復縁結婚できる確率は?成功したカップルの特徴やよりを戻すきっかけを紹介

復縁結婚する確率は10%程度とかなり高く、誰でも可能です。 復縁して結婚するカップルのきっかけや共通点、離婚率、復縁結婚を目指す場合の冷却期間など復縁して結婚する方法について詳しく解説。 この記事を参考に幸せな復縁結婚を叶えてください!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 復縁結婚できる確率は?成功したカップルの特徴やよりを戻すきっかけを紹介

復縁後に結婚している人は予想よりも多い?確率や復縁結婚を成功させるコツとは

「復縁して結婚なんて無理でしょ...」 実は別れた後に元彼や元カノと復縁して結婚したいと思っている人は実はかなり多いです。 「今あの人と付き合ってたら結婚するのに」 「あの時別れなければ良かった...」 そう思うのは実は男女共に同じ!復縁の結婚はかなり叶えやすいんです。 復縁後に結婚しやすい理由は大きく3つ。 1.別れた後に相手の大切さが分かるから 2.復縁してからの居心地が良いから 3.そもそも復縁するなら結婚前提で...というケースが多いから 意外に芸能人でも復縁結婚しているカップルは多く ・田村淳さん&一般女性 ・井ノ原快彦さん&瀬戸朝香さん ・小栗旬さん&山田優さん などは復縁結婚カップルです。 忘れられない相手と復縁したいし、できるなら結婚もしたい.... そんな風に思っている人はぜひ参考にしてくださいね。 きっと復縁結婚に自信が持てるはず!

復縁後に結婚する確率は?

復縁して結婚する確率は約10%です。 カップルが別れた後に復縁する確率が33%で、復縁後に交際を継続する人は約75%。 さらに交際継続中の男女のうち、33%が結婚をします。 つまり復縁結婚の確率は別れたカップル全体の約10%となります。 復縁して結婚するカップルは意外と多いと思いませんか? 理由としては 「別れてから相性の良さを再確認した」 「二人とも大人になってて一緒に過ごせていけそうだと思った」 「嫌いになって別れたわけではなかったから」 などが多く、お互いに前向きな気持ちで再会できれば復縁結婚はとても難しい...というわけではないのです。 そして、実は復縁後の離婚率もとても低いので、「復縁結婚は幸せな結婚になる確率が高い」と言うこともできます! ※調査は2018年に実施 めちゃコミック会員男女2067名が対象 ※元データは下記リンクより確認できます

復縁結婚につながるきっかけ

復縁結婚するどんなカップルにも「復縁しよう」と思ったきっかけがあります。 そこで、まずは復縁する「きっかけ」についてご紹介。 復縁結婚を叶えるファーストステップになるので、是非参考にしてくださいね。

存在の大きさに気がついた

最も復縁のきっかけとして多いのが、別れてから相手の存在の大切さや存在の大きさに気付いて復縁...というパターン。 「あの時こうしておけば良かった...」という後悔から相手に対して未練を持っている事が多いです。 例えば喧嘩別れや感情的になって迷惑をかけてしまった...というケースでは、相手側も自分を責めていたり後悔しているパターンが多いので、一度連絡してみるといいでしょう。

SNSを通して

SNSが復縁のきっかけになるのも良くある復縁結婚のきっかけです。 ふとした時に元彼や元カノのSNSを覗きたくなる時は誰にでもあるものですが、楽しそうにしている姿を見て魅力を感じて連絡したり、逆に投稿している内容に元気が無く心配になって連絡.... こういったケースは実に多いです。 復縁結婚したい場合はSNSの投稿が思わぬ連絡のきっかけになるので、鍵はかけない方が良いでしょう。

街角でばったり再会

同じ地元のカップルが帰省の際にばったり再会したり、街を歩いていてばったり再会するのは復縁のよくあるパターンです。 偶然の出会いは、お互いに運命を感じやすいですよね!復縁結婚に繋がりやすい事も共感できます。 また、地元が同じで無くても同じ趣味を持ったカップルはばったり再会しやすいです。 例えばスポーツ観戦やライブに出かけた時にばったり会って連絡、そのまま復縁...というのは意外と起きます!

友人の結婚式を通して

共通の友人がいる場合や、過去に同じ職場や大学だったカップルで起きやすいきっかけが「友人の結婚式」です。 また、同窓会や忘年会などの食事会も似たケースです。 久々に会って話す時間が長く取れるからこそ、昔の話をして付き合っていた頃の思い出が蘇ったり、今の話をして現状に共感できたりすることから復縁のきっかけになります。 また結婚式や食事会の場がきっかけになる場合は、自然と楽しい雰囲気で再会できるのも復縁につながりやすいポイントになります。

復縁結婚につながるカップルの特徴8選

復縁して結婚するカップルには以下で紹介する共通した特徴があります。 復縁だけなら一時の感情で出来ますが、結婚となると現実的な問題も色々と出てきますよね... ポイントは 1.相手と良い関係を続ける感情面 2.お金や時間などの結婚を叶えていく現実面 この2つが揃っていると復縁後の結婚が叶えやすいです。 どうすれば復縁してから結婚するカップルになれるのか? 復縁しても結婚しないカップルもいる中で復縁結婚するカップルはどのような特徴があるのか? などについて詳しく見ていきましょう!

お互いを尊重し合う

復縁して結婚するカップルの特徴の一つ目が、「お互いを尊重できる」事です。 復縁したとしても以前とは状況も変わっています。 特に年数が経っていれば尚更、価値観だって誰しも多少は変わります。 そういった変化を受け入れたり、時には自分が我慢して相手を尊重する事は復縁結婚する上でとても大切なポイントです。 相手のことを尊重してうまくやっていけるカップルが結婚できますし、復縁結婚後も幸せに暮らしていけるカップルと言えるでしょう。

2人だけの時間だけでなくお互いの時間も大切にする

カップル二人の時間はとても大事ですが、常に二人で一緒にいたり、相手に構って欲しいあまり自分にだけ時間を使わせるのは相手の息が詰まって関係の悪化を招きます。 相手の時間を大切にすることは、復縁する前の段階でも重要ですし、復縁後・結婚後もお互いに好きという気持ちを持ち続けるためにとても大事な要素です。

別れた原因をお互い改善できている

復縁して結婚するカップルのほぼ全員に当てはまる特徴が「別れた原因をお互い改善できていること」です。 逆に復縁しても結婚しないカップルは別れた原因が解決していないから別れる...というパターンが最も多く、復縁結婚を目指すなら必須の項目になります。 別れてから時間が経っていれば自然と別れてしまった原因が解決できている事も多いですが、別れてから1~2年のカップルなどであれば要注意。 自分だけでも前回別れてしまった原因を直して復縁することで、2回目・3回目の別れを防ぎ結婚する可能性が高まります。

お互いの短所を受け入れている

最初に紹介した「お互いを尊重すること」と近いですが、お互いの短所を受け入れているかどうかは復縁後に結婚するカップルが共通して持っている特徴です。 復縁カップルの場合は「過去の相手を美化」してしまっていることもあります。 いい意味で相手に対して期待しすぎず、相手の欠点を受け入れ、自分の欠点も受け入れてもらうくらいの感じのカップルが復縁後に結婚しやすいでしょう。

相手の大切さを理解している

復縁後に相手の大切さを忘れないのも結婚するカップルの特徴です。 復縁したタイミングでは相手の大切さを噛み締めているはずなのに、復縁して結婚が現実的な話になってきて段々と相手の嫌なところが目についてきてしまって相手の大切さを忘れてしまう...というのは復縁カップルが別れるパターンとしてあるあるです。 復縁してからも復縁したいと思っていた頃の気持ちを忘れないようにしましょう。 それを忘れないカップルは復縁後に結婚しやすいです。

2人だけのルールができている

こちらは別れた原因の改善ができている、と少しかぶる部分がありますが、付き合っていく上でのルールがあることも復縁後に結婚できるカップルの特徴です。 別れてしまった原因が性格などに問題がある場合だと中々改善も難しいです。 そんな時に役に立つのがルール。 例えば「怒ってる時は口に出さずにLINEで伝える」などのルールがあると口喧嘩が多いカップルであれば大きな喧嘩にならずに済んだりします。 復縁後も結婚まで順調に交際を続けるためにも重要なポイントです。

2人の共通の趣味がある

「夫婦は会話が無くなったら終わり」とよく言われますが、カップルにおいても会話が無くなってくると一緒にいるのが辛い関係になってしまいますよね。 共通の趣味があって「何も無い時間を楽しく会話して過ごせるから」こそ自然と結婚しても楽しく暮らしていけるイメージがお互いに湧いてきます。

将来に対する貯金ができている

カップルの時以上に、結婚するとなると経済面が気になるのは男女共に同じです。 女性側が貯金をしているだけでも、男性側からすれば「この人にお財布を任せても大丈夫そう」という安心感に繋がりますし、結婚した後に経済面で失敗する怖さを打ち消してくれます。 また、貯金があれば復縁する時に「半年付き合ったら結婚しよう」などの約束も言葉だけでなく具体的なプランとして結婚前提で復縁ができますよね。 なので貯金ができている復縁カップルは復縁しやすいと言えるでしょう。

復縁結婚を成功させるために必要なコツ

結婚をする前に復縁をする必要がありますよね。 ただ、結婚に繋がる復縁を叶えるためには注意が必要! ここではそのコツを過去にMIRORが実施したアンケートの結果も交えながらお伝えしていきます。

別れた原因をしっかりと理解して改善する

別れた後にただただ悲しんでるだけでなく、まずは別れたことを受け入れてその後自分の悪かったところを直していた人ほど復縁は成功します。 更に...復縁に成功するだけでなく相手にもその成長が見えるので結婚まで繋がりやすいです。 自分が悪かったところは素直に認める。 相手が悪かったところは自分を責めすぎずに相手が悪いときっぱり割り切る。 「大人になっている」という感情が相手に生まれると対等な関係として復縁・結婚に向かっていきやすいので自分の反省と、そこから自分を見つめ直して成長するための努力をしましょう。

冷却期間をしっかり設ける

MIRORが2018年に実施したアンケートでは 「復縁結婚したカップルの80%以上が2ヶ月以上の冷却期間を設けている」というデータが明らかになっています。 逆に冷却期間が2ヶ月以内のカップルはそもそも復縁が失敗するか、復縁しても結婚せず別れる、というケースがほとんどでした。 冷却期間を持つことでお互いに人間として成長できますし、仕事の問題で別れてしまった...などの原因も解決する事が多いです。 復縁結婚をするなら必ず冷却期間を設けましょう。

自分磨きができている

復縁をするために必ずやって欲しいのが自分磨き。 外見を磨くことでSNS経由で元カレ・元カノから連絡をもらえる可能性が高くなりますし、 内面を磨くことで実際に会った時に復縁できる可能性が高くなります。 特に、別れた原因を直したり、そこから更に人間的に成長する事は相手から「以前よりも魅力的」と思ってもらえて復縁できる決定打になるので日々の仕事を頑張ったりすることで自分の人間性を磨いていきましょう!

友達関係を築けている

いきなり付き合わずに、友達関係を築いておくことも復縁結婚をする上で重要なポイントになります。 友達関係としてお互いの近況を知っているくらいの関係性だと自然と会う機会も増えますし、近況を知っているからこそお互いの成長を実感できます。 ちなみに、過去にMIRORが実施したアンケートでは、復縁結婚したカップルの50%が「復縁する前に友達関係だったことから復縁した」と回答しています。 久々に会ってすぐに復縁!というイメージが湧かない人は友達関係に戻って長くゆるく付き合うことをおすすめします。

連絡で重さを見せない

連絡で重さを見せないことで友達関係を作りやすくなったり、相手から避けられる事態を防ぐ事ができます。 重い連絡や好きな気持ちが滲み出ている連絡、過去の話を蒸し返すような連絡は相手からすると「返しづらい...」となってしまいがちです。 基本的に復縁したい相手とは重くない連絡を楽しく続ける事を目標にしましょう! また「あなたしかいない」という感じで復縁してしまうと、復縁後に対等な関係になりづらく、どうしても「あなたが言うから復縁した」といったパワーバランスが相手に傾く関係になりがちです。 復縁結婚をするのであれば、相手のために我慢したり遠慮したりしない関係を作るためにも、思い気持ちや好きな気持ちは胸にしまっておきましょう。

復縁結婚するまでに必要な冷却期間の目安とは?

復縁結婚には冷却期間を設けるべきですが、どのくらい設けるべき?という部分をパターン別にご紹介します。

相手に振られた場合の目安

振られた理由を自分の中に落としこみ、その部分を改善する時間がどうしても必要です。 また、「振られた」ことを受け止めて、再挑戦するエネルギーを蓄えるには、どうしても時間が必要...! 振られた場合には、最低でも ・女性は2ヶ月以上 ・男性は3ヶ月以上 を目安にしましょう。

自分が振った場合の目安

振られた場合と比べると冷却期間は短くてOKですが、1ヶ月程度で復縁を迫ると相手からしても「振り回さないで欲しい」「せっかく気持ちが変わってきたのに」などのように不快に思われる可能性もあります。 自分から振った場合は ・女性は1ヶ月以上 ・男性は2ヶ月以上 を目安にしましょう。

喧嘩別れをした場合の目安

言い争いや価値観の違いなどから喧嘩別れをしてしまった場合はお互いに冷静でなかっただけ、という可能性もあるので冷却期間は男女共に1ヶ月以上冷却期間があれば問題ありません。 ただし、浮気や借金などの大きな問題で喧嘩別れをした場合は相手から信頼してもらえない可能性が高いです。 反省したことや原因を改善した事を分かってもらうためにも、半年以上の冷却期間を設けましょう。

多忙・長距離恋愛が原因で別れた場合の目安

遠距離や時間が取れないことで別れたパターンの場合は「お互いに嫌いで別れたわけではない」のであれば冷却期間は2ヶ月以上あれば問題ありません。 ただし、復縁する上で根本的な別れた原因の解決が難しいので、こういった場合ではすぐに復縁を迫らずに友達関係を続けながら別れた原因の解決ができたタイミングで復縁結婚に向けて動き出しましょう。

相手に好きな異性・交際相手がいる場合の目安

他に好きな人ができて別れてしまった場合や、元彼に別れてから新しく交際相手がいる場合は冷却期間はあまり関係ありません。 「冷却期間」という意味合いよりも相手が交際が上手くいかなくなったり、好きな気持ちが薄れてくるタイミングである2~3ヶ月頃を狙って復縁に向けて動き出すのがおすすめです。

復縁からの結婚で幸せをつかみましょう!

復縁して結婚するまでの道のりは簡単ではありませんが、実は誰にでもできることです。 あとはそれに向けて頑張れるかどうか! 自分を変える事は大変な事ですが、成長したあなたを見てきっと元彼や元カノもあなたとの結婚を真剣に考えてくれるはず。 この記事を参考に幸せな復縁結婚を叶えてくださいね!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い