愛人関係は不倫や浮気とどう違うの?愛人関係の実例も。

愛人関係ってメリットが多そうだけど、本当のところはどうなのでしょうか? 実際にはどう違うのか、紹介していきます。 また、愛人関係とはどんなものなのかを愛人関係を経験したことのある方のお話も交えながら紹介していきます。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > 愛人関係は不倫や浮気とどう違うの?愛人関係の実例も。

俗に言う「愛人」ってどんな人のこと? 自分の立場は愛人なの? 不倫や浮気とはどう違うの? このように、愛人という意味合いと、不倫や浮気との違いが気になった人もいるのではないでしょうか。 また、自分がもしかしたら愛人なのかもしれないと感じている人や、愛人になりたいと考えている人もいるかもしれません。 そこで今回は、愛人はどんな人のことを指すのか、愛人関係は浮気と不倫とはどのように違うのかを解説していきます。 実際に愛人になりたいと思っている人は、まず愛人になるメリットとデメリットを知ることが大切です。 ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

愛人関係と不倫・売春・浮気・セフレの違いは?

結果的にやる事が似ているものが多いですが呼び名は様々。愛人関係って複雑な言葉ですよね。 不倫相手・セフレ・売春・浮気など似ている言葉がたくさんあるので違いがわかりずらいかと思います。 今回は、それぞれ何がどう違うのかを見ていき、今回は『愛人関係とは何か』というのをしっかりと調べてみましたのでご紹介していきたいと思います。

愛人関係とは継続的かつ金銭で成り立つ関係の事

愛人関係とはお互い合意の上でセックスをする関係であります。男性側ないし女性側が相手に対して金銭的援助をする対等にない立場で、継続していくスタイルと言える関係性の事です。(どちらかが援助をする) また、女性に飽きた頃に新しい候補が見つかったなどの場合は速やかに女性ないし男性のほうからお別れを切り出されてしまうのもこのパターンに多いでしょう。 不倫や浮気と呼ばれる関係性では金銭的なやりとりがない事も多いので、その違いこそが最大の特徴ではないでしょうか。

愛人関係と不倫の違い

愛人関係と不倫の違いとしては、不倫相手の場合には、プレゼントや旅行などの出費をどちらかが負担する事はあるものの、直接的な金銭のやりとりが行われない事という事が言えるでしょう。 しかし愛人の場合は、自分の家賃を出してもらったり、生活に困ったときに助けて貰ったり食事を援助してもらったりする事も多々あります。 結果としてまとめると、継続的な金銭的援助の有無が愛人関係と不倫の違いと言う事が言えそうです。

愛人関係と売春の違い

売春は片方の客側がリピートをする事はあれど、あくまで買い切りの形でお金と体験を交換する形態です。 愛人は生活の金銭的支援なども含んだ継続性を持った関係性です。 そこが違います。 女性の場合も男性の場合も、気持ちは全くなく、生活や趣味のためだけにセックスすることがほとんどの理由です。 売春の場合は、ギブアンドテイクな関係とでも言えるのでしょうか。 なので商品として買い切りなのか、継続性があるのかが愛人関係と売春を分けるポイントになるでしょう。

愛人関係と浮気の違い

浮気も不倫と同様で、基本的には直接的な金銭のやりとりなどがない関係性という点で愛人関係との違いがあります。 では、不倫と浮気は何が違うのかで言うと、浮気は読んで字の如く「気が浮ついた」と書きます。 なので浮気の方が不倫よりも継続性がないことが多いです。 あくまで火遊びといった感じといえばイメージがつくでしょうか。

愛人関係とセフレの違い

セフレは言葉を正すとセックスフレンドになります。 あくまでフレンドなので関係性は平等です。 ですが愛人の関係性はパワーバランスに非対称性があるのでそこが違います。 もちろん金銭のやりとりがあるかないかも違いますが、一番のポイントは平等かそうでないかという風に言えるでしょう。

愛人になることのメリットとデメリット

愛人になりたいと考えている場合、勢いでなる前にメリットとデメリットを理解しておくことが重要です。 いいこともあれば、その分悪いこともあるでしょう。 自分がそのデメリットに耐えられるのかを、よく考えてみてくださいね。

愛人になることのメリット

愛人というと、本命の人ではないニュアンスがあるので、どうしてもネガティブに捉えてしまうところです。 実際に愛人になった場合に、どのようなメリットがあるのでしょうか。 この章では、愛人になることのメリットをご紹介していきます。

金銭的な援助をしてもらえる

愛人関係である以上、通常イメージするような労働をしなくてもお金を手に入れる事ができます。 もしセックスが好きなのであれば好きな事をしているだけでお金がもらえる素晴らしい環境を得られるでしょう。 あなたが男性であれば、奥さんとは違うときめきや刺激的なセックスを若い女性と体験する事ができます。

プレゼントがもらえたり旅行へ連れていってもらえたりする

愛人関係であれば、月のお小遣いとは別に美味しいご飯も食べさせてくれることがあります。 また、自分では買えないような高級品や、リゾートへの旅行など素晴らしいものが次々手に入るかもしれません。 逆にあなたが男性であれば、女性の心をつなぎとめておくために、様々なプレゼントで女性を喜ばせてあげる必要があります。

寂しくなりにくい

愛人になったとしたら、前項でご紹介したように基本的に何でも与えてもらうことができます。 また、愛人を作っている男性のほとんどは奥さんやパートナーよりも、愛人に重きを置いていることが多いものです。 男性側としても、奥さんの暖かさと、愛人の刺激を受けることができるので、寂しくなることは少ないでしょう。

未知の世界を経験でき視野が広くなる

実際に愛人をしている女性は多くないため、周りの友人がしていないような経験ができるでしょう。 例えば、会社員のお給料ではいけないような高級レストランに連れて行ってもらえたり、どこへ行くにもVIPな対応をしてもらえるかもしれません。 良くも悪くも、経験が豊富になるので多くの知識が身に付くでしょう。

女性らしさに磨きをかけられる

会社員であれば、数十万円の手取りの中から家賃や光熱費、交際費、美容代を出費します。 そのため、どうしても美容にかけるお金に限界があったり、どこかを削る必要があるかもしれません。 しかし、愛人の場合は自分がお金を出すことが少ないので、好きなだけ美容にお金をかけることができます。 男性側としても愛人には綺麗でいてほしいので、美容にはお金を惜しみません。

愛人になることのデメリット

ここまで、愛人になることのメリットをご紹介していきました。 しかし、良い面があるということは、もちろん良くない面もあるでしょう。 そこでこの章では、愛人になることのデメリットをご紹介していきます。

一般的な普通の恋愛がしにくくなる

一度愛人という立場や恋愛を経験してしまうと、一般的な普通の恋愛がしにくくなります。 愛人は、基本的に男性から何不自由なく生活させてもらい、必要以上のものを与えてもらっています。 そのため、一般の男性と恋愛したときに、どうしても満たされなくなってしまうのです。 もちろん本当の意味で愛情を感じることができれば問題ないですが、どこかで比較してしまうことがあります。

より完璧な男性を求めやすくなる

普通の恋愛がしにくくなると同時に、より完璧な男性を求めやすくなります。 愛人として付き合っていたころの男性は、お金も地位もあった男性がほとんどなので、比較して考えてしまうことがあります。 どんなに優しくされても、トータルで判断してしまうので、普通の男性では物足りなくなってしまうでしょう。

秘密の関係なので堂々と付き合えない

どれだけ愛されていても、結局は愛人なので堂々と付き合うことは難しいでしょう。 特に地位が高ければ高い人ほど、盗撮されたり、社会にバレてしまうと問題になります。 そのため、普通の恋人のようなデートはできないと考えておいたほうがいいかもしれませんね。

バレしてしまうと社会的な制裁を受ける可能性がある

基本的に秘密にしなければならない関係なので、バレてしまうと社会的な制裁を受ける可能性があります。 ある程度の地位にいる方であれば、社会の目が厳しくなりその影響で奥様やパートナーとの修羅場になる可能性もあります。 話し合いだけならまだいいですが、金銭的な問題になったり裁判沙汰にもなり得るので注意が必要です。

愛人を作る・愛人を作りやすい男性の特徴

これまで愛人になるメリットやデメリットを、主に女性目線で解説していきました。 では愛人を作るような男性はどのような男性なのでしょうか。 そこでこの章では、愛人を作る・愛人を作りやすい男性の特徴をご紹介します。

経済的な余裕がある

愛人を作ることができる男性は、経済的な余裕がある男性の場合が多いものです。 家庭を持ちながらも、他の女性を作り、その女性に金銭や高価なブランド品を与えたり、高級レストランに連れて行くことがほとんどです。 そのため、サラリーマンの給料で愛人を作ることは難しく、経営者や社長業などの職種で、お金に余裕を持っている必要があるでしょう。

仕事ができる

奥さんやパートナーとは別に、愛人を作るということは、器用でなければ難しいでしょう。 お金に余裕があったとしても、時間を作らなければならないので、何が何でも仕事を早く終えなければなりません。 また、経営者が多いので金銭的に困ることはありませんが、継続的に稼ぐことができなければ、愛人を持つことができなくなってしまいます。

寂しがりや

奥さんやパートナー以外にも、愛人を作るくらいなので基本的に寂しがり屋です。 一人でいる時間を作りたくないので、奥さんが忙しいときは愛人、愛人がいないときは奥さんにかまってもらうことが多いでしょう。

何があってもめげない強さがある

愛人を作る男性には、何が当てもめげない強さがあるのも特徴です。 めげないというよりは、楽観主義なのでポジティブな方向に考えることができます。 そのため、自分の感情に疎いので、愛人と恋愛関係に深く陥るということもあまりないでしょう。

愛人になりやすい女性の特徴

ここまで読んできて、愛人になりたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。 実際に愛人に話を聞く機会も会うことも少ないので、どんな女性が愛人になるのか気になりますよね。 そこでこの章では、愛人になりやすい女性の特徴をご紹介していきます。

優れた容姿でセクシー

愛人は男性にとって、ブランド品のようなものなので、美しい女性を隣に置きたいという願望があります。 また、女性らしさを求めるので、色気のある雰囲気だとなおいいかもしれませんね。

笑顔が魅力的

愛人には奥さんやパートナーにはない、癒しを求める男性が多いのです。 そのため、常に笑顔でいる女性には惹かれやすく、そばに置いておきたくなっていまいます。

反応が素直で無邪気

笑顔が素敵な女性に惹かれるのと同じように、反応が素直で無邪気な女性に惹かれる傾向があります。 経営者や社長業をしていると、仕事で切羽詰まったときにピュアな心を持った女性を見ると、和やかな気持ちになるものです。

レスが早い

いい意味でも良くない意味としても取れますが、都合のいい女性は愛人になりやすいでしょう。 突然仕事のスケジュールがなくなったり、時間が空いた時にすぐに会える関係を男性は求めています。 そのため、連絡をしたときにすぐに返信がくるような、マメな女性は好かれるでしょう。

自立している

金銭的な負担や、ブランド品をプレゼントするものの、精神的に自立している女性を好みます。 これは、もし社会的な問題になったり、自分に何かあったときに理解してくれなければ、男性に負担がかかるからです。 仕事の有無ではなく、理解があるか、割り切れるかがポイントになるでしょう。

包容力がある

笑顔が多い女性や、ピュアな女性を好むように、包容力を求めている男性が多いのです。 これは、癒しとも似た意味がありますが、仕事で嫌なことがあったときは、そっと優しく話を聞いてほしいときがあるからでしょう。

秘密を守れる

秘密な関係だからこそ、秘密を守れるかどうか、口が軽くないかどうかは重要な問題です。 またある程度地位の高い人の場合、社会に漏れてはいけない秘密を抱えていることも多いのです。 そのため、もし耳に入ってしまっても周囲に話さないような、秘密を守れる女性である必要があります。

忍耐力がある

仕事や家庭で、どうしても愛人と会う時間を作ることができないときもあるでしょう。 そのため、そのようなときに耐えられず、わがままを言うような女性とは付き合っていくことが難しいでしょう。

押しに弱い

押しに弱いというとマイナスに聞こえますが、男性のわがままを受け入れてくれる器の広さが大切です。 また、考えすぎてしまう人だと、愛人という関係をそもそも受け入れることが難しいので、押しに弱い一面がないと愛人になることはないでしょう。

自由でいられる関係が好き

愛人は基本的に、都合のいい関係なので、自由でいられることを望む女性であれば愛人に向いているでしょう。 恋人のように束縛されたり、窮屈な空間に居心地の悪さ感じるようであれば、愛人という立場でも問題ないかもしれません。

ドライな恋愛ができる

愛人関係というのは、普通の恋人とは異なり、基本的にさっぱりしていることが多いでしょう。 無理に会おうともせずに、お互いの都合が合えば程度に考えられなければ付き合うのは難しいものです。 また、本気の恋愛関係になることができないので、ある程度ドライである必要があります。

年上の男性が好き

愛人になる女性は、若くて美しい女性がほとんどです。 そのため、男性は年上のことが多く、中には還暦を過ぎている方もいるでしょう。 それでも付き合えるような女性でなければ、お金のためでも愛人関係を続けるのは難しいものです。

愛情表現に弱い

愛人という立場だからこそ、男性は疑似恋愛の感覚でいることが多いものでs。 そのため、女性側もちゃんと愛情を受け止めなければいけないので、過度な愛情表現でも受け止められる心があるといいでしょう。

刺激のある恋愛が好き

愛人というくらいなので、普通の恋愛ではありません。 また、バレてしまうと大事になるので、常にリスクを抱えている状態です。 それをストレスと捉えるのか、スリルがあって楽しいと考えられるかで大きく変わってくるでしょう。

相手に尽くすのが好き

男性に与えられる側ではありますが、物ではなく愛情として相手に尽くすことが重要です。 もちろん嫌々尽くすのではなく、相手のことを思って尽くすという行為が大切なのです。 癒しを求めている相手にとっては、尽くしてくれることが何よりもの愛情と捉えるでしょう。

セックスが好き

愛人関係になる人の多くの場合、体の関係を持つことがあるでしょう。 特に男性は、若い女性の体を求めて愛人を作っていることが多いので、セックスが好きな女性でなければ、続けるのは難しいかもしれません。

愛人になるには?愛人になる方法

前章では、愛人になりやすい女性の特徴をご紹介していきました。 それでは実際に、愛人になるにはどうしたらいいのでしょうか。 愛人になる方法から、愛人を持つような位の高い男性と出会う方法もご紹介します。

男性好みの身なりにする

まず第一に外見が大切なので、元々の容姿だけでなく身なりを男性好みにするといいでしょう。 愛人を作る男性の多くは、女性には女性らしさを求めるので、品のある雰囲気の服装にしてみてください。 また、所作も見ていることがあるので、がさつにならないよう冷静な行動を心がけるのも大切です。 イメージとしてはお嬢さんと呼ばれそうな雰囲気のある女性なので、いろいろ研究してみるといいかもしれませんね。

どんな会話にもついていけるように知識を蓄える

自分にとって楽しい話だけでなく、相手の難しい話にもついていくために、知識や教養が必要です。 特に男性が経営者や社長業をしている場合は、経営の話や政治関係の話は勉強しておくといいでしょう。 愛人を持つような男性は、格の高い女性を好むので、頭の回転もよく見ている点のひとつです。 不倫や浮気であれば愛嬌だけで何とかなるものの、愛人となるとそれなりに勉強が必要なのです。

高級ホテルのバーに行ってみる

愛人を持つような男性と出会うには、ある程度格の高い場所に行く必要があります。 外資系ホテルの多くは、ホテル内にバーがありますが、金額が高いのでお金持ちでなければ入ることはないでしょう。 もちろん全員がお金持ちというわけではないかもしれませんが、少なくとも駅の居酒屋よりは出会いがあるはずです。 一人でカウンターに座って、少し待ってみてもいいかもしれませんね。

ラウンジで働いてみる

高級ホテルや空港のラウンジは、お金を持った人が集まりやすいです。 自ら毎日通って、ラウンジを利用するとなると多額のお金がかかってしまうので、いっそのこと働いてみるといいかもしれません。 ずっと働いていると顔見知りができたり、仲良くなれることがあるので、そのくらいの距離感になるまで働いてみるといいでしょう。 働いているときは、常に笑顔で品よく、愛人になりやすい人の特徴を思い出してみてくださいね。

飲み会に参加してみる

飲み会にもいろいろありますが、とにかくいろいろな場所に出向くことが大事です。 例えば社外の飲み会や、取引先との懇親会などがあれば積極的に参加しましょう。 どこに出会いが隠れているかはわからないので、行動することで自ら出会いを探しに行きましょう。 様々な飲み会に顔を出すことで、その時に出会いがなくても人脈が伸びるので、紹介してもらえることもあるでしょう。

パパ活サイトで探す

現在はパパ活専用のサイトやアプリがあります。 女の子と話したり、関わりたいという男性が登録をして、その中から選ぶことができます。 もちろん、全ての人がお金持ちというわけでもなければ、本当のことが書いてあるかもわかりません。 そのためサイトを利用する際には十分な注意が必要ですが、自ら足を運んで探すよりもかなり効率的でしょう。

マッチングアプリやサイトで探す

通常のマッチングアプリでもかなり年齢層が幅広く、多くの男性が登録しています。 しかし、純粋な恋愛目的で行っている場合もあるので、年齢が高いからと言って愛人になれるとは限りません。 もし、実際に会ってからもお金を渡してくれたり、ブランド品を持たせてくれても、相手があなたを愛人だと思っていない可能性もあります。 そのため、まずは人となりを知り、どのような目的でアプリを利用しているのかを知る必要があるかもしれませんね。

愛人にはデメリットも多いことを覚悟して!

働かなくてもお金がもらえたり、ブランド品を買ってくれるなら愛人になりたい! 愛はないけど、お金のために愛人になりたい。 そう考えた人も多いのではないでしょうか。 もちろん、愛人になれば不自由のない、裕福な暮らしができるかもしれません。 しかし、メリットばかりではないことを頭の片隅に入れておきましょう。 愛人となれば、周囲にバレたときに咎められるのは男性だけではありません。 奥さんやパートナーから金銭を要求されたり、裁判になることも考えられます。 そのため、もし愛人になれるときが来たとしても、一度冷静になって考えてみてくださいね。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧