不倫相手と復縁結婚したい!どのような行動を取る必要があるの?

不倫相手と復縁結婚を叶えるのはかなりハードルの高い願いです。しかし不可能ではありません。 不倫から復縁結婚したい場合に、どのような行動をとればいいのかを、具体的に解説。 法律上の注意点なども盛り込んでいますので、是非参考にしてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 不倫相手と復縁結婚したい!どのような行動を取る必要があるの?
復縁の悩みは人によって様々。 ・彼と復縁できる気がしない... ・彼とはどうすれば復縁できる? ・新しい恋と復縁、どちらを選ぶべき? ・連絡すら取れない...どうすればいい? ・すでに彼には他に好きな人がいる? ・待ち続けても良いの? 辛い事も多いのが復縁。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 そういった復縁の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

不倫相手との復縁結婚は難しい?叶えることができる?

冒頭から厳しいことをお伝えしますが不倫相手との復縁結婚は正直かなり難しく、一筋縄ではいきません。 しかし、不可能ではないのは確かです。 実際に筆者の周りの女友達にも不倫関係だった彼と別れて、その後復縁して結婚した事例をいくつか知っています。 意外と世の中よくあることなのです。 不倫相手と復縁して結婚したい…その場合には、どのような行動を取っていくことが必要なのかをこの記事では中心にお伝えしていきます。

不倫相手と復縁できれば結婚できる可能性も高いの?

不倫の関係だった二人が一旦別れた後に復縁するのは、正直よくある話です。 でもそこから結婚となると、正直なところ乗り越えなくてはならない壁がたくさんあります。 そんなことは知ってるよ!と言われそうなのを覚悟で言わせていただければ、不倫相手が元の家庭との縁を断ってくれる場合には復縁結婚ができやすいのは事実ですし、それができない相手の場合は復縁結婚は難しいと考えてください。 ただし、復縁結婚してしばらくすると、今度は自分が元奥様の立場になるということも絶対に起こりえないとは言い切れません。 また、不倫相手の親類縁者たちは元奥様を知っていますので、親類縁者から評判のいい元奥様だった場合は、元奥様を追い出した立場の女性である自分に対する親類縁者の風当たりがきつくなる事に対しては相当な覚悟が必要ですし、それが理由でせっかく結婚したのに離婚を選ぶ場合があるのは事実です。 そのような様々な事柄を覚悟した上で決断するのが不倫復縁結婚であることはどうかご理解ください。

不倫後相手と復縁結婚をしたい場合に必要な心構え

冒頭でもお伝えしましたが、不倫復縁結婚を願う場合には相当な覚悟が必要です。 それでも結婚をすると覚悟を決めた場合に必要な心構えについてこの先の記事でご紹介します。

不倫相手に家庭を放棄する覚悟を決めてもらう

不倫相手と一緒になるためには言い方は厳しいですが、今の家庭を捨ててもらうことが必要です。 捨てるといっても家庭はモノではありませんから法的な手続きが必要ですし、お相手に未成年のお子さんがいる場合には離婚後の養育費の支払いや面会交流などもありますので、子供の親である限り元奥様との縁が完全に切れるわけではありません。 相手の覚悟が決まっているようであれば、早めに行動を起こしてもらいましょう。 相手が行動をためらっている場合は、復縁そのものを考え直すことも悲しいですが検討してください。

結婚後も困難が多い状況であることを覚悟する

仮に不倫復縁結婚を果たしたからと言って、それですべてがハッピーエンドというわけではないのがこの形態の結婚の難しさです。 相手にお子さんがいる場合には養育費の支払いがありますので、経済的にもマイナス要素があるのは否めません。 また、先ほども少し触れましたが、相手の御両親をはじめとした親類縁者たちは、当然ですが元奥様を知っています。 元奥様が親類縁者から評判のいい方だった場合は、元奥様を追い出した立場の女性である自分に対する親類縁者の風当たりがきつくなる事に対しては相当な覚悟が必要です。 また、自分が子供を出産した際に、地域によっては子供のママ友が元奥様を知っている場合もありますので、母たちの格好の噂の的になる場合もあることも覚悟してください。 加えて、不倫する男性の中には、不倫を周期的に繰り返してしまう人がいるのも残念ですが事実です。 今度は自分が元奥様の立場になるということもあり得ます。 困難が多い状況になることは、自分自身も覚悟の上で結婚するのだということを把握してください。

連絡を取る・電話をする時間を考慮する

相手が家庭持ちの場合は連絡をしていい時間と連絡してはいけない時間がありますので、そのあたりはしっかりと理解するようにしてください。 相手の家庭をぶち壊し、訴訟上等、修羅場上等で何もかもを薙ぎ倒してでも家族から相手を奪い取る覚悟があるなら構いませんが、その覚悟がないなら避けるべきです。 著者も図らずも不倫の状況に身を置いたことがあります。 経験上筆者は痛いほどわかっていますが連絡を取ってはいけない時間に連絡を取ってしまい、関係が不要に明るみに出た場合に待っているのは修羅場です。 そして知っていてほしいのは、日本の法律では配偶者の権利は圧倒的に強いということです。 何度もお伝えしますが、不倫が相手に認知されてしまうと不貞行為として民法上の「不法行為」(根拠:民法709条)に該当する可能性があり、場合によっては法律家を交えて法的に争うことにもなりかねません。

復縁に向けて情を挟まない

復縁結婚すると決めたら情を挟まないで最後まで駆け抜けてください。 相手に幼い子どもがいる家庭の場合、幼い子の家庭を壊してはかわいそうだ、などと情を挟んでしまう人がいますが、結果、相手とは別れられない、でも相手の家庭を壊したくないから気を付けて密会…気が付けば立派な「日陰の身」です。 厳しいことを言いますが、中途半端な気持ちでは何もかもうまくいきませんので、やると決めたのなら前進あるのみで徹底的に行動してください。 それができないなら、悲しいですが身を引く決断をすべき時期に差し掛かっているのかもしれません。

忍耐と行動力が必要

忍耐はどうしても必要になってきます。 自分一人で何もかもを決められるわけではなく、相手が相手の家庭との別離を確実なものにしなくてはならならず、そのためにはどうしても時間が必要だからです。 また、行動力も必須です。 離婚にはかなりのエネルギーと手続きが必要で、それらをこなす行動力は必須となります。

不倫相手と復縁結婚したい!必ず行う必要がある5つの行動

不倫後に相手と復縁し、最終的に結婚する場合には必ず通り抜けなくてはならないいくつかの過程があります。 この章ではこれらをご紹介するので、ぜひご一読ください。

相手・自分共に覚悟を決める

相手は慣れ親しんだ家庭を手放し、戸籍に大きなバツ印をつける覚悟を、自分は相手の家庭を解散させたうえで新しい家庭を再構築させるという事実を受け入れるという覚悟が必要です。 この覚悟があると無いとでは、予後がだいぶ変わってきます。 中途半端な気持ちで始めてしまうと、途中で萎えてしまったり、思いがけないトラブルが発生して結果的に破綻してしまうなどの思いがけない結果を招きかねません。 ですからまずはお互いの意思確認をするようにしましょう。

忍耐力を付けて相手の都合の良いタイミングで連絡を入れる

離婚が成立するその日までは、とにかく我慢の連続です。 連絡を取り合っていることが明るみに出たら、一気に形勢が不利になります。 不安で連絡を取り合いたくなる気持ちはわかるのですが、ここは我慢して相手の都合の良いタイミングをしっかりと見極めたうえで連絡を入れるように心がけてください。 忍耐力は必須です。

相手や自分の家庭環境に終止符を打つ

無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

虻蜂取らず、という言葉があります。 あれもこれもと欲張って、結局どれも得られないことや、欲張りすぎて失敗することを表す言葉です。 自分の家庭は円満に終結したい、相手ともうまくやっていきたい、気持ちはわかりますがそれは無理です。 まずは自分の家庭を終結させるという一大事業に取り掛かってください。 夫婦だけではなく、お互いの親類縁者を説き伏せ、諸手続きを終え、周囲に婚姻関係が終了したことを知らせて初めて、家庭に終止符を打つことができます。 これを終えてから行動しないと、間違いなく待っているのは虻蜂取らずの状態です。

お互いの状況がクリアになってから会うようにする

同じ離婚をするのでも、夫婦が何らかの不一致で離婚をするのと、不倫が原因で離婚するのとでは話が違います。 おそらく大抵の方は、不倫を理由に離婚するのではなく、不倫のことは伏せたうえで離婚してから不倫相手と再婚したいと考えるはずです。 そうしたいのであれば、不倫相手の存在は伏せておくに越したことはありません。 会いたい気持ちはわかりますが、連絡は最低限にとどめ、お互いの状況がクリアになってから会うようにするようにしてください。 何度もお伝えしますが、不倫が相手に認知されてしまうと不貞行為として民法上の「不法行為」(根拠:民法709条)に該当する可能性があり、場合によっては法律家を交えて法的に争うことにもなりかねません。 重々注意して行動するように心がけてください。

復縁結婚に向けて関係を築く

相手が家庭環境をクリアにしてくれたからといって必ず復縁結婚ができるわけではありません。 復縁結婚できるような関係の構築を行いましょう。 特に離婚直後の心身の疲弊はものすごいもので、その疲弊具合は経験者にしかわからないといいます。 相手の心身の回復を待つ心のゆとりと、相手をねぎらう姿勢は必須です。 そのうえ結婚に相手を誘導する戦略も必要になります。 行き当たりばったりで活動をせずに、常に自分の活動をフィードバックしながら軌道修正する余裕も必要です。

不倫相手と復縁結婚がしたい!復縁するために取るべき行動【復縁編】

復縁結婚のためには、まずは復縁をして関係を強固なものにしなくてはいけません。 そこでこの章では、復縁を確実なものにするために必要なことをお伝えします。 どれも絶対に必要な事柄なので、ぜひよく読んで実践してくださいね。

一度別れてしまった・喧嘩してしまった内容について分析して改善を行う

なぜ二人は別れることになったのでしょうか。 その別れた理由をしっかり分析して、二度と同じ轍を踏まないようにしなくてはいけません。 この別れはチャンスだと思ってください。 もし別れの理由が「家族にばれた」のであれば、次はばれないような連絡手段を確保するとか。 別れの理由が「緊張感のなさ・慣れ」なら緊張感を身に着けるとか、相手を飽きさせない努力をするとか。 原因を分析して改善するのは、どのような別れであったとしても必須事項です。 相手は自分のどこが嫌だったのか、何をしたから駄目だったのか、それを振り返り直すべきところは直しましょう。 その原因が自分ではどうしても直せない、自力では改善できない事情の場合は、それを凌駕する魅力を身に着ける努力をしてください。 つまりは以前より「バージョンアップする」ことに取り組んでください。

冷却期間をしっかりと作る

これも本当に大事なことで、絶対に冷却期間は必要ですから冷却期間は絶対に取るようにして下さい。 冷却期間不足で復縁しようとすると感情的になってしまい、これは断言しますがほぼ確実に失敗します。 なぜ冷却期間が必要なのか、3つの理由をお伝えします。 1)クールダウンのため:別れた直後は頭が熱くなっていますし、大変感情的になっていますので、それを落ち着かせるためにはどうしてもある程度の時間が必要です。 2)気持ちの整理をするため:別れてすぐは気持ちが大混乱ですから、自分の気持ちの整理をする時間は絶対に必要です。 3)相手の大切さに気づくため。 離れないと相手の大切さはわかりませんし、離れて初めてどれだけ大切だったか気が付く事は多いです。 冷却期間はしっかりと作るようにして下さい。

相手の気持ちが冷めないように連絡を取る

何の連絡もなかった人からいきなり復縁しようといわれたとしたら…ほとんどの人はその連絡を無視してしまうのではないでしょうか。 なぜか、それはその関係の熱が冷めきって、すでに過去のことになってしまったからです。 そうならないためにも、友達としての人間関係はある程度は必要です。 ある程度の人間関係ができていたほうが、復縁に向けてのやり取りもスムーズになります

自分磨きを徹底的に行う

自分磨きは徹底的に行うようにしてください。 方法としては交際をしている間に相手の好みは理解していると思いますのでそれに寄せていくことを意識するようにしてください。 外見を寄せていくと不思議なもので内面も磨かれていきます。 冷却期間はそれなりに長いので、自分磨きにしっかり取り組めば必ず成果は出ますし、この努力は絶対に裏切りません。 やって損はありませんので絶対に取り組んで下さい。

相手の身の回りの情報収集をしっかりと行う

不倫からの復縁の場合、相手が離婚を経たりしている場合には心身ともに疲弊している場合が多いです。 それなりに喪失感もありますので、すぐに復縁しよう、という気持ちにはならないかもしれません。 また、不倫の場合には多くはないものの、少なくもない理由として、交際相手が実は自分一人ではなかったという状況もあります。 せっかく相手が離婚したので復縁しようと思ったら、自分以外の彼女と交際していた…ということもあり得ます。 ですから相手の身の回りの情報収集をしっかりと行うようにしてください。

不倫相手と復縁結婚がしたい!復縁するために取るべき行動【結婚編】

晴れて復縁となってから、すぐに結婚に至るわけではありません。 不倫の場合は特に一回離婚しているわけですので、結婚にはより慎重になるのは当然です。 それでも結婚しよう、と相手に思わせるためにはいくつかのとるべき行動があります。 この章ではそれをご紹介しますので、ぜひご確認ください。

将来に対する計画をしっかりと立てる

二人の未来図を二人で描くのは大事なことです。 特に不倫からの結婚の場合、周囲が諸手を挙げて大賛成となることは少なく、それなりに抵抗感を持って迎えられる場合が多いです。 友人が離れていくこともあるかもしれませんし、親戚になかなか受け入れてもらえないこともあるかもしれません。 それでも二人で乗り越えていくと決めたのなら、二人で2人だけの未来図を作ることに取り組んでください。 それによって二人が同じ方向に向かって進むことが現実的なものになります。

2人だけのルールを作る

不倫経由で結婚した時に周囲が懸念するのは、「再不倫」です。 とても厳しいことを言いますが、二度あることは三度あるといいますし、実際に不倫を繰り返してしまう人は少なくありません。 少し古いデータですが、2015年に『Journal of Social and Personal Relationships』に掲載されたデンバー大学が男性を対象に行った調査研究によると、浮気を経験している人の割合は32%、つまりは約3人に1人が浮気を経験していることになります。 さらに、一度浮気をした人で再度浮気したという人は45%という調査結果が出ています。 この結果を見てしまうと私の相手だけは違う、とはなかなか言い切れない部分もあると思います。 もしもう一回、相手に運命の人が現れてしまったらその時はどうするか。 どこまでがセーフでどこまでがアウトなのか、話し合いをしておくのは大事なことです。 2人のルールを作ることによって不要な争いを避けることができます。

2人の共通の趣味・話題を持つ

これはどのような結婚をした人にも共通して言えることですが、二人がただそこにいるだけで幸せで楽しいのは結婚してから数年の間だけです。 何年物と気を一緒に過ごすうちに互いの存在にも慣れ、いるのが当たり前の関係になってしまいます。 それはそれで何とも言えず居心地のいいものではありますが、どうしても会話は減ります。 そこでお勧めしたいのは2人の共通の趣味・話題を持つということです。 共通の趣味や話題を持つことで二人の仲を深めることができやすいですし、いつまでも夫婦二人で同じ趣味を楽しむこともできます。 ぜひ、二人共通の趣味を大事にしてみてくださいね。

お互いの短所を受け入れる

いやな部分が目に付いてしまうと、ほかの部分も嫌になってしまいます。 ぜひ嫌な部分には目をつぶって、いいところを中心にみていくようにしてください。 昔からあばたもえくぼといいますが、短所は裏を返すと長所であることが多いです。 例えばマイペースでごろごろしてばかりなところが短所である場合は、穏やかで動じないと言い換えられますし、おしゃべりでうるさいという短所も、話題が尽きないという長所になるのかもしれません。 相手の嫌な部分、ぜひ受け入れてみてください…一気に生活が楽になります。 ただし、どうしてもいやな部分が耐え難い場合は関係を解消することも視野に入れる必要があるのかもしれません。 それほど耐え難い短所の場合は、今は我慢できても、後々我慢できなくなる瞬間がやってくるからです。

過ちがあれば素直に謝れる環境を作る

どんな環境であったとしてもすぐに謝ることができる人は強いです。 夫婦間も同じですぐに謝ることができる環境を作ることで、小さなトラブルを繰り返すことがあっても、大きなトラブルを回避することができるようになります。 過ちを責めると、相手はうそをついて責められることを回避するようになります。 嘘が重なると二人の距離はどんどん開きます。 気が付いた時には取り返しのつかないことになっていることもあります。 そうならないためにも過ちがあれば素直に謝れる環境を作るようにしてください。 謝れる環境があるというのは間違いなく結婚が長続きするコツです。

相手の尊敬できる部分を見つける

尊敬できる人のことを無下にする人はいません。 相手の尊敬できる部分を見つけることによって、嫌な部分が見えたとしても尊敬できる部分がそれをカバーしてくれます。 逆に尊敬できない人のことを人間は驚くほど冷たくあしらってしまう時があります。 どうか相手の尊敬できる部分を見つけるようにしてください。

結婚に向けて貯金をする

結婚をしたら生活を続けていく必要があります。 生活するにはどうしてもお金が必要です。 とても残念なことですが、お金に関するトラブルが原因で離婚する夫婦は多いです。 問題が発生しないように貯金を行うようにしましょう。 お金で解決できることは、いいか悪いかは別として実はとても多いです。 また結婚生活をする中で、突然お金が必要になる瞬間は多いです。 ぜひ結婚に向けて貯金をするようにしてください。 お金が余って困ることはありませんので。

お互い自分磨きを怠らない

日本では女房と畳は新しいほうがよい、なんて失礼なことわざがありますが、フランスでは逆に女性とワインは古いほうがいい、というそうです。 年齢を重ねたなりの女性の美しさというのは必ずあり、それはワインも同様で、ヌーボーは確かに若々しくておいしいけれど、年齢を重ねたワインにはそのワインにしかない深みとうまみがあることと、女性の美しさを合わせた言葉だそうです。 ただしそれは、美しく年齢を重ねた場合のことで、怠惰に年齢を重ねた女性は見るも無残…な結果になってしまうこともあります。 特に不倫から結婚する場合には、相手をひきつけ続けないと新しい相手に気持ちが向かってしまうこともありえますので、復縁後も自分磨きを行うことで相手の心を離さないようにできますから、ぜひ復縁後も自分磨きは継続するようにしてください。

まとめ

不倫を経て復縁結婚したいと願うなら絶対に意識してほしいことがあります。 1)復縁にかかわらず、いつでも自分磨きを徹底して行うということ。 2)どのようなときも相手の気持ちを理解して受け入れるということ。 3)一旦二人が別れに至った理由を見つめなおして、その部分を改善するということ。 復縁結婚をかなえるためにはどうしてもこれらが必須になります。 決して簡単ではありませんが、復縁したいなら意識してみてください。 皆様の復縁結婚がどうか愛に満ちあふれた幸せなものになりますことを心よりお祈り申し上げます。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い