略奪婚で幸せになる人の特徴・後悔する人の特徴|略奪後に幸せになれた成功例・実話

不倫からの略奪婚で幸せになった人って?後悔しないの?と思ってしまうものですよね。 そこで今回は、略奪婚で幸せになった芸能人や略奪婚でも幸せそうな成功例などを紹介します。 逆に、略奪婚で後悔してしまい人の特徴などもありますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > 略奪婚で幸せになる人の特徴・後悔する人の特徴|略奪後に幸せになれた成功例・実話

略奪婚で幸せになった人はいる?

好きな人が既婚者の場合、不倫からの略奪婚を考えることもあるでしょう。 既婚者であったとしても、好きな人と一緒に過ごしたいと考えるのは当然のことですよね。 しかし、「略奪婚って本当に幸せになれるの?」「どんな未来が待ってるの?」と思う方は結構多いのではないでしょうか。 そこで今回は、略奪婚で幸せになれる不倫カップルのパターンや略奪婚で公開する人の特徴について紹介していきます。 また、幸せになるための心構えについても解説していきますので、略奪婚をした場合の未来が気になっている方は是非最後まで読んでみてくださいね。

略奪婚で幸せになった芸能人リストとその内容

芸能人でも略奪婚をしたという報道がされることもあり、その報道を実際に見たことがある!という方も少なくないのではないでしょうか。 どんな人が略奪婚に当てはまるのでしょうか? ここでは、略奪婚で幸せになった芸能人とその内容を見ていきましょう。

岡田准一と宮崎あおい

2017年12月に元V6の岡田准一さんと女優の宮崎あおいさんが結婚しました。 人気アイドルと人気女優の結婚でお似合いのように思えますが、実は2人の結婚は略奪婚だったそうです。 元夫の高岡奏輔さんと離婚していなかったときから、宮崎あおいさんと岡田准一さんは交際していることが報じられていたため、離婚前から交際、不倫関係を続けていたのでしょう。 夫婦関係が冷え切っていたようですので、寂しさから不倫をしたのでしょうか。

矢口真里

元モーニング娘のメンバーで卒業後はタレントとして活躍している矢口真里さんも、自信の不倫が原因で元夫の中村昌也さんと離婚しています。 モデルの梅田賢三さんを夫と生活していた自宅に招き、肉体関係を持っていたそうです。 2013年に中村昌也さんと離婚していますが、その後も不倫相手との関係を続けていたとのこと。 現在矢口さんは、当時の不倫相手と再婚をして、二人の子供に恵まれて幸せに暮らしているようです。

櫻井和寿

Mr.Childrenの桜井和寿さんは、1994年に一般女性と結婚して子供をもうけましたが、1997年にグラビアアイドルだった吉野美佳さんとの不倫が発覚しました。 バンドは活動休止になったのにもかかわらず、不倫関係は続けていたようです。 2000年5月に妻と離婚し、2000年6月に再婚しました。 現在桜井さんは、奥さんと子供たちと幸せな生活を送っており、歌手としてもヒット曲を多数生み出し活躍を続けています。

仲里依紗と中尾明慶

女優の仲里依紗さんと俳優の中尾明慶さんは2013年に結婚しており、仲が良い理想の夫婦というイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか。 実は、この2人の結婚は略奪婚であるという噂があります。 中尾さんはファッションデザイナーの秋定麻紀子さんと交際していましたが、仲里依紗さんと不倫をして子供ができたことで、略奪婚となったようです。 現在は、子供を含めた家族の仲の良い様子をインスタなどに載せています。

眞鍋かをりと吉井和哉

タレントの眞鍋かをりさんとTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉さんは、2015年に結婚しましたが、実はこちらの2人も不倫略奪婚だったそうです。 吉井さんはTHE YELLOW MONKEYとしてデビューした頃に、一般女性と結婚して4人の子供に恵まれましたが、眞鍋さんが吉井さんを略奪したことを原因に離婚したとのこと。 現在眞鍋さんと吉井さんは、子供にも恵まれて家族で幸せに暮らしています。

略奪婚で幸せになった人の成功例・実話体験談

略奪婚は幸せになれないと考えられがちです。 しかし、前の章でも紹介した略奪婚をした芸能人を見ても分かるように、幸せに過ごせることもあるのです。 この章では、実際に略奪婚で幸せになった人の成功例や体験を紹介します。 今略奪婚で幸せになりたい!と考えている人は、心に留めて実行してみてください。

略奪婚で幸せになった人の成功例

相手の夫婦関係がすでに破綻していた場合

不倫が始まる前に、相手の夫婦関係が破綻していた場合は、略奪婚をしても幸せになれるでしょう。 相手が不倫を始めたときには、離婚をしてもいいくらいにパートナーとの関係が完全に冷え切っていて、家庭での居場所の無さを感じているなら本気の不倫となることが多く、相手が離婚を決断して略奪婚に進みやすいのです。 周囲にも、不倫が始まる前から夫婦関係が破綻していたことを知られているなら、不倫から略奪婚をしても責められることはあまりないでしょう。

相手が離婚成立後、数年時間を空けた

不倫から略奪婚をして幸せになった人のパターンとして、相手が離婚成立後に数年時間を空けてから再婚しているという特徴もあります。 略奪婚に対して悪いイメージを持っている人は多いです。 そのため、離婚直後に再婚すると、周りから責められやすいのです。 周りからの批判を避けたいなら、期間を2年〜3年ほどは空けるようにしましょう。 再婚までの数年間お付き合いを続けていたなら、軽い気持ちで不倫したわけではないことは伝わるはずです。

唯一無二の運命の相手であるとお互いに確信した

不倫をするということは、今のパートナーに満足していなかったり妥協して結婚したということです。 なんとなく結婚してその生活を続けている中で、運命の相手だと思える人に出会えたら不倫関係となってしまうでしょう。 お互いに運命の相手であり、最高のパートナーだと確信しているのであれば、略奪婚をしても幸せな家庭を築きやすいと言えます。 不倫が始まる前から夫婦関係がよくなかったことが、周囲にも知られているなら、再婚しても批判されにくいでしょう。

略奪婚で幸せになった人の体験談

子どもを授かり、家族円満

「受付嬢として働いていた頃、既婚者で営業マンとして働いている彼と出会い、3年間不倫関係を続けてから結婚しました。 人の家庭を壊したという罪悪感もありますが、彼は離婚をしたかったようなのでそのきっかけになれてよかったと今は思っています。 略奪婚でしたが、子供を授かり家族で幸せに暮らしています。 結婚に至るまでに色々な苦難がありましたが、それも子供に会って幸せになるためだったのかもひれません」(28歳・専業主婦)

堂々とデートができて、いつも一緒にいられる

「彼とは不倫から始まりましたが、彼には小さい子供がいたので前の奥さんとの離婚に時間がかかって、6年間待ってからやっと結婚することができました。 不倫をしていた頃は、前の奥さんや周りの人にバレないようにこそこそ会ったり、デートも短い時間しかできなかったので彼と結婚できるのか不安でいっぱいでした。 それでも彼を信じて待った結果、結ばれて今は堂々とデートもできますし、いつも一緒にいられることが本当に幸せです」(33歳・事務員)

公私ともに最高のパートナーに

「私と彼は4年不倫を続け、彼が離婚した後すぐに結婚しました。 元々私たちは同じ教育関係の仕事をしていたので、結婚してからは2人で学習塾の経営を始めました。 今は仕事も私生活も軌道に乗り、夫婦2人で幸せな毎日を過ごせているので、彼は公私共に最高のパートナーだと感じています。 略奪婚だったので離婚の際は揉めましたが、前の奥さんも別のパートナーと結ばれているようなので、これでよかったんだと思います」(30歳・教育関係)

略奪婚で幸せになっても因果応報は起きる?

前の章までは、略奪婚で幸せになったパターンをいくつか見てきました。 それでも、「不倫から略奪婚をしたら因果応報で不幸になるかも」と思う方はいるのではないでしょうか。 不倫自体は良くないことなので、そう思ってしまうのは仕方ないように感じます。 ここでは、略奪婚で受けることが多い報いの事例を紹介します。 もしかしたらこういったことが因果応報なのかもしれません。

家族への嫌がらせ

略奪婚をしたあなたにとっても彼は大切な存在ですが、奪われた側である元妻にとっても大切な存在だったでしょう。 もし元妻が感情的になりやすいタイプであれば、夫を奪われて家庭を壊された怒りをあなたや周りの人にぶつけられることもあります。 そうなると、あなたにだけではなく親族などにも大きな影響があるので、親族に距離を置かれたり関係が悪化することも考えられます。 家に来るなど、あまりにも嫌がらせがひどい場合は法的措置を検討しましょう。

仕事への悪い影響

不倫で略奪婚をしたとなると、周りからは良いイメージを持たれないので仕事にも悪い影響が出る可能性があります。 クビになることはなくても、不倫や略奪婚をしたことが原因で出世コースから外されたり、他の部署への異動を命じられることが考えられるでしょう。 また、職場で悪い噂を流され続けて人間関係が悪化したり、あなたの精神面が不安定になるなどで、退職や転職を検討しなければいけないこともあります。

法的措置を取られる恐怖

彼が不倫が原因で離婚に至った場合は、元夫と不倫相手の女性に対して慰謝料を請求することができます。 また、子供がいる場合は元夫に対して養育費も請求できるので、略奪婚すると金銭的に苦しむ生活を送ることとなるかもしれません。 かなりの経済力があればそれほど苦しまないかもしれませんが、不倫が原因で離婚した場合の慰謝料は100万円~300万円と言われています。 法的措置を取られるかもしれないリスクは、略奪婚である以上避けられません。

略奪婚で後悔する人の特徴

どんな結婚でも後悔したくないと思うのは当たり前のことでしょう。 略奪婚であったとしてもそれは同じですよね。 ここでは、略奪婚をして後悔する人の特徴について紹介していきます。 もし当てはまるものが多い場合は、略奪婚をしない方がいいかもしれません。 後悔しないためにも、必ず目を通してくださいね。

罪の意識がない

略奪婚をすると愛する人と一緒に過ごせるようになりますが、「元妻が愛していた人を奪い、一つの家庭を壊した」という事実は一生消えません。 その罪の意識がなければ、不倫から略奪婚をしても後悔するでしょう。 中には愛しているから略奪婚は選ばず、不倫関係を解消するカップルもいます。 しかし、略奪婚を選ぶのであれば、強い覚悟が必要になるので罪悪感を持って生きなければいけません。 それができないなら、いつかどこかで後悔してしまうでしょう。

謝罪のこもった行動をしていない

不倫略奪婚は、自分勝手だと悪い印象を持たれることが多いです。 そのため、不倫略奪をしたなら家族に対して謝罪のこもった行動をしなければいけません。 もし不倫がバレていないなら、家庭を壊したことや家族を悲しませたことを反省し、謝罪しているのかどうか。 不倫が原因で離婚に至ったなら、謝罪の言葉はもちろんですがお金や行動で誠意を見せるようにしましょう。 謝罪のこもった行動ができないのであれば、略奪婚をしても人として成長せず、後悔してしまいますよ。

決断に確信が持てないでいる

略奪婚についての決断に確信が持てないでいる場合は、略奪婚をしても幸せになれず後悔してしまうでしょう。 「早く結婚しようよ」などと不倫相手の急かすような言葉に流されて、結婚をして後悔した…というケースは少なくありません。 略奪婚であっても結婚というのは人生の中でも大きなイベントなので、勢いに任せてしまうのはよくないことです。 自分でよく考えて、覚悟を決める必要があります。 幸せは、自分の意思で決めて行動していくことで掴めるものなのです。

人の気持ちが分からない

彼のことや家族のこと、周りの人のことなどの気持ちが分からない場合は、略奪婚をしても後悔してしまいます。 人の気持ちが分からないなら、無責任な態度や行動を取り続けてしまい、「自分勝手な人だ」と思われて周囲の人間関係が悪化するでしょう。 不倫や略奪婚はマイナスなイメージがあるため、あなた自身が誠意のある行動を取る必要があります。 人の気持ちが分かり、何かあっても対処できるなら、あなたを認めてくれる人が増えて幸せになれるはずです。

略奪婚は自分の心を見つめ直すことから。その先に自分の幸せを見つける!

今回は、略奪婚で幸せになれるパターンや、略奪婚をしても後悔する特徴などについて紹介しました。 不倫からの略奪婚は、不可能ではないですが強い覚悟と気長に待つ努力も必要です。 また、幸せになれるかどうかはあなたの行動次第とも言えます。 略奪婚で幸せな結末を迎えるためには、誠意のある態度や行動を取るようにしましょう。 しっかりと自分の気持ちを持つことが大切です。 自分自身でよく考えて、略奪婚をするのかしないのかを決めてくださいね。 あなたが後悔しない選択をして、幸せを掴めることを願っております。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い