W不倫から結婚(再婚)する男女の特徴|既婚者同士の再婚が成就するまでの道のり

w不倫の相手と本格的に結婚を意識しているけれど、本当に結婚できるのか……w不倫中は不安が尽きないことでしょう。そこでw不倫から結婚できる人の特徴や、w不倫から実際に離婚を成功させたことのある人の経験談も元にした秘訣を大公開します!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > W不倫から結婚(再婚)する男女の特徴|既婚者同士の再婚が成就するまでの道のり

W不倫から離婚を経て再婚(結婚)!W不倫が成就する確率

W不倫から再婚(結婚)をした夫婦のエピソード

最初の結婚でお互いに家庭環境に恵まれなかった夫婦

既婚者同士だけど結婚したい...心からそう思う相手と出会ってしまった

W不倫から再婚したけど...幸せとは言えない

W不倫から離婚を経て再婚(結婚)まで辿り着くカップルの特徴

そんな障害だらけの厳しいw不倫からの離婚、そして結婚。 それでもw不倫から結婚までたどりつけるカップルってどんな二人なの!? そこには共通の特徴が存在しているのです。 ここでは、W不倫が成就したカップルの状況を元に、どんなカップルであればW不倫が成就するのか、どんなケースであれば成就しやすいのかを見ていきましょう。

お互いに子供がいない

正直なところ、子供のありなしは相当大きくW不倫が成就するかしないかに関係します。 子供がいれば育てていく金銭面での責任はもちろんですが、気持ちの面で考えることが減ります。 どんなにお互いのパートナーに嫌気が差していても、w不倫していても「子供だけはすごく可愛いし、子供だけは守りたい」という気持ちを持っている男性は多いんですね。 妻の事は嫌いでも、娘の事は溺愛している……なんて話も耳にしますので、離婚したいと思っても子供がパパが大好き!となるだけでも踏みとどまってしまうでしょう。 女性側も、母親と子供は理屈じゃないつながり、他の誰も代わりができない特別な繋がりがあります。 子供のことが引っかからないという点は、離婚すれば責任はオトナ同士の話。 だからw不倫から結婚を成功させるのにも、子供がいるよりはスムーズであると言えるでしょう。

長い時間をかける or 半年未満のスピードで結婚をする

10年ほどに渡る長期的なw不倫をいい状態でずっと続けてこれたカップルは、すれ違いや価値観の違いを理由に離婚するにしても「10年の共も過ごして来たら、夫婦はそりゃ色々あるもんなあ」と世間的にも受け入れてもらいやすいのです。 そして、w不倫を始めた時にお互いの子供が中学生くらいであれば、10年ほどかければ成人になっていることも多く、ある程度手が離れているので離婚のきっかけにしやすいということもあるでしょう。 そして逆の半年未満で離婚できたカップルは、w不倫の関係の中で熱が冷めないうちに、勢いに乗って結婚することができるのです。 あれこれ頭で考えて離婚を渋る暇もないくらいのスピードで離婚、結婚を実現できることも。 なので、まだ付き合い始めくらいの期間であれば直近で勝負を決めにかかった方がいいですし 1年くらいW不倫を始めてから経過しているカップルであれば、長期に渡ってゆっくりと進めていくような方向性を考えるといいでしょう。

お互いの家庭がかなり冷めきっているなど結婚生活にストレスを感じている

元々お互いの家庭内が、とにかく冷え切っていて顔を合わせれば喧嘩が絶えず、もういつ離婚を妻や旦那が切り出してきても特におかしくはない、と感じるほどストレスの強い環境であった場合もW不倫から離婚を経て結婚へとたどり着きやすいでしょう。 そこまでなっていれば、w不倫をしているしていないに関係なく、離婚の話が出れば案外あっさりとパートナーも受け入れてしまうことがあるようです。 冷え切って人としてお互いにもう嫌い、なんにも求めていないくらいの家庭なら、離婚するなら理由はもうどうでもいいから一刻も早くすっきりしたい!なんて考えることも。 こういう場合では、w不倫をしている理由としても「家庭を壊したくない」というよりは「離婚して新しい道を見つけたい」と内心考えていることもあるので、躊躇することなく積極的になることもあり、結婚が実現しやすいw不倫カップルの特徴です。

相手に期待しすぎていないW不倫カップル

W不倫からの再婚(結婚)が難しい3つの理由

ここまで見ていると時間をかけるか、上手にやるかというように頑張れば意外と簡単そうに見えるW不倫からの結婚ですが、 w不倫からの結婚は結婚したいと思わせるところから実現その後までとにかく障害だらけ、という事実は変わりません。 w不倫からの結婚が難しい3つの理由を挙げたので、是非先にどんな事が待ち受けているのかを予測してみてください!

そもそも不倫相手に離婚する決意と行動を起こさせるのに一苦労

不倫相手に離婚する決意と行動を起こさせるのに一苦労するもの…。 そもそも、w不倫の関係を持っていて、お互いに気持ちが高まっていたとしても本当に「離婚したい」と決意させて、そのために動くというところまでが簡単ではありません。 元々、パートナーには不満があるけれど家庭を壊したくない、家庭を壊せないからこそ不倫関係を望んでしまうのであって、さらに都合がいいと思ってw不倫を選ぶもの。 w不倫の相手に離婚を決意させるには、家庭を捨ててでも一緒にいたいと感じさせるほどの何かを、あなたが持ち合わせていることが必須条件でしょう。 そこで、家庭を壊してもいいほどあなたに魅力があって本気になっていたとしても、実際に離婚しようと決める前に相手の男性がまず想像すること……自分に振りかかるリスクです。 どんなにw不倫の相手が好きでも、リスクの大きさを考えた時に尻込みしてしまう…だから相手の男性の足を動かすのは相当な苦労がいるでしょう。 「何が何でも、奥さんにはw不倫の事を知られないように私も協力する」 「時間がかかってもちゃんと理解して待つことができる」 と、精神的な余裕と器を見せ続けることが大事ですが、内心は安心できず辛い気持ちとの戦いになるでしょう。 不倫相手に離婚する決意を固めさせるには、やはり時間をかけて一緒にいる事が自然という状態に持ち込むか、 もしくは相手が何に悩んでいるのかを明確に知る必要があります。 子供の事なのか、それとも世間体なのか、それとも奥さんの人生を考えているのか、そもそも根がとても真面目な性格なのか 悩みの種や彼が引っかかっているポイントを理解してあげて、絶対に自分と結婚した方が全てにおいてメリットがある、という風に思ってもらう事が重要になります。

不倫相手に離婚する意志があっても正妻がそれを許すとは限らない

まず離婚する意思を妻に伝える理由として、旦那(w不倫の相手)に好きな人がいるとバレてしまった場合。 「浮気するなんてすぐ離婚!」「こっちから捨ててやる!」と即納得するほど潔く合理的な妻である可能性はかなり低いもの。 バレても、その段階では泣いて怒っても「私にも悪いところがあったから、修復したい」と離婚を拒否するパターンの方が圧倒的に多いんですね。 中身がどんな状態でも結婚して家庭を築いているという状況を捨てるのが怖いのは、妻も同じ。 中には働いてもいなくてお金もないし、離婚なんて言われても今更自立なんてできない…と養ってもらうことにこだわる人もたくさんいるのです。 そしてもっと怖いのはw不倫だとバレてしまった時。 「独身ならまだしも、よく旦那がいるのに、女性の立場を分からないでそんなことができるね!」と、妻としては相手の女性に対して怒りがMAXになることも…。 そうなると「離婚なんかしたら相手の思うつぼ!絶対に別れない!それか高額のお金を旦那にも不倫相手にも取ってやる」となることは安易に想像がつきますね。 このことからも、離婚の意思を伝える時はとにかく不倫の事は隠し、それ以外の部分で別れたいと伝える必要があるので、妻があきらめて納得するまでには、どれくらいの時間がかかるか全く読めないのです。 彼が相手の妻の合意を得て離婚するためには、やはりW不倫という事実は隠し通しておく方がいいですし、離婚にはそれ相応の条件が必要です。 彼の妻の事を聞くのは辛いと思いますが、離婚に至るような決定的な穴を彼を通して探すのがまずは重要になります。

離婚をした場合には金銭的にも世間体的にかなり厳しい状態に立たされる

肝心なのは、離婚した後のことですよね。 不倫関係があって離婚したということが知られてしまえば、分割で払い続ける慰謝料、子供がいるなら人数に応じた養育費だけでも18年分かかるわけです。 そしてw不倫であればさらにあなたとしては、金銭面よりは世間体的な目が辛くなります。 「不貞行為」「不倫」に関して、強く批判を受けるのはどうしても女性なんですよね。 この部分では「男は浮気してもよく聞く話とも思えるが、女性が不倫の末に離婚させるなんて」とはしたない、見苦しい、なんてかなり厳しいレッテルを貼られてしまうもの。 金銭的な責任や問題からは、逃げることは法律的にもできないので、離婚した後もかならず付きまといます。 とにかく離婚したあとも障害は、気持ちの面と現実問題のどちらに対しても襲ってくるでしょう。 ですが、今回お話を聞いたW不倫の末結婚した方々の半分くらいは、「彼と結婚した事で本当の女性としての輝きを手にする事ができたと思う」 とおっしゃる人も多くいました。 本当に好きな人と、美しい暮らしをして毎日を楽しく生きる未来や一緒にいる時間を糧にここは耐えていくしかないのかもしれません。

経験者の声を元に!W不倫から結婚を成功させる4つのポイント

では、今度はもっと具体的に、経験者の声を聞きながらW不倫から結婚を成功させる4つのポイントを押さえておきましょう。 実際のリアルな声は、きっと参考になるはずです。

無事に離婚をし、事態が収集するまでw不倫の事実を隠しておく

「離婚話に決着をつけるのがまずは先!お互いの家庭の離婚後の状態が落ち着くまで、焦らずに時間をかけてW不倫のことは隠し続けてました」(30歳・販売業) 「そもそも、w不倫と離婚の理由を関係ないものとして別れるのがベスト。 離婚が成立したら、相手がいることは数年に渡って隠していました!それから結婚」(29歳・事務) まずは、無事に離婚がお互いに成立することが大変でしょう。 トラブルにならずに結婚までいくには、徹底的にw不倫の事実は隠しておいて、周囲の人には普通に出会ったということにした方がいいのかもしれません。 そのためにも、離婚してすぐに結婚は不自然になるので、少なくとも1年くらいは離婚してからも結婚を我慢するほうが賢いやり方なのではないでしょうか。

不倫相手が離婚を決意したらできるだけ早くことを終わらせる

「相手が離婚するって気持ちになったら、そのチャンスを逃したら次はもうないですよ。 私の場合、そうなるまでにもかなり時間がかかりました。 だからw不倫の相手が決意したら、同時進行で自分もすばやく行動を起こしました」(28歳・主婦) 「w不倫の相手は、うっかりしていたら離婚すると言ってても気が変わりやすい。 間をあけて離婚が怖くなる前に、彼と同じタイミングで離婚届けを取りに行きました」(31歳・接客業) 「私たちは相性がよかったのか、出会って間もなくお互いにかなり好きな状態に。 離婚しようと思う、と彼が言ったのですぐにお互いに別れてうまくいってびっくり」(26歳・公務員) 元よりw不倫の相手が離婚を決意するまでも時間がかかるか、出会って間もなく気持ちがかなり盛り上がっている時の熱で動ける場合も。 相手が離婚に向けて前向きになったら、なるべく早く行動をお互いに起こすことが大事…!

保険をかけたいなら不倫相手の離婚が確実になるまで離婚の話をしないでおく

「口で離婚するする…っていうのはするする詐欺!好きだけど騙されたくはなかったので、普通に会いながら様子を観察していた私はw不倫2回目。 今日離婚届けにお互いサインしたよ、と嬉しそうに彼が写メを見せてきたところで離婚についての話題に触れていきました」(30代・匿名) 「あんまり離婚、離婚、って女性から話題にしすぎると、w不倫の相手は急かされてると思うみたいで余計に動かなくなるんですよ。 なので確実に離婚が決まったら報告してねって約束して待っていたら本当に離婚に向けての話し合いを終えてくれていました」(32歳・OL) 本当に信用するのは、どんなに好きでも確実に相手が動いてから!というw不倫上級者もいました。 最後の最後で裏切られたりしないように、保険をかけておくくらいのしたたかさも、w不倫からの結婚には必要なのかもしれません。

もし子供がいるのであれば成人のタイミングでの離婚も手

「お互いに子供アリのw不倫だったので、付き合いは8年以上にもなりましたが、子供も大きくなりお互いにそれをひとつのきっかけにしたことで離婚がスムーズにいきました」(37歳・専業主婦) 「私の方の家庭には子供は恵まれませんでしたが、彼には小学校の高学年の子供がいたんです。 なので離婚するまで10年ほどかけて長く待ちました。 私だけ少し早く別居し、離婚して仕事を見つけたりして自立の準備をしながら気を紛らわせて…。 彼は子どもだけがひっかかっていたようなので、成人してからは半年かからずに離婚が成立」(38歳・登録販売者) 子供のありなしが重要なポイントになってくる、というお話はしましたね。 どうしても気がかりになるのであれば、子供が成人して責任を終えてから離婚を進めると、長期戦にはなりますがスムーズに離婚が進むこともあるようです。

w不倫からの結婚後も幸せに生活を送るための秘訣

大事なのは離婚だけだけじゃない…!もっと大事なのは、w不倫からの結婚のその後。 すったもんだの末に手に入れた結婚のあとも幸せでいられないなら意味がありませんよね。 そこでw不倫からの結婚後も生活を充実させるための秘訣をご紹介します!

離婚・結婚をする前にできる限りの準備を全て済ませておく

できる限りの準備とは、もしw不倫がばれてしまった時のことを想定して調べられることはすべて調べておくこと。 慰謝料がどれくらいかかるのか、それを払っていけるだけの収入減の確保も大事です。 そして、できるなら離婚の意思が出た段階で、彼もあなたも別居状態を作るのも一つの手。 別居状態がある程度進んでいると、離婚の理由として成立することは法律で定められています。 しかも、別居中の浮気は浮気と認められないことがあるんですね。 これは、妻の方・旦那の方も離れたかったという意思があったことの証明になるからだそう。 一般的な解釈として紹介しますが、不倫がばれたとしても慰謝料が請求できるのは「3年間まで」と言われています。 そのことから、離婚ができてからでも3年間は再婚を待つことをおすすめしますが、こういった法律的な部分に関して、あなたの状況に応じた徹底的なリサーチを行って確認をしてみて下さい。 念には念を!それが結婚後も穏便に過ごすための鍵となるでしょう。

前と同じを望まない。全てを捨てて新しい生活を送る覚悟でいる

W不倫から結婚を叶えたら、その前にあったもの、関わってきた人、環境もすべて一新して新しい生活を作っていく覚悟が必要でしょう。 たとえ、彼の慰謝料や養育費で贅沢ができないとしても、環境を変えたことでさみしくても、現実を受け止めてそこで頑張っていくと心に決めてくださいね。 そして、できるだけ不満をもらさず、あなたも彼も協力し合う気持ちが不可欠です。 幸せになるには、w不倫がきっかけだったことをいつまでも後ろ向きにしない気持ちの強さも大切になるでしょう。

前の家庭との関わり方などの結婚生活のルールを決めておく

子供がいたり、お金の問題で彼と再婚後も前の家庭と付き合っていかなくてはならないこともあるでしょう。 場合によっては、子供が小さくて面会だけはしようとなる場合もありますよね。 そうなる場合は、そこに嫌悪感を持ってしまわないで「仕方ないことはいいけれど、他愛もないメールや電話は元妻とはしない」など二人の関係が悪くならないルールを決めておきましょう。 このことがきっかけで、再婚同士の夫婦が揉めてしまうことがよくありますからね…! それでもあまり事細かなルールは、二人を縛ることになったり窮屈に感じてしまいますので、ルールはたくさん作り過ぎないこと。 これだけは守ろう、というのを決めてしっかりと信頼関係を築いていきましょう。

W不倫からの再婚(結婚)は幸せにも不幸せにもなる

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い