不倫での復縁結婚はリスクも多い!?復縁結婚を目指す方法や注意点を解説

不倫での復縁結婚はリスクも多いです、それでも不倫からの復縁結婚を果敢に目指すという方に向けて、不倫復縁の手順や、不倫復縁のその後の結婚に至る間に注意すべき点や。絶対にしないでほしいNG行動、結婚を目指すならばすべき行動などを端的にご紹介いたします。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 不倫での復縁結婚はリスクも多い!?復縁結婚を目指す方法や注意点を解説
復縁の悩みは人によって様々。 ・彼と復縁できる気がしない... ・彼とはどうすれば復縁できる? ・新しい恋と復縁、どちらを選ぶべき? ・連絡すら取れない...どうすればいい? ・すでに彼には他に好きな人がいる? ・待ち続けても良いの? 辛い事も多いのが復縁。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 そういった復縁の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

不倫相手がどうしても気になる!ただ復縁結婚はいばらの道!?

不倫の関係だった二人が一旦別れた後に復縁するのは、正直よくある話です。 でもそこから結婚となると、正直なところ乗り越えなくてはならない壁がたくさんあります。 例えば肉体関係を伴う不倫は、不貞行為として民法上の「不法行為」(根拠:民法709条)に該当する可能性がありますので、場合によっては法律家を交えて法的に争うことにもなりかねません。 不倫からの復縁結婚は控えめに言ってもいばらの道ですが、それでも結婚しようと決心した場合には、絶対にすべき行動があります。 そこでこの記事では、どのような行動が必要なのかを具体的にお伝えします。

不倫相手との復縁結婚は可能なのか?

不倫復縁後の結婚には複数のパターンが存在します。 パターン1)両方ともに既婚者であるいわゆるダブル不倫で復縁して結婚を望んで結婚する場合 パターン2)相手が未婚、自分が既婚者で既婚者側が配偶者と別れたうえで不倫相手と再婚したいと望んで結婚する場合。 パターン3)自分が未婚、相手が既婚者で相手の配偶者を離婚させたうえで、自分が再婚したいと望んで結婚する場合。 どの場合も現実的にはかなり難しく、相当な覚悟と的確な行動が必要になる場合が多いです。 不可能ではありませんが、本当に難しいということはどうかご理解ください。

不倫相手と復縁して結婚したい!考えておくべきリスク

最初から厳しいことを申し上げますが、不倫からの復縁結婚を目指す場合には常に4つのリスクをはらんでいます。 この先の記事で、リスクについて詳しくご紹介していきます。

相手の配偶者(夫・妻)にバレると大きなトラブルになる

不倫からの復縁結婚を目指す場合に多い行動は、既婚者側(場合によっては両方)が交際相手の存在を隠したうえで離婚をして、そのうえで交際相手との再婚を目指すというものです。 この場合、配偶者がすんなり離婚に応じてくれる場合は問題ないのですが、すんなり離婚に応じてくれる状況はほぼないと思ってください。 特にお子さんがいる場合には、すんなり離婚とは事が運ぶことはまずありえませんし、親権の問題や養育費の問題も発生します。 離婚するだけでも大騒ぎになるのに、そこに不倫相手の存在があると分かったのなら、間違いなく大きなトラブルに発展することは回避できません。

慰謝料請求される可能性もある

不倫が相手の配偶者にバレた場合、配偶者によっては不倫相手に慰謝料請求をしてくる場合があります。 「不倫 慰謝料」で検索するといくつもの法律事務所のサイトが上がってきます。 この記事を書かせていただくにあたり、法律事務所のサイトをいくつか見たのですが、慰謝料の額は法的に決まっているわけではなく、個々の状況や不倫の期間によって変わってくるそうです。 ただ、断言できるのは「どのような場合でも慰謝料はかなりの高額」になります。 極秘裏に離婚再婚を進めることに失敗して不倫が明るみに出た場合は、慰謝料請求があることは肝に銘じておいてください。

不倫からの復縁結婚は相手の気持ちが必須

これは本当に切ない問題で、自分は相手と結婚したいと思っていても、相手は実はそうではないかもしれません。 二人で会っているときは、「君が一番」と言ってくれる相手も、帰っていく先は本来の自分の家庭です。 「妻とは別れて君と結婚する」と言われ続けて早何年…という悲劇のような話は、残念ですが世の中にあふれかえっています。 これはいつの時代の人も抱える問題のようで、平安時代にはすでに「和泉式部日記(和泉式部による平安時代的不倫指南書と著者は解釈しています)」で、身分違いの彼が本妻と別れて自分と結婚してくれない苦しさが書き綴られています。 不倫からの復縁結婚には相手の気持ちが必須であることは、いつの時代も変わりません…令和の世であったとしても変わりません。

相手の行動力がカギを握る

相手が既婚者である場合は、相手が離婚しないと結婚はできません。 日本では重婚は認められていないからです。 (根拠:「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない」(民法732条)) 結婚しようと約束するも、相手に行動力がない場合はその約束は悲しいですがその約束は口約束に終わります。 もし本当に不倫から復縁して結婚がしたいのであれば、相手の行動を促すような状況を作りましょう。 つまりは相手の行動力が成功のカギを握っているといえます。

不倫からの復縁結婚を成就させたい!叶えるために必要な方法・行動とは?

どうしても不倫相手と復縁したうえで結婚したい、そのためならどんなにつらくても耐える…その覚悟があるということであれば、この先にご紹介する内容を精読したうえで行動するようになさってください。 では、この先の記事で、「どうしても不倫復縁・結婚をしたい人」が取るべき行動について詳しく解説をしていきます。

相手の気持ちをしっかりと固めてもらう

ピロートークでは二人で密会している雰囲気も手伝って、甘い言葉が頻発します。 著者も若気の至りで図らずも既婚者と交際した経験があるため、どれほどその言葉たちが甘いのかは痛いほどわかります。 ただその甘い言葉は、本当に「真に受けていい言葉なのかどうか」を、つらいかもしれませんが今一度よく考えてみてください。 雰囲気に流されて、もしくは自分の状況に酔って(←不倫する方にこのタイプは多いですから要注意です)ポロリと口から出た戯言なのか、本心なのか、よくよく考えてみてください。 不倫相手の本心を確かめるリトマス試験紙的な行動をお伝えします。 結果的に関係が崩壊するかもしれませんが、発言の真偽を確かめたいなら試す価値ありです。 方法は簡単です。 相手の勤務時間内に、「この前言った結婚しようって言葉、真に受けていいんだよね…私は本気だよ」と携帯電話の留守電に伝言してください。 相手が慌てだしたり無視したりするようであれば、残念ですが相手の意思は全然固まっていません。 相手が肯定的な言葉をくれた場合は、「確定検査」としての次の行動に移ります。 悲しいのですが、ここで相手の役者級の芝居を信用して何年も待ってしまう人が何人もいるからです。 これも方法は簡単です。 これはメールでも留守電でも対面でもいいのですが、「念のために、さっきと同じメッセージをあなたの家の留守電に入れたいんだけど」と言ってみてください。 ただし言うだけです…間違っても絶対にやらないでくださいね。 こちらの存在を相手の配偶者にさらす行動は相手の離婚の妨げになるだけなので。 ただしこれで相手の気持ちはほぼ確実に揺らぎますので、あとはそのあとの相手の出方を待ってください。 相手が本気なら、意思が固まります。 相手が本気でない場合はスルーされるか、別れを切り出されます。 怖いかもしれませんが試してみてください。 著者はこの行動で修羅場を迎えました。 恥ずかしながら自分の過去をweb上にさらします…この経験がどなたかのご参考になれば幸いです。 私は相手が既婚者とは知らずに、その男性と交際していました。 その男性には私が大学を卒業してしばらくしたら結婚したいね、二人の子供ってどんな顔かな、などとよく言われていました。 就職を間近に控えていた私は、結婚するなら転勤のない部署がいいかなあ、などど呑気に考えていて、何気なく彼の留守番電話に先述のメッセージを残しました。 ところがそこから彼と連絡がつかなくなりました。 彼とは連絡がつかないことはたびたびあったため(今思えば当然ですね…家庭があったわけですから)忙しいのかな、ぐらいに思っていたある日、全然知らない若い女性が私の部屋の前にいました。 その女の人はいきなり、自分も私の交際相手と数年付き合っていて、しかもその交際相手は既婚者だ、あんた騙されてるよ、と言い放ちました。 その言葉の衝撃があまりにも強すぎて、訳が分からなくなりました。 若気の至りで私はその場で誤って彼の「家電」に電話をしてしまい、その電話は運悪く彼の奥様がとりました。 興奮していた私は一気に電話口でまくしたてましたので、結果的に彼の奥様にも私(ともう一人)のことが知れてしまいました。 その後私は奥様に呼び出される形で、彼・奥様・私の三者面談という場を迎えました。 彼の奥様は妊娠中でした。 誘ってきたのは相手なのに、悪いのは私?と奥様に怒鳴り散らしたことを覚えています。 奥様は気の強い女性だったと思いますので、しばらく怒鳴り合いが続きました。 私を「どんな時でも守ってくれる」はずの彼は、私を守ってはくれませんでした。 結果私は学生だったということもあり、慰謝料などは請求されませんでしたが、彼に二度と会わないという念書を書かされました。 今思えば、この奥様はかなり寛容な方だったと思います…私の親に知らせることも、大学に知らせることも、法律家に相談することもなさいませんでした。 奥様なりに私の未来に配慮してくださったのだと思います。 こんな結末を皆様には迎えていただきたくはありません。 長くなってしまいましたがどうか今一度、お二人の関係性をしっかり考えてみてください。

相手の意思が固まった場合には電話やメール・面会は極力最小限にする

相手の意思が固まり、相手の配偶者との離婚に向けて進みだした場合には、離婚が成立するまでは連絡は最低限にしてください。 相手の離婚が「不倫」の末であったと認められた場合には、相手の離婚の条件が一気に不利になることがあるからです。 なぜなら不倫は先述のとおり不貞行為として民法上の「不法行為」(根拠:民法709条)に該当する可能性があるからです。 泥沼離婚劇や慰謝料請求を回避したいのであれば、隠密裏に離婚を成立してほしいものです。 自分の存在が相手の配偶者に知れることを回避するためにも、連絡は最低限にとどめてください。

情を挟まない

やると決めたら情を挟まないでやり抜いてください。 どうか「都合のいい相手」にだけはならないでください。 相手に子どもがいる家庭の場合、家庭を壊してはかわいそうだ、とどうしても情を挟んでしまう人がいます。 結果、相手とは別れられない、でも相手の家庭を壊したくないから気を付けて密会…気が付けば立派な「日陰の身」です。 本当によくあるのが「子供が成人したら配偶者とは別れる」という約束ですが、その約束が履行されるときに、自分は果たして何歳なのかよく考えてください。 待ったところでその約束が履行されるとは限りません。 次は「妻の病気」「親の介護」など、離婚できない理由がどんどん出てくるのが関の山です。 このような悲しい「待ち続ける人」にはならないでください。 厳しいことを言いますが、中途半端な気持ちでは何もかもうまくいきません。 やるなら情を挟まないで徹底的に行動してください。 それができないなら、悲しいですが身を引くべき時期なのかもしれません。

不倫している側の状況を随時分かるようにする

連絡は最低限にしてくださいと先述しました。 相手の状況を理解するための連絡は、最低限の連絡に入ります。 相手の状況を理解することでどのような動きをしたらいいのか考えることができやすいです。 この場合、二人だけの連絡手段を必ず確保しましょう。 この場合スマホのLINEは危険です。 二人で共用できるなにか別の手段を考えてください。

無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

離婚の話を進めてもらう

不倫の場合、相手が離婚しないことには再婚はできません。 相手の意思が固まったのであれば、状を挟まないで離婚の話を進めてもらってください。 離婚前提に別居する場合には婚姻費用が発生することや、お子様がいる場合には養育費の負担が離婚後も続くことは覚悟してください。 その際、適切な行動がとれるように進捗状況は逐次報告してもらうようにしましょう。

探偵事務所を利用する

状況によっては探偵事務所の利用も考えてください。 相手の情報収集はなかなか難しいです。 相手の離婚の話し合いがなかなかうまく進まなくて、離婚を進めるための決定打などが欲しい場合は探偵事務所などを利用することも考えてもいいかもしれません。 「離婚 探偵」で検索するとたくさんの探偵事務所の宣伝が出てきますので、料金やできることなどを確認してみてください。

別れさせ屋・復縁屋を利用する

これはもう本当に最後の最後の手段です。 相手には全く非がない、離婚する気も理由もない場合には利用を検討してください。 ただし依頼する業者はよく選定してください。 依頼金額も高額になりますし、別れさせ屋等を利用しても必ずうまくいくとは限らないからです。

不倫相手が復縁を求めている!?希望が見える4つのサイン

不倫で別れたけれど、やっぱり諦められない…どうしても復縁したい。 相手の気持ちが分かればいいのにと思ったことのある方は多いはずです。 そこでこの章では、相手に好意があり復縁が可能である場合の行動をお伝えします。

自分から連絡をしてこないが返信はすぐに返ってくる

これは確実に脈ありです。 不倫が相手の家族にバレて別れている場合は、家族の目があるため、正直なところ自分から発信できないことも多いです。 でも連絡を取りたい、可能なら再会したいと相手が感じている場合は、連絡をすればすぐに返信が返ってくることが多いです。 相手に好意がなければ、すぐに返信はしませんので。

連絡の内容が長文で高頻度に返ってくる

連絡した際の返事が、まあ、とか、うん、そう、などの短文が多い場合には適当に連絡をしている可能性もあります。 しかし内容が長文で高頻度で返ってくる場合は、しっかりと考えて返事を送ってくれているのは確実なので、復縁の可能性が見えてきます。 これも、相手に好意がなければ長文での返信はしません。

SNSで一人で居ることをアピールしてくる

一人でいるアピールはかまってちゃん気質の方に多いです。 一人だよ、さみしいよ、今なら連絡してきていいよ、と相手に伝えたくてそのようなアピールをしていますので、この場合も復縁の兆しととらえて大丈夫です。 連絡を入れてみてください…おそらくすぐに連絡のやり取りが再開しますので。

自分の予定を自ら話してくる

定期的に連絡を取り合えている二人の場合、相手がわかりやすく自分の予定を伝えてくる場合は「密会のお誘い」だと考えてください。 この場合も復縁は、あからさまにもう目の前です。 何の意図もなく自分の都合や予定を公開するのは総理大臣ぐらいです(総理大臣の動きは新聞に載っています)から、予定を公開してきたということはイコールお誘いととらえて問題ありません。 ぜひ行動してみてください。

惑わされないで!不倫復縁から結婚を目指す際に最も気を付けるべき言葉

「もうすぐ配偶者と別れる」という言葉は簡単に信用してはいけません。 これは不倫常習者の決まり文句です。 先述しましたが、この言葉を信じて何年も待ってしまう人がたくさんいます。 いたずらに年を重ねてしまうことを避けるためにも、相手がしっかりと行動をしているのかを探ったうえで、こちらも状況に応じて適切に行動することをお勧めします。

不倫復縁から結婚までに気を付けたい!4つのNG行動

不倫して別れて復縁したうえで結婚すると決めた場合に、絶対にしないでほしいNG行動があります。 4つのNG行動をご紹介しますので、これだけは絶対にしないでください。 この行動をとってしまうと、確実に結婚から遠ざかります。

自分ばかり大変だと相手を責めない

これから離婚する相手を責めてしまうと相手の気持ちが折れてしまいます。 普通に離婚するときでさえ離婚にはかなりのエネルギーが必要です。 それなのにさらに責められて相手のエネルギーを奪ってしまうと、復縁結婚に対する気持ちが冷めてしまう可能性が高いばかりでなく、相手がほかの相手に走ってしまうことにもつながります。 ちなみに先述の私のケースでは、不倫相手(私の前に現れた女性)に奥さんとの離婚と彼女との結婚を迫られていた彼が、彼女から逃げたくて私と交際を始めてしまったことが後に明かされました。 悲劇を拡大しないためにも責め立てたい気持ちはわかりますが、ここはぐっと我慢して下さい。

相手を嫉妬させようとする

不倫の場合限定ですが、相手を嫉妬させる作戦はほぼ間違いなくうまくいきません。 なぜなら相手はすでに既婚者だからです。 既婚者で恋愛をしようとする人は間違いなく「本当は面倒なことが嫌い」です…だからこそ不倫という中途半端な関係になっていますので。 相手を嫉妬させようとすると、面倒に感じられてしまい結果的に疎遠になることが多いですから、おすすめしません。 むしろ相手の気持ちが冷めるだけです。

相手が困る時間帯に連絡をする

これは先述の私の例で図らずも私がやったことです。 相手が家庭持ちの場合は連絡をしていい時間と連絡してはいけない時間があります。 そのあたりはしっかりと理解するようにしましょう。 相手の家庭をぶち壊し、訴訟上等、修羅場上等で家族から相手を奪い取る覚悟があるなら構いませんが、そうでないなら避けるべきです。 私のように相手の配偶者に知れたら、待っているのは修羅場です。

直接家に行って困らせる

これも絶対にやめてください。 復縁結婚したいという気持ちから直接家に行く人もいますが、トラブルを招くだけです。 これも相手の家庭をぶち壊し、訴訟上等、修羅場上等で家族から相手を奪い取る覚悟があるなら構いませんが、そうでないなら避けるべきです。 確実に修羅場になります。 そして知っていてほしいのは、日本の法律では配偶者の権利は圧倒的に強いということです。 何度もお伝えしますが、不倫が相手に認知されてしまうと不貞行為として民法上の「不法行為」(根拠:民法709条)に該当する可能性があり、場合によっては法律家を交えて法的に争うことにもなりかねません。 相手を困らせても不倫の場合は事は有利に運びません。 むしろ自分の首を絞める結果になりますので絶対にやめてくださいね。

まとめ

厳しいことばかりお伝えしたように思います。 でもどうしてもお伝えしたかったのは不倫相手との復縁・結婚は難易度が高く、修羅の道であることです。 また、浮気からの復縁関連の記事でもお伝えしましたが、不倫する人は残念ながら繰り返す傾向があります。 著者の件の彼は、数年後に奥様と離婚しました。 理由は彼の不倫だそうです。 なぜ私がそれを知っているかというと、件の彼から数年後に連絡がきたからです。 その彼は作家になれば?と思うほどに言葉選びのうまい男性でしたので、当時の私が婚約中でなければおそらくその甘い言葉にフラフラと吸い寄せられていたと思います。 ただ私は連絡を返しませんでした。 今でも賢明な判断だったと自負しています。 それでも復縁したい、結婚したいという意思が固まっているのであればもう応援するしかありません。 どうかその不倫復縁結婚が首尾よく進み、結果的に幸せなものになりますように、心よりお祈りいたします。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い