彼氏と喧嘩|自分が悪い時の謝り方と仲直りの方法・怒らせた時のNG行動

彼氏と喧嘩して自分が悪い場合の謝り方と仲直りの方法を紹介。 怒らせてしまった相手に対しての謝り方ややってはいけない行動、仲直りのポイントを紹介していますので是非参考にしてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 彼の気持ち
  3. > 彼氏と喧嘩|自分が悪い時の謝り方と仲直りの方法・怒らせた時のNG行動

彼氏と喧嘩して自分が悪い時の謝り方を紹介

「自分が悪いとわかっているけど、かなり怒っているみたいだし、なんて謝ればいいのかな...」 「怒らせてしまった彼氏と仲直りしたい」 自分が一方的に悪い時や、相手を怒らせてしまった時ほど、喧嘩を終わらせて仲直りするのは難しいですよね。 今回は彼氏との喧嘩で自分が悪い場合の仲直りの方法や謝り方をお伝えします。 大事な彼の心を取り戻すためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

彼氏と喧嘩して自分が悪い時にまずやるべきこと

彼氏との喧嘩、特に自分が悪い時はどう謝っていいべきか悩んでしまいますよね。 ここでは「喧嘩をしてしまったらまず何をしたらいいか」を見ていきましょう! この記事を読んでいる方は喧嘩中の彼との関係に焦っているかもしれません。 ですが、焦って間違った方向にいかないことが大切ですから、ここでのポイントをしっかり把握しておきましょう。

彼との喧嘩の原因を考える

喧嘩をしてしまった後にすべきなのは、”喧嘩の原因を考える”ことです。 ここで大切なポイントは、客観的に喧嘩になった原因を考えることです。 「私の◯◯が原因だろう...」と決めつけて考えてはいけません。 また、彼も◯◯が悪かったのに!と彼を悪者にしがちな人もいます。 もし、一人では考えが堂々巡りになってしまう場合は、友人や家族に相談してみたり、自分の悪い点を書き出してみたり、喧嘩になった状況を思い出して何が彼を怒らせたのか振り返ってみることで、客観的な答えを出せるでしょう。

口先だけの謝罪はNG!自分の気持ちを見つめ直す

今回の喧嘩は自分が悪いからといって、下手に出過ぎてとにかく謝ることで許してもらおう!どう謝ればいいんだろう?!と考えがちです。 しかし、ここで考えるべきなのは、いくら自分に非があるからといって、”本当は自分がどうしたいのか?”自分の気持ちも見つめ直すこと。 本当に彼と仲直りしたいと思っていますか?彼が短気であなたのことを振り回していませんか? この機会に、自分と彼との関係やこれからどうしたいのかをしっかり見つめてみてください。

喧嘩の原因から彼にどうしてほしいかを考える

対人関係において、どちらか一方が100%悪いというのはなかなかありません。 今回は、結果的にあなたが悪い場合ではありますが、あなたが彼に悪い行動をとってしまった原因もあるはずです。 普段の生活の中で、「彼にもこうしてほしい」という願いがありませんか? 今後のあなたの幸せのためにも、二人の良好な関係維持のためにも、彼にどうしてほしいのかも洗い出してみましょう!

今の2人には何が必要なのかを考える

喧嘩をするということは、ふたりの問題ですから、今の関係を良好にするためには何が必要なのか?を考えましょう。 自分の本心や彼氏にどうして欲しいかなどを考えることも必要ですが、自分の欲求だけを押し付けてしまっても解決にはなりません。 お互いの生活や仕事などの中で変えられるものがあるかを考えたり、一緒に解決できることがないかを探してみましょう。

同じ喧嘩を繰り返さないために、すべきことを考える

同じことについて喧嘩を繰り返してしまうカップルも少なくありません。 そのような場合のカップルだと、「また?」と喧嘩するたびに印象が悪くなって、変わらないなら別れたい!となりかねません。 原因をしっかり解決していなかったり、いつもどちらかが我慢していたりと喧嘩するキッカケがあるはずです。 同じ原因で喧嘩をしないようにするにはどうしたらいいのか?を深く考えてみる必要があるでしょう。

彼氏と喧嘩して自分が悪い時の謝り方10つ

さて、ここからは、【彼氏と喧嘩して、自分が悪い場合の謝り方】の具体的な方法についてです。 ここまでの項目を読んで、自分の気持ちが整理できましたでしょうか? 冷静になって気持ちが整理ができたら、彼に謝る番です。 でも、どうやって謝ったらよいかわからない...と悩んでしまいますよね。 自分に非がある場合の謝り方を10つ紹介していきますので、参考にしてください。

直接会って素直に「ごめん」と伝える

直接会って謝ることで、まずは誠意を伝えられて仲直りをしやすくなる確率も高まります。 直球な方法ではありますが、素直な気持ちで「ごめんね」と謝れば、彼の心を打つはずです。 直接会って仲直りができれば、きまずくなる時間も短くて済みますよね。 男性は、女性が思うより鈍感で結果主義ですから、回りくどく謝ったり、謝る前に言い訳をしたりしても伝わらないことも。 まずはストレートに謝りましょう。

電話をかけて謝る

直接会うのが難しい場合は、電話をかけて謝る方法もあります。 目を見ることはできなくても、自分の言葉できちんと謝罪すれば彼にもあなたの気持ちが伝わるはずです。 電話で仲直りができれば、そのまま次のデートの約束をして、スムーズに会うこともできます。 次に会った際にも、直接彼に謝ることも忘れないようにしましょうね。

LINEやメールのメッセージで謝罪の気持ちを伝える

喧嘩が絶えず、直接会うのはどうしても気がひけるという場合などは、LINEやメールで気持ちを伝えるのもありでしょう。 LINEやメールで謝罪をする場合のポイントは、”簡潔”に自分の気持ちと謝罪の言葉を伝えることです。 長々と書いてしまうと重くて面倒だと思われてみてもらえなかったり、言い訳に見えてしまったりすることもありますので注意しましょう。

手紙に反省の気持ちをしたためる

喧嘩をしてしまうと会うのも電話も気まずい...とはいえLINEやメールも軽く思われてしまいそうで...という方には、手紙で謝る方法もあります。 今はあまり送ることは少ないかもしれませんが、手紙には、LINEやメールにはない“特別感”があります。 きちんと謝りたいというあなたの気持ちが伝わるでしょう。 ただし、手紙を”重い”と感じる男性もいるため、彼のタイプによっては重さを感じさせない方法をチョイスしましょう。

友達を経由して謝罪の気持ちを伝えてもらう

直接会って自分の言葉を伝えるのがベストではありますが、状況的にどうしてもできないときに使える手といえます。 もし、二人の間に共通の友達や知人がいる場合は、彼にあなたに謝罪の気持ちがあることを伝えてもらいましょう。 詳細までは伝えると勘違いされたり友達を巻き込んでいると思われることもあるので、あくまで謝罪や反省の気持ちがあることだけを伝えてもらうのがよいでしょう。 頑なに閉じていた彼の心がほどけるということがあるかもしれません。

SNSで気持ちを伝える

SNSは鍵をかけていたとしても公の場でもありますから、あまり重いメッセージではなく、さらりと軽いメッセージを送るのが良いです。 他人の目があること前提なので、謝罪の気持ちがあることだけは伝え、あまり多くは語らないのがベストです。 あくまでも彼の気持ちをほぐすことを目的にして、謝罪の気持ちがあることだけを伝えましょう。

言い訳はせずに謝る

ご紹介したどんな方法で謝るにしても、とにかく「言い訳をしない」ことが大切です! 誠意のある謝り方であっても、ここで言い訳をすると、本気で謝罪しているのか分からなくなってしまいます。 本当は、悪いのは自分だと思ってないのではないか?と不審に思われれば、せっかくの仲直りの機会も無駄になります。 必要以上のことを言わないように気をつけましょう!

過去の喧嘩や過ちを蒸し返さない

謝る際のポイントとして、以前の彼の過ちなどを蒸し返さないように注意しましょう。 今喧嘩していること以外のことを持ち出されると、彼も感情的になってしまったり、何が言いたいのか分からなくなってしまったり、話が余計に拗れやすいです。 あなたからしたら、「彼だって以前は...」と思うところがあるかもしれませんが、今回は今回のことだけで話を済ませましょう。

彼のことは責めずに自分が悪いことだけを認めて謝る

自分や彼について見つめ直したからこそ、自分の非だけではなく、彼にも非にも目が行ったり二人で直す点なども見えているかと思います。 ですが、”謝るとき”は、まずは自分の非についてだけを認めて謝るようにしましょう! 彼と仲直りできた段階で、今後の二人のことを話し合うのが筋でしょう。

涙は見せずに謝る

人によっては難しいことかもしれませんが、涙は出来る限り見せないようにして謝りましょう。 女の武器とも言われる涙ですが、自分の非を謝る状況で涙を見せてしまうと、相手に罪悪感を抱かせてしまい、わだかまりのない仲直りができない可能性もあります。 泣き止ませるために許してしまったり、涙を面倒だと思われてしまったり...。 泣かないためには、自分の気持ちや考えを整理しておくことが大切になりますので、伝える前の準備を抜かりなく。

彼氏と喧嘩して自分が悪い時にやってはいけない行動

彼との喧嘩で自分に非がある場合、早く謝らないと...と焦ってしまいがちですよね。 不安と焦りからは良い結果を生みません! 喧嘩で自分が悪い時にやってはいけない行動をご紹介します。 これをやってしまうと、余計に関係がこじれてしまったり、仲直りできずに最悪な結末をむかえることもありますので、注意して進めましょう!

すぐに謝らない

実は、意外と多いNG行為なのですが、彼への罪悪感や怒ってしまった彼を早くなだめようと、「すぐに謝ってしまう」のは良くありません。 何が悪かったのか、また同じことにならないように必要なことはないか?、原因や自分の気持ちをしっかり整理してから、"冷静に"対処しましょう。 ただ謝るだけでは失礼ですし、焦って行動することは良い方向に向かいません。

LINEなどで何度もメッセージを送る

前の項目に続き、焦るとやってしまいがちな行動の一つ。 返事が来なかったり、伝えたいことをしっかり伝えたいという思いもあって、怒ってしまった彼に何度もLINEやメッセージを送ってしまっていませんか? あなたが大切にすべきなのは彼の気持ち。 返事が来ないなら今は距離を置きたいと思っているのかもしれませんし、冷静になるまで時間が掛かるのかも。 そこに何度もメッセージをするとイライラして余計に気持ちが冷める原因にもなりかねません!

何度も電話をかける

LINEも返事がない、会ってもくれないなら...と電話をかけ続ける方も少なくありません。 これもLINEと同様に、何度も掛けることで、彼の気持ちを無視してしまい、彼にとっては冷める原因になる可能性もあります。 まずは、自分の気持ちの整理をつけることを最優先にしてください。

異性の友達と会って相談する

少しグレーゾーンなのですが、男性心理が知りたいと仲の良い異性の友達に相談する人もいますが、これも印象は良くありません。 共通の友達がいる場合は、信頼関係があれば良い場合もありますが、基本的には、男性からみると「嫉妬させたいの?」と思われてしまうことがほとんど。 火に油を注ぐこともありますので、同性の友達に相談するのが良いでしょう。

彼氏と喧嘩してもしっかり謝れば、2人の関係はより近づくはず!

いかがでしたか? 彼氏と喧嘩して自分が悪い時、一番大切なことは「焦らず行動」すること。 喧嘩をしてしまった時に彼のことが大切であればあるほど、焦って元の関係に戻らないと!と思いがちです。 まずは、自分の気持ちと相手の気持ちを整理して、自分なりに理解した上で行動しましょう。 先入観や決めつけも良くありませんよ。 そういった冷静さや繰り返さない原因分析をした上で、誠意を持って謝れば、彼もあなたの気持ちを受け入れてくれる希望もあるはずです! 失敗や衝突は誰にでもあることです!今回のことを次に活かせるようにここでしっかりステップを踏んで解決させましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧