人生やめたいと思う6つの瞬間|活力を取り戻す対処法と必要な考え方

人生をやめたいと思うほど辛いこと、ありますよね。 人生をやめたいと思う時は誰にでも訪れますが、気持ちの切り替え方などを知っておくだけで、気持ちが楽になるはずです。 人生やめたいと思う瞬間と、気力を取り戻す方法を紹介。 是非参考にしてみてくださいね!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > 人生やめたいと思う6つの瞬間|活力を取り戻す対処法と必要な考え方

人間生きていれば落ち込む出来事にぶつかることでしょう。 ただ、その出来事がショックであればあるほど「人生やめたい」と感じるかもしれません。 たとえば職場で失敗してしまって上司に激怒された時、長年付き合っていた恋人にフラれてしまった時……人にもよりますが多くの人が「人生やめたい」と思う経験をしたことがあると思います。 ただそんな時、どうすればいいのか知りたいですよね? そこでこの記事では、人生やめたいと絶望した時の対処法や絶望がもたらすある効果などを紹介していきます。 「辛い」と思った際に、ぜひ参考にしてみてください。

人生をやめたいと思う6つの瞬間

「人生やめてしまいたい」と思ったことは、多くの人が感じた経験があるでしょう。 その時は強い孤独感を覚えるかもしれませんが、しかし孤独感を抱いているのはあなただけではありません。 まずは人がどのような場面に立たされた時、「人生やめたい」と思うのが紹介していきます。

信頼できる人がいないと感じたとき

人間というものは群れを作って生活する社会性動物です。 そのため、仲の良い人がいない、信頼できる人がいないと感じた時に「人生やめたい」と感じるます。 仕事や恋愛、悩みを抱えやすい場面で頼る人がいないと気持ちがネガティブに向かっていってしまうようです。

目を逸らしたいほどの嫌なことがあったとき

仕事で上手くいかない、恋愛も成就しない……人生はストレスを抱える場面がいっぱいあります。 しかし、人間はそのストレスをある程度までなら抱えられる許容量があるのです。 ただ、ストレスを解消せず貯め続けてしまうといずれ抱えれる量を超えてあふれ出してしまいます。 すると、「もう何もかもやめたい」と人は絶望を感じます。 「人生やめたい」と思うのは、目をそらしたいほど嫌なことがあったという証拠でもあるのです。

生きがいがないと感じたとき

「人生やめたい」と思うのは主に失敗を繰り返した時です。 しかし、それだけではありません。 人生というのは成功体験の積み重ねです。 仕事で目標を達成した、好きな人と付き合えた……そして次の目標を見つけ達成することを繰り返し、生甲斐というものを感じます。 そのため、失敗することがなくても成功体験を得ない、平坦な生活を送っていると生甲斐をなくして「人生やめたい」と思うようになるのです。

仕事がうまくいかないとき

仕事でうまくいかないのも「人生やめたい」と思う理由になります。 仕事というのは、人間が大半の時間を費やして取り組むもの。 生活の中心になっているので、そこがスムーズにいかないと「なんで?」とストレスが溜まり「人生やめたい」と思うようになってしまうのです。

人間関係の問題を抱えているとき

仕事でも恋愛でも、共通した悩みというのが人間関係です。 人は他人と接して生活しなければならない以上、人間関係はどのような場面でもまとわりついてくるのです。 そのため、「みんなから嫌われないようにしないと」、「自分だけを見ていてほしい」、「あの人と付き合いにくい」などと人間関係で悩みを抱えているとそれがいつか限界を超え、「人生やめたい」と思うようになるのです。

お金に不安があるとき

お金や資産など金銭的な不安も「人生やめたい」と思う原因になります。 昭和の時代に比べて現在は収入もあがらず、一方で物価はあがり、社会保険料も上がっている状況です。 そうなると「このままで将来やっていけるのだろうか」という不安に襲われます。 その不安が積み重なることで、「人生やめたい」と思うようになってしまうのです。

人生をやめたいと考えやすい人の特徴

前章ではどのような場面で「人生やめたい」と感じるのか、ということに焦点をあてて見てきました。 続いては、どのような特徴のある人が「人生やめたい」と思うのか紹介していきます。 当てはまる部分の多い人もいるかもしれませんが、決して他人より劣っているわけではありません。 特徴を把握していきやすくなる選択肢が増えると、ポジティブな意識で確認してみてください。

細かいことが気になることが多い

「人生やめたい」と思う人は、細かいことを頻繁に気にする、いわゆる神経質な人が多いのが特徴。 たとえば自分の身だしなみが常に気になってしまう、他人の行動に納得がいかないなど、細かいことを気にするのは自分の理想からズレるのを嫌っているのです。 許容範囲が狭いため、ストレスが溜まりやすく絶望感を覚えやすいのです。

ネガティブに考えがち

どのようなことでも後ろ向きに考えてしまう、ネガティブ思考の人も「人生やめたい」と思いがち。 ネガティブな人な常に心配が付きまとっています。 仕事で失敗したら、好きな人にフラれたら、お金がなくなったら……そのようなことを常に考えています。 そのような不安を抱え込むため、それが限界を超えて「人生やめたい」を思うようになってしまうのです。

優しい性格

優しい性格の人も「人生やめたい」と思う傾向が強いのです。 一見すると絶望感と無縁なようにも見えますが、優しい人というのは他人の感情を読み取るのに敏感。 そのため、他人が悲しんでいたら自分までも悲しくなってしまうもの。 すると、他人のことで悲しむストレスが生じ、それが積もり積もって「人生やめたい」と思ってしまうのです。

人生やめたいと感じた時の考え方

ここまでは「人生やめたい」と思う瞬間、また思いやすい人の特徴を紹介してきました。 では「人生をやめたい」と感じた時、どうすれば気持ちを持ち直すことができるでしょうか。 続いては気持ちを挽回する方法を紹介します。 もしも「人生やめたい」と思いやすい性格なら、いざという時の手段として覚えておいてください。

死にたいは生きたいの裏返し

そもそもなぜ人は「死にたい」と絶望するのでしょうか? それは、死んでリセットしたい、つまりもう一度やり直したいという強い欲求があるからです。 やり直したいと思うことは、裏を返せば「成功して生きたい」ということ。 絶望することは無意識に前を向いていることがわかれば気持ち的に楽になれるはず。 あとはどうすれば「やり直したい」と思うことがなくなるのか、自問自答すればいいのです。

人は誰でも誰かの役に立っている

自分がこの世の誰からも必要とされていないというのも、「人生やめたい」と思う原因です。 しかし本当にそうでしょうか? 思い返してください。 たとえば、道で迷っている人がいて一緒になって目的地を探してあげた……など人助けをしたことはありませんか? それだけでもあなたは十分、この世に必要とされるだけの資格を持っています。 「誰かの役になんて立っていない」と思っているのはあなただけなのかもしれません。

心に効く薬を持つ

「人生やめたい」と思った時は、心に効く薬を持つのもいいでしょう。 しかしここで言う薬とは、いわゆる医薬品ではありません。 ここで言う薬とは薬以外の薬、要するに「愛情」や「友情」を意味します。 ここ最近、実家に帰省はしていますか? 友達とどこかに出かけたり、恋人に甘えたりはしていますか? 身近な人たちと触れ合うことは、心を癒すことにつながるのです。

今自分がもっているものに感謝する

何かをこれ以上望むのではなく、今ある自分の力に感謝しましょう。 帰る家がある、お風呂に浸かって疲れを取り、ゆっくりと布団で休める。 また、ご飯も満足に食べられますし、オシャレだってすることができます。 それはあなたからすれば当然のことかもしれませんが、他人から見れば「うらやましい」と思う人だっているはず。 仕事で失敗したとしても、あなたは自分が思う以上に恵まれた環境にいるかもしれません。 そのため、「人生やめたい」と絶望するのではなく、今の自分に感謝して自信を持ちましょう。

人生やめたい人におすすめの対処法

前章では、「人生やめたい」と思った時の考え方を見てきました。 考え方の違いというだけですが、それだけで気持ちが軽くなったという人もいるのではないでしょうか? 続いては、気持ちが前向きになり「何かできないか」と思い始めた時にぜひ試してほしい「対処法」を紹介します。

同じような境遇の人と話す

「人生やめたい」と思ったのなら、同じような境遇の人と話すのもオススメです。 絶望を感じている時、あなたは孤独感に苛まれています。 だからこそ、同じ境遇に立たされている人と出会い、話すことで安心感を得られるのです。 たとえば嫌な上司からひどく怒られた時、同じように怒られた人と愚痴でもこぼし合いましょう。 傷の舐め合いとも言いますが、仲間を見つけることは今のあなたにとって必要なことなのです。

安心できるスキンシップをとる

人と話すことは安心感を得られますが、肌を触れ合うことでもっと安心感を得られることができるのです。 スキンシップを取ることはリラックスすることに繋がります。 他人とスキンシップを取ることで、緊張を司る交感神経からリラックスを司る副交感神経へと移っていくのです。 両親、友人、恋人……どのような人でもいいので、触れ合う時間を作りましょう。

小さな夢を持つ

小さな夢を持つというのも、「人生やめたい」と思った時は効果的です。 そもそも夢を持つこと自体、前向きになることのできる行為で非常に効果があります。 しかし、夢が大きすぎると叶うまでに時間がかかってしまい、結局絶望してしまうことに。 だからこそ、たとえば週末は美味しいものを食べるなど叶えやすい夢を持ちましょう。 それを繰り返すことで「人生やめたい」と思うこともなくなるでしょう。

ストレスのある環境からは逃げる

「人生やめたい」と思っている時、あなたはストレスのかかる環境にいる場合があります。 そのような時はそのストレスから逃げることもオススメ。 そもそもストレスが常にかかる環境というのは非常に危険です。 精神的にダメージを受けるだけでなく、それが体の方に悪影響を与えるからです。 狭心症や難聴など、今後の人生に取り返しのつかないダメージを受けることもあります。 そのため、一刻も早くその場から逃げましょう。 逃げることは恥ずかしいことではありません。 あなたの今後の人生を考えるのであれば、その場から逃れることは正しい選択なのです。

畑仕事で生きている実感を取り戻す

「人生やめたい」と思っている時は、生きることの実感が薄れています。 そのような時は、農業体験をしてみるのがいいでしょう。 人生の基本は「食」です。 その食は基本、他の生物の命を奪うことで成り立っています。 だからこそ、いわば農業や家庭菜園など畑仕事というのは命に一番密接な職業なのです。 畑仕事に関わってみるというのは、忘れていた生きることを思い出させてくれるものなのです。

アルバイトで自信をつける

絶望から脱却して前向きになるためには、成功体験を積み上げることが大切。 それにはアルバイトがオススメです。 収入は大きく減るアルバイトですが、正社員の管理職などに比べれば重大な責任を背負った職業ではありません。 そこでコツコツと働き成功体験を得ることで自信をつけられるのです。 もちろん、働けない方は無理をすべきではありません。 ただ、少しの時間でも「それなら」と思うのであれば、思い切って踏み出してみましょう。

人生やめたい時はまず相談!おすすめの相談相手

「人生やめたい」と思う時は、自分ひとりの力ではどうにもできないこともあります。 そんな時は迷わず誰かに相談して助力を願いましょう。 しかし、そんな大切な相談を誰にすればいいのでしょうか? 実際、誰に相談すればいいのかわからない人も多いはず。 ではその相談相手について、ここでは解説していきます。

信頼できる家族や友人

「人生やめたい」と思うほどの悩みを相談できるのはやはり家族や友人でしょう。 逆に顔見知りだからこそ「そんな話は……」と躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、相手の立場から考えてみてください。 悩みを相談されれば「信用されているんだ」と嬉しく思いますし、力になってあげたいと思いますよね。 友人や家族も同じで、そのようにあなたのことを大切に考えてくれるでしょう。

精神科医やカウンセラーなどの専門職の人

それでも知り合いは「ちょっと」と思う人、または信頼できる人がいないという人もいるでしょう。 そうであるならば、話を聞くプロ、心療内科などの医師や心理カウンセラーに話を聞いてもらいましょう。 また、医師やカウンセラーは専門家なので、的確なアドバイスとともに医療的な治療の面でもアドバイスをくれるでしょう。

無料の相談窓口

医師やカウンセラーのほか、今は様々な相談窓口というのが用意されています。 電話だけでなく、メールやLINEでも相談することができ、あなたが自身で一番相談しやすい方法を選択することができます。 匿名で相談することができるので、友人や家族、医師など身元が明らかになってしまうのに不安がある人はオススメです。

まとめ|人生をやめたくなってもその先には明るい未来がある!

ここまで「人生やめたい」と感じる瞬間や、感じた時の考え方、行動。 さらに、オススメの相談先について解説してきました。 「人生やめたい」と思う人は多くいますが、それでも辛いものに変わりはありません。 しかし、それはあなた自身が絶望の底についたということ。 もうそれ以上落ち込むことはありません、あとは前を向くだけです。 今すぐポジティブになることはありません。 ゆっくりと少しずつ、幸せに向かって前進していきましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い