、彼女がいたり、結婚していたり、あなたのことを覚えていない、など返信をしないはそれなりの理由があるのかもしれません。 なんで連絡くれないの?と相手に送ったところで、あなたの株は急降下です。 たとえば、共通の友達に相談されてしまったり、ブロックされたり、といった問題が起きてしまいかねません。 基本姿勢としては、返信が来なかったら諦める、大事な連絡であれば、低姿勢を保ちつつ1週間後くらいに1回確認の連絡を入れる程度が良いでしょう。

何度も連絡をしない

何を送っていいか迷ってしまうからといって、何度も連絡を連投したり、長文を繰り返したり、相手のペースを無視した連絡は嫌われてしまいます。 特に、久しぶりの連絡ですから、あなたの印象を決める連絡といっても過言ではありません。 ここで、相手にマイナスイメージを植え付けないよう、相手のペースや温度感に合わせた程よい連絡を心がけましょう。

相手が連絡を快く思っていない場合は送信をいったん辞める

普段から連絡をとっていない相手に送るわけですから、基本姿勢は、返信があればラッキーと思えると良いでしょう。 もし、「返信がない」「返信があるが素っ気ない」「少し返信があったのち、すぐに来なくなった」などと連絡のモチベーションが低いと感じた場合は、潔く連絡するのを辞めましょう。 あまりしつこくしてしまうと、2度と連絡を取れなくなってしまうかもしれません! そうならないように、久しぶりの連絡というのは、相手の温度感を探りながら、相手に合わせることを意識しておきましょう。

しっかり準備して返事がもらえるラインを送ろう!

記事はいかがでしたでしょうか? 久しぶりの連絡にあたっての送るキッカケやポイント、注意点、例文などお伝えしてきましたが、どの場合においても、”不自然にならないよう自然な形で送る”ことがベストです。 また、自分の思いばかりが先走らないように注意して、相手ファーストな気持ちを持って、連絡の準備から送信、やりとりを行いましょうね。 気になるあの人との繋がりが復活したり、進展することを祈っています。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い