不倫の定義って一体!?どこまでがセーフ?男女別、法的な不倫の定義を徹底解説

不倫の定義はあるのでしょうか?浮気や不倫といっても人によって考え方は違いますよね。女性の考え方は?男性は?法的な根拠はあるの?今回は男女の意見を元に世間の不倫に対する考え方や本音をまとめ、法的解釈から不倫の定義を説明します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > 不倫の定義って一体!?どこまでがセーフ?男女別、法的な不倫の定義を徹底解説
不倫の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・関係はもう終わり?整理した方が自分のため? ・彼と結ばれたいけどそれは難しい? ・壊さない距離感でも良いから...彼と関係を続けていける? ・彼が不倫で辛い気持ちを全然分かってくれない。 ・どうしても彼が忘れられない 辛い事も多いのが不倫。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良いと思う?なんて直接はもちろん周りの方にも相談しづらい... そういった不倫の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中不倫占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼のあなたへの気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質4)彼との相性 5)彼と結ばれる可能性は? 6)関係を継続したら今後どうなる? 7)二人の関係を整理した場合の未来 8)あなたが幸せになれる選択は?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

不倫はダメ絶対!でもその不倫の定義って?浮気との違いは?

こんにちは!MIRROR PRESS編集部です! 突然ですが、みなさんは「不倫の定義」を知っていますか? 人によって不倫と判断するための境界線は違うでしょう。 肉体関係があったら不倫なのか?精神的な繋がりを重要視するのか?色々な意見があるかと思います。 しかし、法的には不倫の定義があり、一定の条件を満たさないと公には認められません。 法によって裁かれることで、慰謝料の額や離婚の成立・不成立が決定するのです。 今回は普段聞けない男女の本音を掘り下げてみると同時に、法律における「不倫の定義」についてまとめました。 是非参考にしてみてください。

その前に、彼とあなたは今後どうなっていく?

不倫関係には常にリスクが付き物。 だからこそどんな道を歩んでいくにせよ、納得感を持って、どういう道を歩むのかを決めることが重要です。 でも実際は一人で考えていると、マイナスに考えてしまったり、嫌になってしまいますよね。
インターネット占い館の?MIROR?では、1000人以上の不倫の悩みを解決してきた、プロが「今後二人はどうなっていくのか」「今後あなたはどうしていくべきか」等、いろんな角度から相談に乗ってくれます。
一人で抱え込まず、誰かに辛い事や嫌な事を打ち明けてみませんか?
\\あなたの望みを本当に叶える//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

不倫の定義を男女に聞いてみた!これが不倫の定義です

世間の男女は「不倫の定義」をどのように捉えているのでしょうか? 20代~30代の男女100人に「不倫の定義」について聞き取り取材をしました。 不倫に対する男女の本音と考え方を紹介します。

男女ともに多数派!不倫の定義その1「キスをしたら」

「キスをしたら絶対許せないし、不倫として訴える」(25歳・女性) 「肉体的な接触の中でも口づけは、浮気の意思があるように感じられる」(30歳・男性) 男女ともにキスをすることは、不倫に相当するという意見が多数ありました。 肉体的な接触の中でも、キスは双方に気持ちが入っていると判断する材料になると考え、不倫の定義と考える人が多いようです。

女性に多い!不倫の定義その2「好きという感情が芽生えたら」

「相手のことを本気で好きになってしまったら、それは不倫だと思う」(23歳・女性) 「肉体的な繋がりは遊びもあるので許せるけど、本気で他に好きな人ができたらとても悲しい」(28歳・女性) 女性の中で圧倒的に多かった意見は、「好きという感情が芽生えたら」というものでした。 肉体的な繋がりは我慢できるけど、精神的に繋がっていると許せないという意見が多くありました。

男性支持率ナンバーワン!不倫の定義その3「肉体関係をもったら」

「セックスをしたら、間違いなく不倫だと思う」(27歳・男性) 「例え遊びでも、身体の関係をもってしまったら気持ちが冷めるし、一緒に暮らせない」(33歳・男性) 男性の中では、肉体関係をもってしまったら不倫だという意見が多数ありました。 例え遊びで気持ちが入っていなかったとしても、身体の関係があったら許せないという考えが多くありました。

男性少数派!不倫の定義その4「手を繋いだら」

「他の女性と身体が触れるのもダメで、手を繋いだらアウト」(28歳・女性) 「手を繋ぐまでならセーフだけど、それ以上は止めてほしい」(24歳・男性) 手を繋いだら不倫だと感じる女性は多くいました。 一方で、男性の方では手を繋ぐまではセーフだと考える人が多いようで、それ以上の身体的な接触は許せないという意見がありました。

微妙なライン?不倫の定義その5「相手の家に泊まったら」

「肉体関係がないと弁解されても、他の女性の家に泊まったら浮気だと思う」(27歳・女性) 「男性と二人で一晩を過ごしたら、浮気しているに違いない」(28歳・男性) 異性の家に泊まったら不倫だと考える人もいました。 例え肉体関係がないと言い張られても、疑いの目が晴れないので不倫だという意見もあります。

怪しい!不倫の定義その6「二人で旅行」

「二人で旅行に行くまで仲良くなっていたら肉体的な関係もあるだろうし、精神的な繋がりも深そうだから不倫だと感じる」(30歳・女性) 「日帰りでも、他の男性と旅行に行ったらもう信じられなくなる」(男性・33歳) 二人でどこかに旅行したら、不倫だと考える人もいるようです。 旅行先でお泊りしたら疑いの目は濃くなりますが、例え日帰りでも許せないという意見がありました。

チェックポイント!

男女の意見を元に「不倫の定義」についてどのような考えをもっているかをまとめました。 男性はセックスをするという、直接的な肉体関係をもったら不倫だと考えるようです。 逆に、女性は精神的な繋がりを重視しているようで、例え肉体関係がなくとも気持ちがあったら浮気や不倫だと考えているようですね。 不倫だと判断する境界線は男女によって考え方が異なり、人によっても様々でしょう。 実際には、「不倫の定義」という明確な線引きはどこからなのでしょうか? 次に法的な解釈から「不倫の定義」について説明します。

法的な不倫の定義は?慰謝料を請求するにはどうすればいい?

無料!的中不倫占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼のあなたへの気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質4)彼との相性 5)彼と結ばれる可能性は? 6)関係を継続したら今後どうなる? 7)二人の関係を整理した場合の未来 8)あなたが幸せになれる選択は?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

ここまで世間の男女の「不倫の定義」についてまとめました。 では実際に「不倫の定義」とはどういったものなのでしょうか? ここでは法的な解釈から「不倫の定義」を紹介します。 どこからが不倫とみなされ、どのように不倫を立証するのか。 詳しく説明しますので是非参考にしてみてくださいね。

法的には「不貞行為」を行えば不倫とみなされる

法的には不倫とみなされるための判断材料として、「不貞行為」の有無があげられます。 法的な根拠として民法770条1項1号に以下の記載があります。

(裁判上の離婚) 第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。 一 配偶者に不貞な行為があったとき。 二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。 三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。 四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。 五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
出典 : http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089#2796

つまり「不貞行為」が理由で浮気・不倫とみなされ、離婚の成立・不成立の判断をしたり慰謝料の請求を要求できるのです。 「不貞行為」とは、裁判の判例では以下のように定義されています。

不貞な行為とは、配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶことをいい、相手方の自由な意思にもとづくものであるか否かは問わない。
出典 : http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=52108
つまり、結婚している人が妻や夫以外の人とセックスなどをしたときという意味ですね。 しかし、法律上の性的関係とは性交=セックスだけとは考えられておらず、裁判上では状況によって結果が変わってきます。 ポイントの一つとして「婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益を侵害」する行為であったかどうかが重要視されます。 どういう意味なの?と思われるでしょう。 簡単に言うと、「妻や夫以外との性的関係によって結婚生活に支障が出たかどうか」が重視されるわけです。 配偶者以外とセックスしたことにより結婚生活が冷え切った場合はもちろんですが、例え性交がなかったとしても何らかの肉体関係があったとされ、夫や妻が家に帰ってこなくなり別居状態になった場合は、結婚生活が成立しなくなっているので、性的関係があったとされ「不貞行為」とみなされるケースもあるのです。

肉体関係を持っていても「不貞行為」にならない場合もある

肉体関係があった場合は基本的に「不貞行為」になりえます。 しかし、裁判上では「不貞行為」として認められないケースもあるのです。 「不貞行為」とみなすには「妻や夫以外との性的関係によって結婚生活に支障が出たかどうか」が重視されると先で説明しましたね。 肉体関係があっても結婚生活に何ら支障が出なかった場合は、「不貞行為」とならない場合もあるのです。 例えば、風俗に数回行っただけで恋愛感情が全くなかったり、一度きりの肉体関係でその後の関係は解消されている場合などは、家庭に大きな影響が出ないだろうと考えられます。 よって、「不貞行為」があったとはみなされないわけです。 では、家庭に支障が出るとはどんな状況が考えれるでしょうか? 例えば、配偶者の性的関係が原因で別居してしまったり、経済的に困窮して生活がままならくなってしまった場合、または精神病にかかってしまった場合などが当てはまります。 ですから、特定の相手と継続した性的関係があったり、例え恋愛感情がなくとも風俗などの性的サービスにハマって借金を作ったり、一度だけの肉体関係だけでも妻や夫の心が病んでしまった場合などは、家庭に支障が出ているので、「不貞行為」があったとみなされる場合もあるのです。

不倫で慰謝料を請求するには不貞行為の証拠が不可欠!

「不貞行為」があったとして裁判で認められるにはどんな条件が必要でしょうか? 不倫があったことを裁判で立証するには証拠が不可欠です。 裁判で「不貞行為」を示す確証を提示できないと、慰謝料を請求できないことはおろか、離婚の成立すら危うくなってしまいます。 「不貞行為」を立証するための証拠とは、配偶者が浮気相手と同棲している事実であったり、浮気相手との間に子供ができてしまった、もしくはラブホテルに入る瞬間を写真に納めるなど、明確に提示できる事実がないといけません。 ですので、「不貞行為」を立証するのは非常に難しいと言えるでしょう。 ただし、裁判上で「不貞行為」があったことが認められると離婚の成立は確実なものとなり、慰謝料も高額なものとなります。 どうしても「不貞行為」を証明したい場合は調査会社などに依頼して、浮気現場をおさえるなど決定的な証拠をつくる必要があるでしょう。 また、裁判では家庭に支障が生じたのは「不貞行為」の前か後だったかという時系列の問題も焦点となります。 「不貞行為」の事実が家庭が破綻した後だとそれを理由に裁判で離婚を成立させたり慰謝料を請求することが難しくなることも。 相手の浮気を疑い始めたらすぐに身辺を調査するか、日記などに配偶者の行動を記載して証拠としましょう。

彼はあなたの事をどう思ってる?

不倫関係がいい関係でいられるのには、実は正解がある事をご存知ですか? うまくいく不倫関係とは、「お互いに対する期待が同じくらいの不倫関係」です。 例えばですが、片方の女性が不倫相手の男性に「結婚したい」と思っても、 男性の方は「都合のいい関係でいたい」と思っている場合、不倫というのは段々とうまくいかなくなっていくものなのです。 これは男性と女性が逆になっても起きる事です。 つまり、いい関係で居続けるには「相手の自分に対する期待」と「自分の相手に対する期待」が同じくらいである必要があります。 インターネット占い館のMIRORでは、有名人も占うプロが「今の彼のあなたに対する気持ち」や「あなたが取るべき行動」等、いろんな角度から確実にあなたのモヤモヤを晴らしていきます。 彼があなたの事をどう思っているのか。 また、あなたはそれを知った上でどうしていくべきなのか。 一人で抱え込まずに、是非一度相談してみてくださいね。
\\あなたのための、幸せのお手伝い//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

まとめ

男女の意見を元に世間の一般的な考え方や法的解釈による「不倫の定義」についてまとめました。 不倫に対する考え方は人によって様々ですが、簡潔にまとめると以下のような3つのポイントがあります。 ・男性は肉体関係を重視する女性は精神的な繋がりを重視する法的には「不貞行為」の立証が不可欠 男性と女性で不倫に対する価値観は違うので気を付けるようにしましょう。 また、裁判上で争う場合には「不貞行為」があった明確な証拠が必要になります。 不倫や浮気が原因となって別れたいと思ったとしても裁判上で争うのは根気が必要になるでしょう。 もし、まだ夫や妻のことを許せる余地があり、真剣に話し合う機会をもてるならば、関係を改善する努力をしてみてはいかがでしょうか。 縁があって、せっかく結ばれた仲なのです。 関係を終わらせる必要もあるでしょうが、続けていく勇気や努力も大切です。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧