浮気相手に慰謝料を請求する手順と注意点。相場は?額を高める方法は?

浮気相手に慰謝料を請求するための手順や注意点は?浮気でも慰謝料が請求できないケースもあるので注意が必要です。慰謝料の請求にはしっかりとした事前の準備が必要。慰謝料の相場や、より高額な慰謝料を請求するための段取りについてもご説明します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > 浮気相手に慰謝料を請求する手順と注意点。相場は?額を高める方法は?
夫婦の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人といて大丈夫?離婚した方が良い? ・セックスレスが辛い... ・全然気持ちを分かってくれない。 ・もしかして...彼は浮気してる? 辛い事も多いのが夫婦。 そういった夫婦の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や二人の相性も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

浮気をした旦那だけなく浮気相手にも慰謝料を請求したい...!

旦那に浮気をされるってとても辛いことですよね。 もちろんお金で気持ちまで全て癒されるというわけでは決してないですが、慰謝料がもらえるならもらえるだけもらいたいもの。 旦那だけでなく、浮気相手にも慰謝料を請求するには? 具体的な方法をみていきましょう。

浮気相手と旦那に慰謝料を請求する上で知っておきたい5つの事

そもそも慰謝料って、どういう制度なのでしょうか? 浮気相手と旦那との両方から取れるもの? ここでは浮気相手と旦那に慰謝料を請求する上で知っておきたい5つの事をご紹介します。

浮気相手にも慰謝料を請求する事はできる

もちろん浮気相手にも慰謝料を請求する事ができます。 浮気相手に慰謝料が請求できる条件として、浮気相手に故意・過失があることと浮気相手と旦那による不貞行為により、あなた自身が権利の侵害を受けたことの2つの条件が基本となります。 具体的には、浮気相手が、あなたの旦那が既婚者であることを知りながら肉体関係を持ったり、浮気相手の不貞行為により、あなたと旦那との夫婦関係が円満だったのが悪化したなどといった場合です。 したがって、例えば出会い系サイトなどで、あなたの旦那が素性を隠して知り合い、浮気相手の女性が「何も知らなかった」といった場合は浮気相手には慰謝料は請求できないということになりますので注意が必要です。

ただし旦那と浮気相手の2人に請求しても受け取れる金額は変わらない

旦那と浮気相手の2人に請求しても、受け取れる金額は変わりません。 旦那のみに慰謝料を請求するか、旦那と浮気相手の両方に慰謝料請求をするかは、あなたが自由に決めることができます。 ただし、請求できる慰謝料にはそのケースに合わせた損害額というものがあり、その損害額を超えての二重取りはできません。 すなわち「旦那と浮気相手の両方から慰謝料を取ることで金額が倍になる!」というわけではないのです。 あなたの受け取れる金額を旦那のみに支払わせるのか、それとも浮気相手との双方に支払わせるのかということになります。

浮気相手のみに慰謝料を請求したくても旦那に支払い義務が生じることもある

浮気相手のみに慰謝料を請求したくても、旦那に支払い義務が生じることもあります。 旦那と結婚生活を続ける場合、生活する家計のお財布が一緒ならば「慰謝料の支払いは浮気相手のみにさせたい!」と思いますよね。 不倫・浮気というのは、浮気相手だけではなく、あなたの旦那との共同不法行為となります。 ですので基本的には浮気相手だけではなく、旦那と浮気相手の両方に罪があり、法的責任を負う必要性があるのです。 あなたと旦那が離婚をせず、夫婦関係を続ける場合には、浮気相手にのみ慰謝料を請求することはできますが、浮気相手が求償権を行使する場合は旦那にも支払い義務が生じます。 この求償権というのは、浮気相手があなたの旦那に対して、自分の負担部分以上の支払い請求する権利のことです。 例えば、慰謝料が200万円だった場合、浮気相手が求償権を行使すると、あなたの旦那に100万円の支払い請求ができます。

浮気での慰謝料請求には証拠が必要

浮気での慰謝料請求には証拠が必要です。 浮気の証拠として、メールのやり取りや通話履歴をイメージされている方も多いかもしれませんが、実はそれだけでは慰謝料請求のための証拠としては不十分。 メールでも「そういう意味で送ったわけじゃない」などと言い訳ができますし、通話履歴では何の話をしていたのかはわかりませんよね。 確固たる証拠となるのは、メールにしても肉体関係があったと推測できる内容や、ホテルなどに出入りしている写真や動画、ラブホテルなどの領収書です。 カーナビの履歴やレストランの領収書などでは証拠としては不十分ですので気を付けましょう。

法的に婚姻関係を結んでいないと慰謝料は請求できない

法的に婚姻関係を結んでいないと慰謝料は請求できません。 同棲の期間が長く、事実上結婚生活を行なっているようなものだとしても、婚姻届を出していて法的に婚姻関係が認められていない場合は慰謝料の請求はできないのです。 また、あなたと旦那がすでに別居していたなどと、客観的に夫婦関係が破綻していると判断される状況でも、同じく慰謝料の請求ができない場合があります。 慰謝料が請求できるのは、あくまでも不貞行為があったことで、夫婦仲が悪くなり婚姻関係が破綻したという事実が必要です。

浮気請求できる慰謝料の相場って?

浮気相手に慰謝料を請求できる相場はどんなものなのでしょうか? 慰謝料は50万円〜300万円と言われていて、平均値でいうと200万円ほどです。 浮気の深刻さなどの条件によって金額は変わってきます。

慰謝料を請求できる浮気のケースって?

無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

慰謝料を請求できる浮気のケースは、一体どういうものなのでしょうか。 どういった場合に浮気相手に慰謝料を請求できるのかみていきましょう。

婚姻期間中に不貞行為があること

婚姻期間中に不貞行為がある場合には慰謝料の請求ができます。 ここでいう不貞行為とは、浮気相手と旦那との間に肉体関係があったのかということです。 旦那が他の女性と食事に行ったり、キスをしたりするだけで「浮気だ!旦那に浮気された!」と感じる方も多いと思いますが、それだけでは慰謝料は請求できません。 慰謝料を請求するには、浮気相手と旦那との間に肉体関係があったのか、そしてそれが婚姻期間中だったのかというのが重要なポイントになります。 婚姻届を提出しておらず、法的に夫婦関係が認められていない場合には慰謝料の請求は難しくなってしまうので注意が必要です。

その不貞行為が過失であること

その不貞行為が過失である場合には慰謝料の請求ができます。 浮気相手が「既婚者だとは知らなかった!」という場合には過失は認められません。 ただし、既婚者であることをハッキリ知っていた場合だけではなく、「もしかしたらこの人は既婚者なのかも...?」という程度の認識でも過失とされています。 一定期間親密な関係を築いていたはずですので、相手が既婚者であると気づくタイミングがあっただろうとされるのが通常です。 「相手が既婚者だとは知らなかったので過失ではない」が通るケースは極めてまれなのでご注意を。

不貞行為によって権利の侵害をされた場合

不貞行為によって権利の侵害をされた場合には慰謝料の請求ができます。 もともとはあなたと旦那は仲が良かったにも関わらず、浮気相手の不貞行為によってそれが崩されてしまったといった場合です。 夫婦の仲が悪く、別居や家庭内別居などをしていて、客観的に見ても共同生活がすでに破たんしていたという場合には慰謝料の請求ができないケースがあります。

そして上記の3つの条件を満たしていることを証明する証拠があること

上記の3つの条件を満たしていることを証明する証拠があることが条件となります。 「なんだか怪しい!」「最近いつも帰りが遅い」などといったあなたの感覚だけでは、慰謝料の請求はできません。 必ず証拠が必要になってくるので、感情だけで先走って行動を起こしてしまわないように注意しましょう。 慰謝料請求という行動を起こす前に、まず証拠集めが必要です。 感情的にならずに、冷静に証拠を集めましょう。 肉体関係があるとわかるメールや、ホテルに入る写真や動画、ラブホテルの領収書など、慰謝料の請求には確固たる証拠というものが必要になります。

浮気でも請求できる慰謝料が少ない・請求できないケース

浮気でも請求できる慰謝料が少ない・請求できないケースもあります。 具体的には、夫婦仲が悪く、別居をしているなどすでに婚姻関係が事実上破綻している場合や、お互いに婚姻関係があることを知らなかった場合です。 例えば婚活パーティーで知り合い、不貞行為があった場合。 一般的には婚活パーティーには独身者が来るものだと思われていますよね。 そこであなたの旦那が「独身です」と嘘をついていた場合には、請求できる慰謝料が少なかったり、請求ができない場合もあります。

浮気相手により高額な慰謝料を請求するために!押さえておきたい3つのポイント

では浮気相手により高額な慰謝料を請求するためにはどうすれば良いのでしょうか? 押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

ラインやメールなども含めてできる限り証拠を集めておく

ラインやメールなども含めてできる限り証拠を集めておきましょう。 繰り返しになりますが、慰謝料の請求には「確固たる証拠」が必要です。 「旦那のワイシャツから香水の匂いがした」や「カーナビに知らない履歴が残っている」などでは証拠にはなりません。 通話履歴だけでも証拠にはなりにくいので、肉体関係があったことを思わせる内容のラインやメールのスクリーンショットを撮るなど、具体的な証拠を集めておくと有利になります。 ただしこれらはプライバシー侵害や不正アクセスになる場合があります。 注意しましょう。

精神的に著しく権利を侵害されたことを強く訴える

精神的に著しく権利を侵害されたことを強く訴えるのもポイントです。 「以前は、夫婦仲良く幸せに生活していたのに、このせいで夫婦仲も悪くなって、不安で夜も眠れない...」などと主張しましょう。 ポイントは「不貞行為がある以前は夫婦仲は円満だったのに、これによって崩れた」という部分です。 そこを強く訴えることで、より高額な慰謝料を取れる可能性が高まります。

浮気後に婚姻生活を続けるのではなく離婚に至る

浮気後に婚姻生活を続けるのではなく、離婚に至る場合には慰謝料がより高額になる場合が多いです。 慰謝料の相場として、浮気後も婚姻を続ける場合は50万円~100万円、別居に至る場合には100万円~200万円、離婚に至った場合には200万円~300万円と言われており、婚姻生活を続けるよりも離婚する場合の方が慰謝料が高くなるケースが多いので、自分がどのケースに当てはまるのかの判断も必要となってきます。

確認しておきたい浮気相手への慰謝料請求の流れと注意点

慰謝料請求のためには、証拠が必要であったり「浮気相手に慰謝料を請求するぞ!」と実際に行動に移す前にしておくべきことがあります。 浮気相手への慰謝料請求の流れと注意点を、今一度確認しましょう。

慰謝料請求のための浮気の証拠集め

必ず必要となってくるのが慰謝料請求のための証拠集めです。 いくら「二人が浮気をしていた!」と言ったところで、それを裏付ける証拠がなければ、慰謝料は請求できません。 また、「よくメールや電話をしている」「二人きりで食事に行っていた」などでは証拠としては不十分であり、肉体関係があったことを証明する証拠が必要となります。 行動を起こす前にまずは十分な証拠集めをしておきましょう。

まずは個人間で慰謝料請求の交渉をする

いきなり裁判を通して交渉することは珍しく、最初は書面や口頭によって交渉を行うことが多いです。 書面や口頭による交渉が決裂して初めて弁護士などの専門家を第三者を立てて、簡易裁判所による「調停」にて交渉する流れになります。 弁護士などの専門家を第三者を立てての調停となると、どうしても費用や時間がかかってしまいますよね。 個人間で交渉は自分の意見や気持ちを直接相手に伝えたり、相手の気持ちなどを直接聞けるので、早く解決する可能性が高くなるメリットがあります。 この場合、お互い冷静に話し合えることが前提条件ですので、あなたが感情的になってしまったり、相手が感情的になってしまう場合には、弁護士などの第三者を立てて交渉したほうがスムーズです。

それでも請求に応じない場合には裁判にて訴訟

それでも請求に応じない場合には、裁判にて訴訟を起こすことも可能です。 「裁判」は最終手段であり、法律による解決を図っていくのですが、裁判による慰謝料請求を行う際には、あなた自身が裁判所に訴状を提出する必要があります。 訴訟内容によって変わりますが、裁判の期間は一般的には4〜6ヶ月ほどかかるとのこと。 お金も時間も費やすものになるので、できれば裁判になる前に決着をつけたいところですね。

まとめ

浮気相手に慰謝料を請求するための手順や注意点などをお伝えしましたが、いかがでしたか? 浮気されたからといって必ずしも慰謝料が請求できるわけではありません。 慰謝料を請求するためには ・証拠を集めておくこと ・浮気相手があなたの旦那が既婚者だということを知っているということ が必要です。 また、 ・浮気相手と旦那の二人に慰謝料の請求をしても総額は変わらない というのもポイントになります。 慰謝料の請求をするにあたって、時間も精神も費やすことになってしまいますよね。 慰謝料をもらったからといって心の傷が癒えるわけではありませんが、少しでも効率的に、かつ高額な請求ができるように事前の準備をしっかりしておきましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い