不倫から結婚して幸せになるカップルの特徴|リスクと必ず必要な行動

不倫から結婚することはできる?不倫から結婚して幸せになれるカップルの特徴は? 不倫から結婚できる確率や、リスク、メリット・デメリットなどを紹介。 不倫から結婚を真剣に考えている方は是非参考にしてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > 不倫から結婚して幸せになるカップルの特徴|リスクと必ず必要な行動

既婚者との恋愛、つまり不倫関係だったとしても本気で結婚をしたいと望んでいる女性は多いもの。 しかし、本気になったところで不倫関係がバレるリスクを冒すのも、略奪したと周囲に後ろ指を指される可能性も。 またそもそも不倫から結婚したという前例を聞いたことがないことから不安に駆られていると人がほとんどでしょう。 では不倫関係から結婚して、後悔のない幸せな結婚生活が送れるのでしょうか。 そこでこの記事ではそもそも不倫から結婚するカップルがどれくらいいるのかという解説を交えながら、不倫から結婚できる方法を紹介しています。 また、結婚をする判断基準も紹介していますので、本気で結婚したいという覚悟があるならばぜひ参考してみてください。

不倫から結婚して幸せになるカップルの特徴

実は、不倫から結婚して幸せになれるカップルには特徴があります。 一体どんな特徴があるのでしょうか? ここでは、その特徴について紹介していきますので、自分達に当てはまるかどうかを是非確認してみてください。

最高の相性だとお互いに確信している

今の配偶者と妥協して結婚したのなら、情熱的になれる恋愛に興味を持つこともあるでしょう。 そして会社やサークルといった交流の場で、配偶者以上の共通点があると分かれば、最高の相性だと思い不倫関係に発展しやすいです。 お互いが最高の相手であると思い合っていれば、不倫であっても結婚して幸せになれる可能性はあります。 今の時代、結婚にはいろんな形が存在するようになりました。 傷つく人は必ずいますが責任が伴っていれば不倫からの結婚であっても、お互いが最高の相手だと確信を持っていることで乗り越えられるでしょう。

離婚から長い時間をかけて結婚した

離婚から再婚までに長い時間をかけたカップルも、幸せになれる夫婦の特徴です。 本来であれば、男性は離婚してもすぐに再婚できますが、女性は100日間の制限が設けられます(条件により例外がある)。 この期間を経過すれば再婚は可能ですが、3ヶ月超過ぎた程度であれば周りからの批判を受けやすい状況の場合が多いです。 周りの視線を気にする性格であれば、最低でも2〜3年は時間を空けることで、軽い気持ちで不倫をしたわけではないことが周りに伝わるはずです

既にお互いの夫婦関係が破綻していた

不倫をする前から、既にいつ離婚をしてもおかしくない状態になっていたり家庭に居場所がなかったりしていたら、再婚後幸せになる可能性があります。 結婚した意味がないと思える状況下で不倫相手と出会ったのなら、「この人となら良い結婚生活を送れる」とスムーズに離婚を決断するようになるでしょう。 お互い支え合い思い合っている関係であれば、結婚生活は楽しくなります。 しかし結婚相手が感情表現が苦手で意思疎通がうまくできていなかった可能性も考えられますので、一度結婚相手ときちんと向き合ってからが正しい段階です。

どちらもこれまでに不倫以外では浮気をしたことがない

お互いに今回の不倫が初めてで、これまで不倫や浮気など一度もしたことがなかったり考えたこともなかったりしていたのであれば、幸せな結婚ができるかもしれません。 不倫に発展するまでにお互い乗り気ではなかったのではないでしょうか? 人を思いやれるので、大切な人を傷つけてしまうリスクがあることに抵抗を感じるのは当然です。 しかしそれでも不倫に踏み込んでしまったのは、本気度の高い不倫といえます。 後ろめたさが付きまとっても、お互いの「相手を大切にしたい」気持ちが上回ることで、再婚しても幸せになれる可能性は大きいでしょう。

お金の心配がない

お金の心配がないというのも、幸せな結婚生活を送る秘訣です。 人間にかかるストレスの中でも大きいのは生活水準の格差などのお金の問題が大半。 そして、お金の問題は家庭内の不和に直結します。 日本国内の離婚原因で挙げられるのは性格の不一致、モラハラなどの精神的な虐待、それらの次に多いのがお金に関する問題です。 浪費癖や生活費を入れた入れないという争いが、離婚に繋がっています。 しかし、それらお金のイザコザを事前に知ることのできた結婚であるならば、お金にまつわる問題はありませんので幸せになれる可能性が高くなるのです。

不倫から結婚して後悔するカップルの特徴

幸せになるカップルと同様に、不倫から結婚して後悔するカップルにも特徴があります。 ここでは、その特徴を紹介していきます。 あなた自身が幸せになるために、前の章とこの章のどちらに当てはまるのかチェックしてみてください。

どちらかが不倫しやすい体質である

自分または相手が不倫体質である場合は、不倫から結婚すると後悔するでしょう。 不倫体質だと、あなたとの関係が良好であるなしに関係なく他の女性に手を出します。 中には、結婚生活や夫婦関係が破綻してもいいと思っている人もいるのです。 妻の気持ちは考えず、自己中心的に不倫を繰り返す癖があるので、不倫から結婚してもまた同じことを繰り返すでしょう。

夫婦生活に不満がなかったのに離婚した

お互いの夫婦生活に不満がなかったのにもかかわらず、離婚して再婚したパターンも後悔しやすいです。 このタイプは「今のパートナーより魅力的だから」「結婚生活に飽きた」などと刺激を求めて不倫をするので、再婚しても同じような状況になる可能性が高いです。 何度も同じ失敗を繰り返しがちで、周りの視線も自然と冷ややかになってしまう、なんていうことも…。 不倫から結婚してもどちらかが不倫し、夫婦関係が破綻する可能性も出てくるでしょう。

お金の見通しがないのに、勢いで再婚までこぎつけた

お金の見通し、経済的な計画がないまま再婚したカップルも後悔しやすいもの。 前述しましたが金銭的な余裕は家庭円満の秘訣です。 しかし、逆を言えば余裕がないならすぐほころびができてしまうのです。 たとえば子供ができた時の教育費、そしてその先老後の貯蓄などお金の見通しも立てず再婚をすると、何か不測の事態が起きた時に不安に陥り、お互い「こんなはずでは」と思います。 キチンと再婚する前にお互い収入などと相談して、再婚の時期を見定めた方がいいでしょう。

人によって態度が変わる

人によって態度が変わる人も、結婚してから後悔しやすい人です。 たとえば再婚によって自分に子供がいて、相手の子供つまり連れ子がいることもあるでしょう。 自分の子供の方が連れ子よりも愛着があってかわいいのはわかりますが、そこで扱いを差別してしまえば家庭はギクシャクするだけです。 そのように子供相手でも態度を変える人は、普段から職場や友人の間でも態度を変えやすい性質を持っています。 そのため、円満な家庭にしたいのであれば普段から平等に接することを心がけるようにしましょう。

普段から人と比べがち

普段から自分と人を比べて一喜一憂する人も、結婚後に後悔しやすい特徴です。 自分と他人を比べるということは、自分にはなくて他人にはあるものや性格にうらやむことが多いのです。 不倫から結婚した場合、必ず相手には前妻がいます。 すると、その前妻に嫉妬していまい「前の奥さんの方が良かったんでしょ」とイライラしがちに。 そのイライラを相手の男性にぶつけてしまったりして、喧嘩するというのも珍しくはありません。 自分と他人を比較するのではなく、自分は自分でいいんだという気持ちでいましょう。

不倫から結婚ができる確率

ではそもそも不倫関係から結婚できる確率はどれくらいあるのでしょう。 一般的に考えれば不倫から結婚するというのは非常に難しいもので、確率も低いように感じられます。 そこでアンケートをもとに算出した確率と、芸能人などで報道される不倫について解説していきます。

不倫関係から結婚する確率ってどのくらい?

今回100人の不倫経験者、不倫に直接携わったことのある人にアンケートをとったところ、約11名の方が不倫相手と結婚したと答えてくれました。 約11%が不倫結婚をしたという結果に、驚いた方も多いのではないでしょうか? 不倫から結婚をする可能性はゼロではありませんが、確率は低く、結婚に至るのは非常に難しいことだと言えます。 今回のアンケートでは約11%という結果でしたが、確率は10%以下とされることもありますよ。

しかし、やはり低い確率であることに違いはない

不倫から結婚できる確率はおよそ11%だと前章で解説しました。 10組中1組が結婚できていると考えると、あまり低くないようにも思えます。 しかし、不倫は決してお互いの意思だけで結婚できるわけではなく、確率は低いと言って間違いありません。 不倫というのは既婚者の家庭を壊す行為。 必ず誰かしら悲しむ人が出るのです。 そのため不倫に対する世間のイメージは著しく悪く、たとえ結婚の意思が固まっても家族や友人から反対されやすいのです。 そして後ろ指をさされ続けた結果のおよそ11%ですので、あまり高いとは言えないでしょう。

芸能人の略奪婚は一般論には当てはまらない

不倫から結婚できる可能性は低いと言っても、テレビを見ると度々芸能人の不倫や略奪婚が話題になります。 しかし、芸能界では度々話題になっていたとしても、だからといって確率が高いと言えるわけではありません。 芸能人と一般人はそもそも生きている世界が違うのです。 週刊誌記者にプライベートを探られたり、逆に不倫が芸の肥やしになると推奨されていたりもします。 そのため略奪婚が憶測で語られ、またそもそも不倫に対する敷居が低いということもあるので、一般よりも不倫から結婚できる確率は上がるでしょう。 だからこそそれを見て、できる気になるのは間違っているのです。

不倫から結婚を目指すリスク

不倫から結婚を目指す場合、さまざまなリスクがあります。 結婚を考えているのであれば、リスクがあることを知っておくべきです。 ここでは、そのリスクについて紹介していきますので、目を通してくださいね。

慰謝料を請求される可能性がある

不倫をしてしまった以上、妻から慰謝料を請求される可能性は高いです。 慰謝料は当事者に請求できるので、二人別々に慰謝料を支払うことになり、金銭的に苦しくなることが多いでしょう。 また、彼に子どもがいる場合は、子どもが成人するまで養育費も支払うことになります。 不倫から結婚を目指す場合には、長期間お金に苦しむ可能性があると知っておくべきです。

親権が取れない可能性がある

不倫からの結婚で、彼の子どもとも一緒に暮らすことを考えている方は、親権が取れない可能性もあることを念頭に入れておきましょう。 たとえば妻に子どもを任せっきりだった場合は、「夫は子どもを育てる能力はない」と判断され、妻が親権を獲得する流れとなりやすいです。 また、15歳以上であれば子どもの意思が尊重されるので「母親についていきたい」などと言われた場合は、親権はなくなるでしょう。

社会的な信頼を失う可能性がある

不倫から結婚をしたことが職場の人にバレると、出世コースから外れてしまったり、退職せざるを得なかったりするケースもあります。 不祥事をしていなければ会社をクビになる心配はありませんが、社内の人間関係が悪くなる、圧力をかけられるなどの心配も浮上するでしょう。 会社での居場所がないように感じ、気持ちが不安定になり、結果的に自主退職の道に進んでしまうなんていうことも…

家族や友人と縁が切れる可能性がある

不倫は人の家庭を壊してしまうので、家族や友人との縁が切れると言い切ってもいいかもしれません。 世間体が悪くなるのに加えて、大切な友人や両親、親戚などがあなたと距離を置き始めるということも考えられます。 批判をなるべく避けたいのであれば、せめて2~3年以上の時間をおいてから再婚してください。 祝福がなくても、遊びではなかったことは伝わるはずです。

家庭を壊した罪悪感が消えない可能性がある

不倫からの結婚は略奪婚といえます。 そのため、「相手の家庭を壊してしまった」という罪悪感が消えない可能性もあるでしょう。 結婚してからも募った罪悪感が精神を追い込む可能性があり、もしかしたら不倫相手の元パートナーに強く恨まれることもあるかもしれません。 心の奥底にあるネガティブな気持ちが消えず、純粋に幸せな時間を過ごすことは難しいといえます。

スリルがなくなったので相手に冷めてしまう可能性がある

不倫のドキドキ感を味わうために、不倫にばかり関心が向く人もいるのではないでしょうか? じつは結婚したいとまでは思っていなく、不倫関係をずっと続けることに意味があった。 と、冷静になってから気付くこともあるでしょう。 刺激を楽しんでいるうちは、冷静に考えられず流れに身をまかせてしまいやすくなります。 そのため結婚後は愛が冷めるというケースも珍しくはありません。

世間体が悪くなる可能性がある

世間体が悪くなるのも大きなリスクといえます。 全てを隠し通せない限り、結婚相手の両親や自分の家族、そして友達にもどのように思われるかわかりません。 中でも不倫に強く批判的な意見を持つ人は、あなたから離れていくでしょう。 「いろんな考え方をする人がいるのは当たり前」と考え割り切れるならば、周りの視線を気にせずにいられます。 それでも気にしてしまう場合は、最初から不倫には向いていなかっといえるでしょう。

不倫から結婚することのメリットとデメリット

不倫からの結婚にはメリットもありますが、どちらかというとデメリットの方が大きいです。 この章では、そのメリットやデメリットを紹介します。 不倫から結婚したいと思っている方は、ぜひ押さえておいてください。

メリット1:2人の絆が強くなる

不倫関係は一般的に許されない関係なので、我慢しなければいけないことも多かったはず。 また、離婚に至るまでお互い苦しんだり辛かったりしたことも多かったでしょう。 そんな辛いことを乗り越えてきたからこそ、強い信頼関係を築いていくことだってできます。 一緒に生きていく上での信頼は強い絆を生みますから、幸せな生活を望むことも可能となるでしょう。

メリット2:最高の人生を歩むことができる

リスクを冒してでも不倫相手と結婚するのは本当に好きな人と結ばれるからでしょう。 これは結婚する理由でもあり結婚するメリットでもありますよね。 幸せな気を放つ人は、周りの目を気にせず相手と自分の幸せだけを考えられる特徴があります。 2人の関係を知る人がいない地で再出発したなども考えられますが、全ては幸せのために動いた結果です。

デメリット1:不信がつきまとう

再婚しても不倫をした事実は変わりません。 そのため、相手がまた不倫するんじゃないかと不安を抱えてしまう人もいるでしょう。 結婚しても夫を信用できない、または夫に信用されない。 これでは結婚しても幸せにはなれません。 しかし大らかなタイプの人や人を信じるタイプの人は、不信感に苦しまないでしょう。 これをヒントに相手を信じる気持ちを持つと、不信感は解消できるかもしれません。

デメリット2:金銭的に苦労する可能性がある

不倫の場合相手がパートナーと別れると、パートナーに支払う慰謝料が発生することもあります。 それに子どもがいれば、月々の養育費などを支払わなければいけません。 慰謝料や養育費を支払うことを考えると、それなりに経済的余裕がなければ、生活に余裕がなくなり苦しい思いをする可能性もあります。

デメリット3:たくさんのリスクを背負ってしまう

不倫からの結婚には、あらゆるリスクを負う可能性があります。 妻から慰謝料を請求されたり、周りから縁を切られたりも実際にあるのです。 罪悪感も抱えるでしょう。 結婚をしてもまた相手が不倫をして一緒に過ごせなくなる可能性もゼロではないのです。 本当に不倫相手と一緒にいたいのかをよく考えてみてください。 不倫からの結婚はリスクが多いため、冷静になることも大切です。

不倫から結婚をするべきかの判断基準

不倫から結婚をするべきかどうか、自分では判断ができないという方も少なくないはずです。 ここでは不倫から結婚をするべきかの判断基準について紹介します。 読んだうえで、不倫相手と結婚するかじっくり考えてみてくださいね。

不倫相手の短所も含めて愛しているか?

相手の短所にも目を向けて、愛することができますか? 良いところばかり見ていると、不倫から結婚しても「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔する可能性が出てきます。 もし相手の短所が思い浮かばないのであれば、恋愛フィルターがかかっているか、本当に問題がないということでしょう。 恋は盲目といいますので、できれば冷静に見定める時間を設けることをおすすめいたします。

不倫相手も自分の短所を含めて愛してくれているか?

不倫相手もあなたの短所を理解して愛してくれているでしょうか? 愛とは受け入れ許すことです。 お互いに短所を受け入れていると、困難を回避でき長続きしやすくなるでしょう。 相手がただ舞い上がっているだけのように見えたり感じたりすれば要注意です。 結婚前にしっかりと確認しておくと後悔しにくくなりますよ。

リスクを負う覚悟があるか?

不倫にはさまざまなリスクがつきまといます。 相手が離婚をした場合、100万円~300万円ほどの高額な慰謝料を請求される可能性があります。 高額な慰謝料が発生しても彼と結婚したいと思えますか? それだけではなく、周りや社会的な信用も失い、孤立してしまったり自主退職を選んだりする状況になることも考えられます。 もし覚悟を持てないのであれば、幸せになれる確率は低いでしょう。

不倫から結婚をするために必要な行動

不倫から結婚をするために必要な行動について紹介していきます。 不倫関係からの結婚を考えているのであれば、今から紹介することを参考にして、必要な行動を取るように心がけましょう。

不倫相手と深い絆で結ばれる

不倫から結婚をするのであれば、不倫相手と深い絆で結ばれることが必須です。 絆は行動や態度で示すことで形成されます。 どんな困難があっても手を差し伸べてくれるなら、絆は強いと判断しても良いでしょう。 しかし、彼に愛されていると感じても油断は禁物です。 優しいのは最初だけの可能性もあるからです。 本気で彼と結婚したいなら、相手が思いやりがあり時間が経っても助けてくれる存在であるのか見定める必要があります。

不倫関係を隠し通す

一番覚えておいて欲しいのが、不倫関係を周囲に隠し通すことです。 たとえ相手に結婚した過去があったとしても、バレなければ大きな障害にはならないでしょう。 二人で幸せをつかむためにも、誰にもバレないように隠し通そうという強い意志を持って、二人の関係を進めていくことが不倫からの結婚を成功させる秘訣です。

期間を決めて行動する

結婚を目指すのであれば相手に離婚してもらわなければいけませんし、時間や労力がかかってしまいます。 ですが、ダラダラと関係を続け進展がないと、二人が結ばれるまでにかかる時間はとても長いものになるでしょう。 だからこそ不倫関係から結婚を目指すのであれば、計画的に行動をして結婚を目指さなければいけません。 2人で計画的に行動すると絆もまた強くなりますよ。

小さなチャンスを見逃さずに行動に移す

不倫から結婚をするためには、小さなチャンスを見逃さないことも大切です。 たとえば彼と奥さんが喧嘩したり、あなたとの不倫がバレてしまったりなど、どんな状況も離婚のチャンスと考えて、行動を起こしていってみてください。 周りの信用を失ったり、慰謝料を請求されてお金が無くなったりなどさまざまなリスクがありますが、あなた自身が強い覚悟を持っていれば、きっと叶えられるはずです。

離婚から再婚までには時間を置く

不倫からの結婚で幸せになりたいのであれば、周囲に不倫関係とバレないことが大切です。 離婚してすぐに結婚すると、不倫関係だったのでは?と疑われてしまう可能性もあるでしょう。 この場合、再婚は長く間隔をあけてからの方が良いです。 時間を置けば周囲にも不倫関係を疑われなくなります。

まとめ

いかがでしたか? 不倫から結婚をして幸せになれる確率は非常に低いです。 もし彼と結ばれたとしても、純粋な幸せを楽しめる期間が短い可能性もあります。 お金に不自由したり信用を失ったりなどさまざまなリスクがあるため、彼との結婚には幸せな未来が待っているのか、改めて考えてみてください。 あなたに強い覚悟があり、行動を起こしていけるのであれば、きっと不倫関係からの結婚が叶う日もそう遠くはないでしょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧