失恋して朝が辛い理由と対処法。起きるのがしんどい・悲しい気持ちになる人はこれを見て

失恋した後は朝が辛い...その理由や対処法を徹底解説。 失恋後は朝起きたり、朝起きてからしんどくなってしまうことがあります。 この記事では失恋した後に朝が辛くなる原因、朝が辛い状態が続く期間、対処法や根本解決する方法などをご紹介。 是非参考にしてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 失恋して朝が辛い理由と対処法。起きるのがしんどい・悲しい気持ちになる人はこれを見て

失恋した後、朝が辛いのはなんで?

いつも当たり前だった朝のメッセージのやりとりや電話。 それがパッタリと無くなった。 そんな失恋した後の朝はすごく辛くて不安になってしまいますよね。 相手のことが大好きだったから、失恋を余計に引きずってしまうのは当たり前です。 失恋してから少し経っても朝が辛くて不安で仕方ないこともあります。 そんな失恋したばかりで辛い朝の根本的な原因や、その失恋の辛さを改善させる対処方をご紹介していきます。

失恋した後の朝の辛さはいつまで続く?

失恋から立ち直る期間は、1年以上かかる人が最も多いというデータがあります。 もちろん人それぞれ付き合っていた期間や、好きだった気持ちの深さなどによって変わってくるでしょう。 失恋から立ち直るには「当たり前に相手がいた日々」、特に1日のスタートの朝とっていたコミュニケーションなどの思い出を断ち切らなければなりません。 「失恋の朝の辛さをなくす」のには、1ヶ月から1年くらいは時間が必要となります。

失恋した後の朝が辛い理由

①眠るまでに時間がかかるなどの理由で眠りの質が低いから

夜寝ようとしてもどうしても失恋の事を思い出してしまって、眠れなくなる。 気にせず寝ようとすればするほど、自分の何がいけなかったのか、どうして失恋してしまったのかなど、「自己反省時間」のループにはまります。 そして結果的に眠れなかったり、眠りの質が低く睡眠不足になってしまう事が多いのではないでしょうか。 失恋の後にひとりで夜を過ごすのはとても辛いですよね。 しかし、寝る前は好きなことをしたり、趣味に没頭したり、または思いっきり泣いて気を紛らわせたりして、しっかり睡眠がとれるようにしましょう。

②朝起きる=辛い生活の幕開けという認識になってしまっているから

眠っている間は楽しい夢を見ているかもしれない、ふかふかのベッドで、ふわふわの毛布で心地よく眠れているかもしれない。 しかし、朝がくれば「わたし、失恋したんだった」と現実に引き戻されてしまう。 このように朝起きることが、辛い生活の幕開けという認識になってしまいます。 失恋したときのつらさがこみあげてきて、何度もフラッシュバックしてしまいますよね。 そこから抜け出すために、まず一番大切なのはやはり睡眠です。 夜しっかり眠れるように寝る前に、ストレッチや深呼吸などでリラックスして、熟睡できるよう意識していきましょう。

③自分の中で失恋した事実を受け止めきれていないから

いきなり失恋した、なんて事実を受け止めるのには少し時間がかかるのではないでしょうか。 昨日も仲良かったよね?、メッセージも電話もいつも通りだったよね?それなのにどうして……。 こんなにつらいのにあの人のいる職場に行くなんて、仕事も手につくわけないし、心が壊れてしまいそう。 朝そんなベッドの中でも、デートをした場所、共に過ごした場所が頭から離れません。 すぐにすぐ失恋の事実を受け入れることはできがたいですが、ずっと引きずっていたら新しいステキな出逢いを逃してしまうかもしれません。

毎朝、起きた時に別れた事を認識するから辛い

「付き合っていた頃は朝起きると彼(彼女)からメールがきていたんですが、朝起きてもメールがない事で、あ〜別れたんだなって実感」(26歳) 「社内恋愛だったので、どうしても顔を合わせなければいけないと考えると、別れた事を実感します」(27歳) 「半同棲のような感じだったので、朝隣にいない、違和感が失恋を実感させられますね」(29歳) 男女共通して、連絡を取り合うことにより、お互いの存在を認識しているということがあげられます。 恋人間でのメールや電話のやりとりには、そういう意味もありますよね。

ただでさえストレスが溜まっているのに仕事に行かなければいけないのがさらにストレス

「上司に気なんて遣っている余裕なんてないのに、仕事も休めないのでストレスがたまる一方です。」(24歳) 「人と接する仕事なので、落ち込んでもいられないんですよね、仕事に行きたくないです。」(25歳) 恋愛と仕事は関係ないようですが、男女問わず失恋したとなると気持ちがネガティブになるので仕事を休みたい。といった発想が生まれるんです。 確かに失恋も仕事もストレスではありますが、さすがに失恋で仕事を休むことはできませんよね。 失恋の影響を仕事に与えないようにも落ち込んではいられません。仕事に没頭すると失恋したことも忘れられるので仕事に没頭するのも良いかもしれませんね。

朝の準備とかをしている時に色々思い出してしまって辛い

「朝化粧していると、頭は考え事を始めてしまって、何を考えても失恋に結びつくんですよね。」(24歳) 「一緒にこのテレビ番組見たなとか、こんなやり取りしたなって幸せな記憶を思い出してしまって悲しくなります。」(29歳) 先にも述べましたように女性の方が男性よりも吹っ切れるのが早いものです。 しかし、女性の場合は朝の化粧の時間、男性の場合は朝のシャワーなどの時に、ついつい冷静になることができる時間ができてしまうと過去のことを思い出したりしてしまいますよね。

失恋後の朝の辛さを軽減する対処法

トリガーになって思い出してしまう行動を変える

二人で写真をとった場所、記念日にいったお店、二人にとって思い出だったものが今はもう戻らないものなので、それを受け入れましょう。 そのためにもそういうデートした場所など思い出のあるところには行かないようにしましょう。 一人でできることは読書や映画鑑賞など、また今は「一人カラオケ」「一人焼肉」などの言葉ができているように一人は自分の好きなように充実した時間を過ごせますよ。 例えば、今までの通勤ルートを通るとどうしても彼と一緒に会社に行った事を思い出してしまう。 という事も多いので今までバスで通っていたルートから、思い切って自転車を使ってみる。そうする事で、彼を思い出す風景もなくなり、彼を思い出す回数を減らす事ができます。

相手との思い出の品を処分する

一緒に使っていたおそろいのマグカップ、部屋着、好きだった音楽、写真、これらはすべて失恋のつらさを思い出すトリガーになってしまいます。 この機会に模様替えもして部屋も明るめにすると気持ちもポジティブになり早めに気持ちの整理ができるでしょう。 先ほどと同じように、彼に関する全てのもの、彼を思い出す可能性のあるものをなくしてしまえば必然的に、彼を思い出す事が少なくなるでしょう。そうする事で、自然と失恋の事を考える事もなくなり。乗り越えられるようになります。

朝起きる時間を遅刻ギリギリに設定して急いで準備をする

朝の化粧にかかる時間や着替える時間をおおよそ確認しておいて、いつもよりギリギリの時間で起きられるようにタイマーをセットしてみましょう。でも遅刻は厳禁なのであまりタイマーをかけるのを遅くしすぎないように笑 時間がギリギリ、考える暇もない!という状況になれば彼の事を思い出す事も失恋について思いを巡らせる事もなくなるでしょう。

誰か他の男性と一緒に過ごす

恋愛中はあまり交友関係ができなかった男友達を誘ってデートではなくても食事にでかけてみましょう。 自分に相性の合う人は他にもたくさんいるはずです。今まであまり深く見ていなかった異性と過ごすことで、自分の良いところや悪いところを引き出してくれたり、後に失恋で悩んでいたことがバカバカしくなるほど楽しい時間を過ごす努力をしましょう。 男の傷を癒すなら男が一番。という事で、つい失恋の事を考えそうになってしまったり、寂しさを感じそうになった時には他の男の人にその寂しさを埋めてもらいましょう。自然と彼を思い出す事も少なくなり、失恋を乗り越えられます。

失恋した朝の辛さを根本的に解決!失恋から立ち直る方法

しっかりと泣く

しっかりと泣くことは「心のデトックス」効果があると言われています。 泣いてストレス発散をする、泣いて心の痛みをいやすなど、さまざまな効果が期待できます。 なかでもオススメは「失恋ソング」を聴きながら、現在の自分とシンクロさせて思うがままに、気が済むまで泣くことです。 また、感動する映画を観たり、ドラマを観たり、漫画や小説を読んだりするのもいいですよ。 そうすることによって気分もスッキリし、心も軽くなることでしょう。

友達に相談する

女性は心の中でモヤモヤしていることを口に出し、吐き出すとスッキリすることが多いと言われています。 信頼のおける友達に相談するのもいい解決方法です。 話す内容は、何度も同じことを話さない、負の感情ばかりを話さないようにすると前向きな相談ができます。 話を聴いてもらうと、かなり気持ちが楽になりますよ。 人はひとりの時間が多いと、いつまでも失恋を引きずってしまう傾向があるので、友達の時間が許してくれる限り、相談しましょう。

共感できる曲や映像作品に触れる

共感できる曲や、映像作品に触れるのはとても効果的です。 ネットなどで「失恋から立ち直るための曲」とか、「失恋に前向きになれる映画」など検索してみるといいでしょう。 たくさん作品があるので、きっとあなたの背中を押してくれる作品に出逢えます。 そんな作品に感情移入して、さまざまな感情を感じてもらえたらいいですね。 参考までに、動画サイトで再生回数が最も多いのは「One more time,One more chance/山崎まさよし」です。

SNSで見ないようにする

SNSで見ないようにするのは「失恋断捨離」の基本です。 むしろ、SNSはブロックや削除をし、思い出してしまうアイテムや、電話番号なども削除をしましょう。 そうしないと気になってしょうがなく、またループになり悪循環が生じます。 また、仲が良かった頃のSNSの投稿などみても今はまだつらいだけです。 SNSで失恋を思い出して、これ以上傷つくのはやめませんか? 「失恋断捨離」をして早めに「過去」にできるように心がけましょう。

忙しくする

忙しくすることも手っ取り早いいい対処法です。 手っ取り早く忙しくするには仕事や、趣味、スポーツ、習い事など。 忙しく目の前のことに集中していれば、失恋のことは考える暇もないはずです。 仕事やスポーツ、習い事であれば、コツコツ成功体験をつめ、「達成感」を味わえますし、趣味はひたすら楽しく没頭できます。 毎日忙しく過ごしていくと、失恋の傷も徐々に薄れていくことでしょう。 その先には新しい自分が待っています。

まとめ

失恋の対処法はあまりそのことに関して考えすぎないことです。 なんなら失恋のことを考える時間がないほど、他に熱中できるものを見つけて没頭してみるのも一つの手ですよ。 男女問わず失恋はとても切なく辛いものですが、今回の失恋を生かして新しい恋愛のスタートが切れると良いですね。 ぜひ今回の記事も参考にしてみてくださいね。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い