キスは雰囲気で全然違うものに。デート前に読んでおきたいキスの雰囲気の作り方

キスをするために大事なのは雰囲気と、相手への信頼です。キスをするときは目をつぶるわけですから、相手を信頼していないとできないですよね。そんな雰囲気づくりと、雰囲気作りを頑張っているのになかなかキスができない!そんなお悩みの方必見です。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > キスは雰囲気で全然違うものに。デート前に読んでおきたいキスの雰囲気の作り方
カップルの恋愛の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人と付き合ってて大丈夫?別れた方が良い? ・彼は結婚する気ある? ・別れそうで辛い... ・もしかして...彼は浮気してる? そういった彼氏さんとの悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や彼の性質も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中カップル占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼氏のあなたへの気持ち 2)彼と付き合っていて幸せになれる? 3)別れそうな彼と付き合って行ける? 4)彼は冷めた?本音は? 5)彼氏がいるのに好きな人が出来た 6)彼氏とこのまま結婚できる? 7)彼氏は浮気している? 8)彼氏と金銭の絡んだ悩み 9) 彼氏さんへの不満・不信感
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

キスは雰囲気が一番大事って本当?

キスがしたくなるときってどんな時でしょう?やはり、相手が愛おしくなった時が一番したくなる時じゃないでしょうか? でも、いくら相手が愛おしいと感じたって騒音の中や人込みの中ではしにくいですよね。 キスをしたくなる雰囲気ってとても大事なのです。どんな雰囲気だと特にキスがしたくなるのでしょうのか? 上手な雰囲気作りをするには ①環境 ②コミュニケーション ③キスしたくなるきっかけ作り この3つが大事です。 詳しく解説していくので是非参考にしてみてください。

彼はあなたに何を期待してる?

本当に好きな人であれば好きな人であるほど、相手が自分にエッチの時に何を期待しているのか、自分にどんな事をして欲しいのか、というのは気になりますよね。 実際、MIRORに相談して頂いている方、みなさんが本気の恋をしています。 ただ、みなさんが知りたいのは 「彼はあなたをどう思っているのか?」、「彼は何をして欲しいと思っているのか?」 二人の生年月日やタロットカードで、二人の運命やあなたの選択によって変わる未来を知る事ができます。 ?MIROR?では1000人以上のカップル・夫婦の性の悩みを解決に導いてきたプロの占い師が相談に乗ります。 実際MIRORで占って頂いた方の中には 「単なる価値観の違いだった事が分かって本当に良かった」という方や 「彼ともっとずっと一緒にいれそうで相談してみて良かった」という方が多くいらっしゃいます。 彼の気持ちを知って、二人の愛を深めませんか?
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

上手なキスの雰囲気を作るには、まずとにかく環境が大事!

太陽が輝いている真昼間と夕方の海だったらどちらの方がロマンティックでしょうか? おそらく多くの人が「夕方の海」と答えるはず。 それくらい雰囲気というのは照明の明るさやロマンティックさなどに左右されるもの。 彼がキスしやすい雰囲気を演出するならまずは場所を想定するところから始めましょう。

沈黙はキスへのカウントダウン、無音は気まずくなるから適度に雑音がある方がいい!

無音だと気まずいと感じてしまうかもしれません。 相手に気まずいと思わせると意識が緊張の方に向いてしまい、どんどんキスからは遠ざかってしまう事に。 相手にリラックスしてもらうためにも音楽を適度な音量で流すか、音楽が流れている場所を選びましょう。

彼がキスしやすい雰囲気を作るのにおすすめな場所

キスしやすい雰囲気の条件は以下の通り! ・照明が暗め ・キスをイメージするような場所 ・二人きりになれる or 周囲に人がいない ・適度に静か この条件を考えていくと雰囲気が作りやすいのは ・夕方の公園 ・夕方の海 ・車の中 ・個室のレストラン/居酒屋 ・カラオケ ・観覧車 などが挙げる事ができるでしょう! 意外とたくさんあるので是非どれか一つにはデートでいってみてください!

キスしやすい雰囲気を作るには、次にコミュニケーション

彼にとってキスをしやすい雰囲気を作るためには 「あ、今キスしていいんだな。」という安心感を与える事が大事です。 男は一度もあなたとキスした事のない状態では自分がキスをして大丈夫なのかが不安な生き物。 今していいんだよ、という安心感を与えるために以下のコミュニケーションを活用してみてください!

向かい合って座らずに横に座る、少し肩が触れるくらい

座る時は横に座るのがベストです。 くれぐれも真正面に陣取ってしまわないようにしましょう。 真正面から行こうとするとどうしてもどちらかが首を伸ばさなければいけませんよね。 そしてそれは多くの場合男性です。 それよりも横に座って最初から顔の距離を近づけた状態の方が男性的にはキスをしやすいと思いませんか? せっかく横に座っても距離が遠ければ意味がないので肩が触れるくらいの距離に座っておきましょう。

簡単なスキンシップを増やしてみて

キスをしたくても、いきなりキスをするのはハードルが高いですよね! 相手をびっくりさせないためにも、段階を踏むという事もとても大切です。 まずはスキンシップをとりましょう。 最初はちょっと肩に手を置いてたり、手をつないでみる。 などの簡単なボディタッチから入って相手との距離をより近く取りましょう。 男性も女性からのボディタッチが多ければ自分に対して好意を持っている事が分かるので安心してキスなどの行動に移りやすくなります。

相手がベラベラしゃべってきても、乗っからずに笑顔で静かに

先ほど沈黙はキスしやすい雰囲気にとって大事、と書きましたが男性の中には緊張して沈黙を作らないためにひたすらしゃべってしまうというタイプの人もいます。 そんな時にこちらが話を拾ってあげてしまうと相手も沈黙から救われた感からさらにしゃべってしまいます。 それを防ぐためにもこっちがキスしたい時は相手の話をそこまで広げず、笑顔で静かにうなずいたりして沈黙の状態に戻すようにしましょう。

キスしていいよアピールをする

ボディタッチで好意を示してもまだ彼が緊張したりモジモジしているようなら、キスをしていい事を遠回しにでも直接でもいいのでアピールしてあげましょう。 さすがにどんな人でもキスしていい事に気づくはずです。

最後に彼がキスしたくなるきっかけ作り

ここまできたらあとは目を見つめるだけ

ここまで来たらあとは、タイミングだけです。 顔を近づけて相手の目をじっくり見つめてみましょう。 この時のポイントは顔を近づけておいて向こうがキスしようとしたら少し顔を背けたりして相手を焦らすこと。 焦らした後はもう一度顔を近づけましょう。 相手は焦らされた事でキスしたくてたまらなくなってるはずです。

少しお酒が入っていると雰囲気を作りやすいかも!

無料!的中カップル占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼氏のあなたへの気持ち 2)彼と付き合っていて幸せになれる? 3)別れそうな彼と付き合って行ける? 4)彼は冷めた?本音は? 5)彼氏がいるのに好きな人が出来た 6)彼氏とこのまま結婚できる? 7)彼氏は浮気している? 8)彼氏と金銭の絡んだ悩み 9) 彼氏さんへの不満・不信感
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

お酒の力を借りる手もあります。 アルコールがはいると、気分もオープンになります。 そして、何より理性が少し鈍くなるので、勢いもつきます。 しかし、勢いがつきすぎて失敗する可能性もあるので、適度にほどよく酔っぱらう程度にしましょうね。 酔っ払って勢いがつきすぎると二人で頭をぶつけたり鼻が正面衝突してしまうかも!これは経験談です!

それでもキスしてこなかったら顔を触ったり、唇を触ったりしてみて!

いい雰囲気なのに、中々行動にうつらない!うつれない!そんな時は、ちょっとセクシーアピールをするのも一つの手です。 性欲を高めてあげると、キスをしたくなるもの。 相手の顔を触ってあげたり唇を触ったりしてあげればさすがにどんな人でもキスをしたくなります。

キスしたくなる雰囲気作りは3ステップで考えて!

キスしたくなる雰囲気は まず環境を整えたり、キスをイメージするような場所にいく事で相手に ①キスを予感させる 次にこちらから好意をちらつかせて ②安心感を与える 最後に相手がキスしたくなるように ③可愛く挑発する この3ステップを守れば彼がキスしたくなる雰囲気を上手に作れるはず! 是非参考にしてみてくださいね!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧