遠距離の片思いを成功させる10の方法と気をつけたいこと

遠距離片思いをしていますか? 切なくて苦しくて諦めようとする気持ちと、それでも忘れられずに恋を成就させたいという気持ちが交錯してますよね。 そんな遠距離の片思いを成功させるための10の方法と気をつけるべきことをご紹介していきます。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 片思い
  3. > 遠距離の片思いを成功させる10の方法と気をつけたいこと

遠距離の片思いでアプローチされる側の男性心理5つ

すぐに会えないから寂しい場面が増えそう

遠距離が前提の恋愛には消極的

途中で遠距離になるより、最初から遠距離の方が受け入れられる

遠距離だからこそ、信頼できる女性がいい

欲求不満になりそうで心配

遠距離の片思いで脈ありな男性の態度や行動

連絡が頻繁にある

すぐにLINEやメールの返信をくれる

電話の折り返しがある

帰ってくる日を教えてくれる

あなたの近況を知りたがる

遠距離の片思いで脈なしな男性の態度や行動

電話やLINEなどで通話をしてこない

あなたに質問をしない

プライベートを明かさない

会う約束をなかなかしてくれない

仕事を理由に連絡が少ない

遠距離の片思いで距離を縮める方法10つ

遠距離片思いとはその名の通り、自分から遠いい距離で生活している相手に片思いをすること。 ネットや旅行先でたまたま出会って好きになったのかもしれませんし、片思いしていた相手が引っ越してしまったのかもしれません。 ただでさえ遠距離恋愛は成功する確率がとても低い、難しい恋愛なのにもかかわらず、プラスして片思いなので、正直簡単なものとは言えませんよね。 ではそんな遠距離方おも意を成功に導く方法はあるのでしょうか?早速見ていきましょう。

連絡は常に取り続ける

遠距離片思い成功への鍵はなんといっても、連絡を常に取り続けること! 彼とはなかなか会えないような距離にいるのですから、少しでも連絡が途切れてしまうとすぐにあなたの存在を忘れてしまいます。 ずっとただやり取りをしているだけでは飽きてしまうので、住んでいる場所が違うからこその街の風景や天気などの写真を送ってみるのもいいですね。 ただ気をつけなければならないことが2つ、 連絡は常にしておかなければならないんですが、朝から晩までメールを送り続けたり、返信が遅いからといって返事を催促したりしてはダメ! あくまでも1日に一回とか、夜寝る前の30分だけなど適度に押さえておくのがポイント。 自分の中で連絡回数のルールを決めておくのもいいかも。 2つ目の注意点は、連絡を取り続けなければいけないからといって毎回あなたから連絡をしないこと。 しつこく感じられてしまうことも。少しは彼からの連絡を待ってみて、その間に彼の行動をSNSでチェックしてみるのも◎無視されているようなら、業務連絡や緊急の用事を装って連絡してみて!

SNSなどで相手に自分を見てもらう回数を増やす

遠距離だとなかなか触回数を増やしずらいですよね。 もうこれは物理的な問題でどうしようもないので、SNSを活用してみましょう。 自分の楽しそうな写真を投稿するのももちろんいいですが、あまりに頻繁に写真をあげると自分のことが大好きなのかな?と思われてしまうので注意! 他にも、男の子と写っている写真をあげてしまうと、自分に興味がないのかなとか、他に男の子がいるんだなと思われてしまうので避けましょう。 彼の趣味のことを投稿するのがベスト!この子とはやっぱり趣味が合うと思ってもらえたり、連絡するための口実にもなるのでオススメです。 さらに、自分の好きなものが投稿されていると印象にも残りやすく、あなたの存在を強く感じるようになるみたい。

焦らない!

焦りは禁物です。「急がば回れ」ということを頭に叩き込んでおきましょう! 遠距離で相手が何をしているか分からない不安から、相手に日々「何してるの?」とか「週末の予定は?」なんて聞いていては、相手は徐々にあなたと距離をとってしまうでしょう。 また、いくら彼に会いたいからと言っていきなり会いに行ったりしてはダメ! きちんと段階を踏みましょう。まずはメールから、次第に電話をするように、電話が習慣担ってきたところでやっと会いに行こうか?という話が出てくるものです。

遠距離片思いの期限を事前に決めておく

陥りがちなのが、片思い歴が長すぎて終わりが見えなくなってしまうこと。 物理的に彼を見ることが少なく、もし彼女がいたとしても実際にそれを目撃しないため、諦めなければいけないという実感が湧きにくいんです。 そもそもわざわざ大変な遠距離恋愛を進んで選ぶ人は多くはないので、遠距離片思いは叶わないもの、と認識してくことが大事なのかもしれません。 気持ちを完全燃焼させることが難しく諦めることが困難な遠距離片思いなので、あらかじめ期間を設定しておきましょう。

相手にとって無駄な連絡はしない

両思いになった時には、どんなにくだらないような内容でもお互いい楽しくやり取りできますが、片思いの段階では話は別です。 うん、そうだね、スタンプだけなど、彼にとってどうでもいいような内容の連絡ばかりすると、煩わしさを感じさせてしまいます。相手は多忙であると考えるとわかりやすいかもしれません。 相手の状況がよく見えないからこそ、相手を思いやるような連絡の取り方や連絡のないようにすると、気遣いのできる子なんだなとった印象を与えることができます。

自分の好意ははっきりと伝える

好意をアピールする時にはっきりと伝える、これが秘策です。 曖昧にしていては相手に伝わりません。遠距離恋愛は思いや感情が相手に伝わらないものです。 メールの文面だけでは相手の気持ちは伝わらないから、大切な話は直接あってしたほうがいいとよく言いますもんね。 ほのめかすだけでは遠距離には効果はありません。 相手に好意があることをしっかりと意識させましょう。 相手もあなたの気持ちがわかっていたほうが、どういう行動を取るべきなのか、あなたのためにもかかわらないようにしたほうがいいのかなど対応を考えることができます。 無駄に片思いをだらだらと続けないためにも、早い段階で一度好意を伝えておくのもいいですね!

直接会う機会をできるだけ作る

しばらく連絡を取り合って仲良い関係が築けたら、次のステップに移りましょう。 会うチャンスを自ら作るのです。もっと言ってしまえば、「会うチャンスは作り出す」ものなんです! 会いに行くためなら、少しくらい嘘をついても構いません。 「今度仕事の出張でそっち行くことになったの」「友達に旅行誘われてそっち行くことになったの」など、 彼のいるところの近くまで行く用事ができたから、せっかくならあってみようとチャンスを作ります。

自分を磨く

片思いしている時にも、恋愛している時にも、結婚してからも共通して言えることですが、自分磨きは大切です。 そんな頑張ってるあなたの姿をみたら彼も会いたいと思ってくれるはずです。 そして久しぶりにあったあなたが前よりもさらに魅力的になっていたら、今まで以上にあなたを意識するはずです。 向こうから好意を寄せてくれる、なんてこともあるかも知れないので、ぜひ頑張っておきましょう。 この恋のためだけじゃなくとも、自分磨きしていて損はないのですからね。

相手を支える気持ちで接する

少し先走っているかも知れませんが、気持ちの中では彼女でいましょう。 自分の気持ちを優先させるよりも、相手の気持ちを汲み取ってあげると相手も居心地の良さを感じます。 そして相手があなたを必要として、悩み相談なんかしてきてくれたら、こちらの作戦勝ちです! 彼の心の支えになれた時には、彼はあなたなしでは生活できないような状態に。 そんな彼は今すぐに無理をしてでもあなたに会いに行きたくなるはず!

遠距離恋愛のイメージを覆すほどに積極的にアピールする

前提として、遠距離片思いを始める前に彼の遠距離恋愛に対するイメージを調べておくといいですね。 もし仮に彼が遠距離恋愛に肯定的なイメージをもっていれば話は早いのですが、遠距離恋愛は恋愛においての大変な障害と捉えている方が多いのが現実です。 そんな彼の遠距離恋愛に対するイメージを覆すほどにあなたがアピールできたら彼も遠距離恋愛をやっていてもいいかなと思えるはず。 たとえば、距離が離れているからこそあった時の時間を大切にしたり、相手の存在の大切さに気付けたりなど。 遠距離ならではのいいイメージをアピーツしていきましょう。

遠距離の片思いで会う約束をする時のポイント

観光をするために行くと話す

他の用事の“ついで”を装う

遠距離の片思いでもチャンスは自分で作るもの!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧