離婚前提の別居でも復縁できる。きっかけと復縁方法を実体験から解説

離婚前提の別居状態にある時は本当に辛いですよね。 今回は実際に同じ状況から復縁できた筆者の体験とWEBアンケートから復縁のきっかけや方法を解説。 周りにも相談できないし、どうしたらいいのか分からないという方もいらっしゃると思います。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 離婚前提の別居でも復縁できる。きっかけと復縁方法を実体験から解説

離婚前提の別居から復縁するには?

「別れてほしい」 このように伝えられるのは本当に辛いですよね。 筆者自身このように伝えられてその後別居。 その時は本当に辛かったです。 ただ、私の場合は離婚寸前の状態でしたが復縁することができました。 今回は筆者である私の経験と、MIRORで実施したアンケートを元に離婚前提の別居から復縁する方法について解説していきます。

離婚前提の別居は辛いし、周りにも相談できない

離婚前提の別居は本当に辛いですよね。 私の場合はもちろん夫との関係そのものも辛かったのですが、 -実際はボロボロの夫婦関係なのに友人や会社ではそんなことも言えず幸せに暮らしている振りをしていたこと -その結果誰にも相談できなかったこと が辛かったです。 もしかしたら、あなたも同じ状況にあるかもしれません。 ただ、離婚寸前の状態から復縁することは不可能では絶対にないので、諦めずに一緒に頑張りましょう。 それでは、具体的な内容に入っていきたいと思います。

この記事を書いた人

夫からの離婚を突きつけられるも、別居から半年を費やして復縁。 現在は夫と仲良くなれていて、幸せに暮らせてます。 離婚寸前から復縁できた経験やライターとして夫婦問題への取材を重ねてきた経験を元に別居や復縁などの問題への解決方法を書くので、記事を読んでくれた人の救いに少しでもなれば嬉しいです。 子供は1人(0歳)。 本職はIT企業勤務。

離婚前提の別居から復縁できる成功率

まず確認していきたいのが離婚前提で別居してから復縁が可能な成功率についてです。 「過去に別居していて復縁しようとした経験がある人」100人にウェブ媒体を使ってアンケートを実施。 まずはそもそも何%くらいの確率で成功するのか確認していきましょう。

アンケートで別居をして復縁を試みた人から成功率を算出

こちらでは男性から女性に復縁を申し込んだ場合と女性から男性に復縁を申し込んだ場合で分けて記載させて頂いています。

男性の場合

男性から女性に復縁を申し込んだ場合、約15%の確率で復縁できる、という結果に。

女性の場合

逆に女性から男性の場合は34%の方が復縁できた、という回答に。 女性の方が男性から復縁を申し込むよりも成功率が高いという結果になりました。

女性の方が離婚前提の別居から復縁しやすい

もちろん、今回のアンケートが母数100人ということで偶然の可能性は否定できませんが 女性から男性に復縁を申し込んだ方が成功率は高そうです。 逆に男性の方にとっては少し厳しい結果に... 可能性としては低いけど、無理というわけでは男女ともに無いと考えていいでしょう。 ただ、具体的にどのようなきっかけで別居から復縁ができるのか?というのは分からない方も多いと思います。 まずは、どのようなきっかけで別居状態にあった人が復縁できたのか?について見ていきましょう。

(※もし、寂しさが強い人はこちらの記事も読んでみてくださいね)

離婚前提の別居から復縁するきっかけ

子供との関わり方の相談や子供関連のハプニング

・子供が小学校に上がるタイミングだったので、その時に色々買うものがある相談をする中で一緒に買い物に行ってくれてそれがきっかけになった。 (35歳・事務職・女性) ・子供が大熱を出してしまい、その日は自分で対応したが私も体が強い方ではないので、「次からは多少でもいいから助けて欲しい」という話をする中でだんだんまた打ち解けれた。 (30歳・IT・女性) 子供がいることで、私自身も実際かなり連絡する機会が多かったと思います。 また、これはあくまで私の場合ですが子供関連については直接話すことも多かったので二人で会う機会が多くあったのも復縁できた一つの要因だったんじゃないかなと思っています。

自分からLINEをして謝罪したタイミング

・私の浮気で別居していましたが、心から謝るLINEを何回か送ったタイミングで話を聞いてもらえることになり、そこから復縁しました。 (39歳・薬剤師・女性) アンケートでかなり多かったのが、ちゃんと謝った時に相手からの返信がやっと来たというパターン。 中には浮気が原因で10回ほど無視されていた、という人もいるので相手の反応が良くなかったり無視されてしまっている人がいるのであれば、諦めずに送り続けるというのも一つポイントになるかもしれません。

離婚に向けた話合いをする時

・離婚に向けて話し合いを進めている中でお互いにある程度整理されたのか自然に連絡を取るようになった (28歳・営業・男性) これは私自身も共感できるのですが、離婚に向けた話し合いは対面で行うことも多かったので逆にちゃんと今どう思っているのかということを伝えることができるきっかけの一つです。

過去の思い出に触れた時

・向こうが写真を消そうとしてスマホのフォルダを整理してたら寂しくなったらしく連絡してきてくれた (30歳・公務員・女性) この意見を出している人は女性から多く見られました。 つまり、男性自体が割とエモーショナルな気持ちになりやすいのかもしれません。 このきっかけをこちらから作るのは難しいですが、もし現在連絡がある程度取れていて、真剣な話になると喧嘩になってしまう、というようなご夫婦であれば過去の楽しかった時の写真を送ってみてもいいでしょう。

離婚前提の別居から復縁するきっかけは色々ある

このように離婚前提の別居からの復縁を叶えるためのきっかけは様々なところにあります。 共通して言えるのはそういったチャンスになりそうなところがいつ訪れるかは分からないので常に相手への配慮と安定した感情でいることです。 今はとても辛く大変だと思うのですが、できるだけ感情的にならず安定した姿勢を見せることでチャンスがきた時に掴むことが可能です。 そして、きっかけは色々なのですが復縁が可能な兆しというのはまた別の話です。 これが見えたら積極的に行ってOK!というサインをご紹介します。

離婚前提の別居から復縁できる兆し

こちらはアンケートで「復縁した」と回答した人のみにヒアリング。 離婚前提の別居から復縁した際にどのようなことが起きて、そういった流れになりましたか? という質問に答えてもらっていますので、代表的なものをご紹介します。 もしきっかけがつかめなくても、相手からの態度がこれから紹介するものに該当すれのであれば話し合いや自分の気持ちを再度伝えるタイミングかもしれません。 是非参考にしてみてくださいね。

LINEで相手から優しい言葉が出るようになった

・それまで冷たかったけど「ありがとう」とかを言ってくれるようになってからまた仲が良い感じの会話ができるようになってきた (28歳/歯科衛生士) 相手から優しい言葉が出るようになるのは相手も離婚に対して迷いが出始めている証拠と言ってもいいでしょう。 私が体験した事例でいうと、そこまでは子育てをしている私に一言も労いの言葉などはなかったのですが、「お疲れ様」という言葉が出るようになりました。 それ以降、こちらも雑談っぽい内容などを送れるようになりましたし、それができることでお互いの気持ちや状況が理解しやすくなり、復縁に近づけたと思います。

返信が早くなった

・復縁するちょっと前くらいから相手のLINEの内容も変わったけど返信も早くなった (29歳/美容師) 返信の早さは「優先度」そのものです。 例えば、仕事でとても大事な取引先からのメールが来たらできるだけ早く丁寧に対応するのと同じで、早さは「相手のことをどれだけ重要だと思っているか?」を表します。 もし、相手の返信が早くなっているのであればそれだけあなたのことを重要だと考えている証拠です。

自分に対して気を遣っているような態度が見えた

・私が体調を崩した時から、体調大丈夫?といった連絡が来るようになった、そこで子供の面倒をたまに相手に見てもらうようにしてから復縁できた。 こちらの事例のように最初は子供に関連した気遣いでも問題ありません。 実際筆者も気遣いが見えるようになってから話し合いなどもスムーズに進むようになった覚えがあります。 別居して相手が自分に対して怒りや憤りを感じている場合は気遣いなどは出ませんが、それが出るようになったのであれば、一旦話し合いができるタイミングまできた、と考えていいかもしれません。

離婚前提の別居から復縁する方法

離婚前提の別居から復縁するきっかけは様々なところに転がっているのですが、 実際にそこから復縁、というところに至るまではまた別の話です。 そこで、今回は筆者の経験を元に実際にどのように復縁できるのかの方法を整理したのでぜひ参考にしてみてください。

しっかりと冷却期間を置く

まず、とても大事なのが冷却期間を置くことです。 冷却期間を置くことで、お互いの気持ちが整理され、話し合いをするための土台を作ることができます。 実際まだそこまで期間が空いてないタイミングで相手に連絡したり話し合いの場をもとうとしても、そもそも相手は聞く耳を持ってもらえません。 なので、お互いの気持ちが落ち着くまでは冷却期間を置きましょう。 具体的にどの程度の期間を置けばいいか?ですが、 それは別れた原因によって異なります。 これまで筆者が取材などを重ねてきた肌感だと、 ・浮気/不倫等の場合 2週間~1ヶ月程度 ・価値観の違いによる喧嘩 1週間~2週間 ・自分に問題があって相手の我慢の限界、といったパターン 1週間~3週間 といった感じで冷却期間を置くといいと思います。

そもそもの原因を解決するための具体的な案を示す

基本的にはまず話を聞いてもらえるところまでいかなくてはいけませんが、可能な限り頭を下げ続けましょう。 筆者の場合はなんども謝り続けた結果、やっと話を聞いてもらえるところまできました。 しかし、そこで何も変わっていなかったり具体的な提案がないのであればあまり意味がありません。 なので、そもそもの原因を解決するための具体的な案を出しましょう。 筆者の場合は女性ですが酒癖が悪く、旦那にも相当迷惑をかけました。 そこで専門病院に行って治療すること、そしてその治療をやめないことを約束しました。 そして、その成果がちゃんと出ていたらまた別居から戻ってほしい、という形で提案をしたところ、相手も認めてくれました(ただし、後述する約束が必要です)

未来同じことが起きないと約束する

そして、そこから大事になるのが「未来に同じことが起きないと約束する」ことです。 しかし、未来に同じことが起きない、と約束することは誰にもできませんよね? 実際未来に何が起きるかなんてわかりません。 普通の状態であれば「もう一生しません」で終わりなのですが、別居までしているという状態ですと、相手からの信頼というのはもはや全く無いのではないでしょうか? (少なくとも私はそうでした) そこで重要になるのが、公正証書や誓約書などを作って書面で約束をするということです。 正直ここで自分にとって不利な条件になってしまうのは一定しかたありません。 しかし、これを乗り越えて相手も納得してくれるのであれば結婚生活を再度スタートしていくことも可能です。

離婚前提の別居から復縁して幸せになれる?

ここまで復縁する方法についてご紹介してきましたが、重要なのは復縁することではなく、復縁した後幸せに暮らしていくことですよね。 今回別居後に復縁した人へのアンケートでは、復縁してから幸せですか?という質問もしています。 それによると、 幸せと回答した人は約70% 幸せじゃないと回答した人は約10% 普通と答えた人は約20% といった結果に。 大体の人は「復縁して幸せ」と回答していますが、幸せではない人も一定数います。 その違いはなんなのでしょうか?

離婚前提の別居から復縁した人のそれぞれの意見

幸せと回答した人の多くは -以前より復縁した方が夫婦仲が良くなった。 と回答していますが、その一方で幸せじゃないと回答した人の多くは -以前よりも自分が気を遣って生活している。 と回答しています。 ですので、出来るだけ復縁する際にはお互いが対等な立場で復縁することを目指していく方が良さそうです。 復縁の仕方次第で、その後の幸せの大きさが決まってしまうので、あくまで対等な関係であることは最終的に相手にも理解してもらって、復縁するようにしましょう。

離婚前提の別居から復縁できる夫婦の特徴

最後にアンケート上で「復縁した」という回答をしてくれた人の意見をまとめて、 年齢やカップルとしての交際歴、夫婦としての交際歴など様々なデータを元に離婚前提の別居からでも復縁しやすい夫婦の特徴をご紹介。 当てはまっていればいるほど別居状態からでも復縁できる可能性が高いと言えるので、こちらも是非参考にしてみてくださいね。

夫婦関係が比較的短い夫婦

復縁できた、と回答した人の多くに当てはまったのが 夫婦関係が比較的短い夫婦の方でした。 大体結婚してから10年を過ぎたあたりから「復縁した」と回答した人がグッと減る傾向にありました。 考察としては、10年以上夫婦関係を続けてきてからの「離婚したい」という本気度と、10年以内での「離婚したい」という言葉の重みやそれまでの相手に対してのストレスの積み重ねが違うのかもしれません。

子供がいる夫婦

次に復縁できた、と回答した人の多くに当てはまったのが 「子供がいる」と回答した夫婦の方でした。 子供の存在はとても大きく、復縁するきっかけの一つになるのは間違いないでしょう。 私自身子供がいるので、そのきっかけとして考えるのは心が痛む部分はありますが、やはり子供がいるかいないかで別居後に接触がある回数もおそらく大きく変わってくると思われます。

カップルとしての交際期間が長い夫婦

次に復縁できた、と回答した人の多くに当てはまったのが カップル期間の交際期間が長い夫婦の方でした。 これは具体的には約2年以上付き合って結婚した方とそれ以下の交際期間で結婚した方とで 復縁できた確率に差が見られました。 こちらは後ほど詳しく触れますが、やはり夫婦になってからの方が近い存在になり距離感が近すぎるあまりお互いのストレスや喧嘩の元になりますが、 それ以前のカップルであった頃の思い出が多ければ多いほど復縁する可能性は高くなると考えられます。

夫婦それぞれの両親の関わりが薄い夫婦

こちらはアンケートとは別で私の実体験になります。 私の場合、別居になってから夫の方が実家に帰っていました。 その後、義母が入院したタイミングでかなり相手が話を聞いてくれることが増えました。 これはおそらくですが、両親は基本的に自分の子供を第一で考えるので別居などになっている場合別れる事をそうは伝えなくても出てしまうことが多いはずです。 このように、相手方が両親との関わりが深く悪く言えばマザコンな相手であれば一旦そこを切り離して話すことがポイントの一つになるでしょう。

離婚前提の別居からでも復縁はできる

いかがでしたでしょうか。 私の恥ずかしい話を共有してしまい恐縮ですが、復縁を叶えるイメージは湧いたでしょうか? 私は、実際復縁してからお酒も病院に通いながらやめて今は子供と旦那と平穏に過ごせているので復縁できてよかったと考えています。

ただ、必ず復縁したい方がいいよ!とは思いません。 離婚は回避して、別居のまま結婚生活を続けたりすることも一つの選択肢だと思います。 (その方がお互いがうまくいくのであれば) ただ、もしまだ未練があって復縁したい。 経済的な問題もあるから復縁したい。 そう考えているのであれば今回紹介させていただいた復縁方法をぜひ試してみてください。 あなたの幸せを心より願っています。 それでは!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い