旦那の夜の誘い方!旦那をドキっとさせる妻からの誘い方とは?

旦那さんに夜の誘いをしたいけど、誘い方がわからない・・・そう思ったことはありませんか? この記事では、旦那さんに夜の誘いをするときの言葉や行動についてのポイントを、男性心理を交えてご紹介していきます。 また、一般的な夫婦生活の頻度やセックスレスの可能性についてもお話ししていこうと思います。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 結婚生活
  3. > 旦那の夜の誘い方!旦那をドキっとさせる妻からの誘い方とは?
夫婦の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人といて大丈夫?離婚した方が良い? ・セックスレスが辛い... ・全然気持ちを分かってくれない。 ・もしかして...彼は浮気してる? 辛い事も多いのが夫婦。 そういった夫婦の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や二人の相性も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

旦那の夜の誘い方,どんな行動や言葉をかける?

夫婦になってもスキンシップをとることは大事なことです。 では、旦那さんに夜の誘いをするときはどのような行動や言葉をかければいいのか? 一度確認していきましょう。

旦那の夜の誘い方の前に!夫婦生活の頻度はどれぐらい?

夜の誘い方を紹介するまえに、いつもの夫婦生活の頻度はどのくらいか数えたことはありますか? まずは、一般的にどのくらいの頻度が多いのか見ていきましょう。

年に1回以下の夫婦も......

仕事の疲れやストレス、年齢も関係してきて年に1回程度・・・という夫婦もいます。 また、夫婦になると「相手を性的な目で見れなくなる」という意見もあるので、年に1回以下になってしまうのだそうです。 歳を重ねていくと、性欲も弱くなっていきます。 さらに、体や精神的な疲れから「夜は寝たい・・・」と思ってしまうそうです。 また、スキンシップはとれているから、最後までしなくてもいいという夫婦もいます。 夜勤が多かったり仕事が忙しかったりする人や、元から性欲が低い人・年齢が高めの人は、夫婦生活の頻度も年に1回以下になりやすい傾向があるそうです。

月に2〜3回が限界

夫婦生活の頻度で最も多い意見が、月に2~3回でした。 毎日一緒に過ごすので、夫婦生活も月に2~3回がちょうどいいそうです。 仕事の疲れや子育て、家事の疲れがたまってしまい月に2~3回が限界と答える夫婦が多かったです。 毎日一緒にいると、いつでもできるという安心感から休息を優先してしまうんですね。 「もっとしたい」と感じている人も、あまり頻繁にすると体力的にもきつくなってしまうからこの回数になるようです。 また、あまり頻繁にすると新鮮さがなくなるので月に2~3回にしているという夫婦もいました。

子どもが大きくなると月に1回程度

お子さんのいる家庭では、なかなか夫婦生活をするのも難しいようです。 赤ちゃんの場合は、一緒の部屋で寝ていてもできるかもしれませんが、少し大きくなったらそうもいきませんよね。 思春期の子供がいる夫婦も、気を使ってしまいなかなか夫婦生活をすることができなく、月に1回程度になってしまうそうです。 子どもが大きくなってくると、教育のためにも夫婦生活をするタイミングを失ってしまいます。 さらに、育児の大変さもあり夜に夫婦生活をする体力が残っていない人もいます。 子どもが大きくなると、夫婦生活のタイミングを見計らうのが大変そうですね。

20代は週に1回の夫婦が1番多い

新婚さんや20代夫婦の夫婦生活は週に1回ペースの人たちが多かったです。 まだまだ結婚生活もスタートしたばかりの新婚さんや、性欲が高めの20代は夫婦生活の頻度も高めでした。 特に旦那さん側は、性欲の高さがピークのときなので向こうから積極的に誘ってくる方が多いそうです。 旦那さんリードで始まる夫婦生活は、奥さん側もスムーズにできるのでいいですよね! 結婚生活が始まったばかりの時期は、夫婦生活が最も盛り上がりやすい時期といわれています。 さらに年齢もまだまだ若いので、毎日するという夫婦もいます。 少し落ち着いたころに、安定して週に1回ペースになるそうです。

大丈夫?セックスレスをYES/NOでチェック!

旦那さんとセックスレスかどうかの判断が難しいと思いますので、いくつかのチェック項目を用意してみました! 正直にYES/NOで答えてみてください。

3ヶ月以上セックスをしていない

パートナーの浮気を疑っている

セックスレスについて考えることが多い

愛されたいと思って泣いたことがある

セックスフルな他人の話を聞くとイライラしたり、嫉妬したりする

セックスレスが原因でパートナーと喧嘩や口論になったことはある?

セックスレスが解消するならできる限りなんでもする

無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

yesが4個以上ならセックスレスの可能性も...

上記のチェック項目で、YESが4個以上だった場合セックスレスの可能性は『高い』かもしれません・・・。 断言はできませんので、可能性が高いという意識でいましょう。

旦那の夜の誘い方《行動&雰囲気偏》

夜の誘いをしたくても、どうしたらいいか具体的にはわかりませんよね。 旦那さんの心理や本音を交えて、いくつかご紹介していきます。

旦那の夜の誘い方①癒し作戦

「仕事で疲れて家に帰ると、ぎゅっとされ癒された・・・その日の夜は仲良しでしたね」(34歳・歯科医) 「家に帰って、妻がマッサージなどで癒してくれると性欲が高まりますね」(36歳・工場勤務) 仕事で疲れて家に帰る旦那さんは、家で奥さんに癒しを求めている方が多いようです。 旦那さんも、外ではプライドや責任感でなかなか甘えられませんが、家では奥さんに甘えたいという人が多いです。 唯一、弱い姿を見せれる存在の奥さんに癒しをもらえると、旦那さんもしたくなるそうです。 恰好も、セクシーさが高めの服を着用していればなお、夜の誘いがスムーズに進みますね。

旦那の夜の誘い方②焦らし作戦

「深めのキスをされて、夜の誘い?と思ったがその後がなくて余計にしたくなった」(28歳・パティシエ) 「露出度の高い服を着ていて、見えそうで見えないのがそそられました」(30歳・整備士) 旦那さん側にも、狩り本能があるので全部をリードするよりも、旦那さんのやることを残しておくと『焦らされてる感』があり効果的です。 全てをオープンに見せてしまうと、旦那さんにもプレッシャーがかかってしまい夜の誘いをしても断られてしまいます。 全てを自分からしてしまうのではなく、焦らすことによって旦那さんの『征服感』が刺激され夜の誘いの成功率が高まります。

旦那の夜の誘い方③セクシーなナイトウェアを着る

「いつもよりセクシーなパジャマだと、ドキドキしてしまう・・・」(24歳・教師) 「可愛いパジャマや露出度が高いパジャマは、ベットに入ったときには我慢できなくなります」(29歳・栄養士) いつものパジャマよりも、セクシーさが高いナイトウェアを着ることによってギャップに燃える旦那さんが多いようです。 恥ずかしくて夜の誘いをできない・・・と考えている奥さんも、可愛いナイトウェアやセクシーなナイトウェアを着ることで、さりげなく夜の誘いをすることができます。 断られても「可愛かったから着たかっただけ」と言い訳もできます。

旦那の夜の誘い方④スキンシップを求める

「寝ているときに後ろからハグされたときは、可愛くて襲ってしまいました」(37歳・医療勤務) 「僕の手をもって、スキンシップを求められたときはキュンとしてしまった」(39歳・エンジニア) 男性思考では、言葉よりも感覚や体感などの方が効果があるそうです。 露骨に夜の誘いをするのではなく、ハグをしたりくっついたりとスキンシップをとってみましょう。 特に、ベッドの中でくっついて寝たり手を繋いだりさりげないスキンシップを求めると、旦那さんもキュンとくる人が多いようです。 奥さんからの夜の誘いは、さりげない方がいいという旦那さんもいるようですね。

旦那の夜の誘い方⑤思い切って襲ってみる

「夜中に妻にいきなり襲われたときは、とても興奮しました」(26歳・福祉) 「たまには奥さんから襲われるのも、悪くないと思う日があります」(33歳・デザイナー) 意外と、奥さんの方から襲われたいと答えた旦那さんが多かったです。 男性でも、たまには迫られたい!と考えている方が多いのです。 夜の誘いをするのは、主に旦那さん側が多いと思うのが一般的ですよね。 しかし、いつも誘う側にいる旦那さんの立場から見ると「たまには襲われたい・・・」と思ってしまうものです。 思い切って襲ってしまうのも、夜の誘いの1つだと思います。

旦那の夜の誘い方《言葉偏》

夜の誘いの行動・雰囲気についてはご紹介しました。 次は夜の誘いの時にどんな言葉をかけたらよいのか?についてご紹介します!

したいからいい?

「夜の誘いをされるときは、やっぱりストレートに伝えられるのがいいです」(21歳・事務) 「可愛く、直球にしたいといわれるとグッときてしまいます」(30歳・ホテル勤務) 夜の誘いをするときの言葉としては、やはりストレートに「したい」と伝えるのが旦那さん側からしたら嬉しいようです。 『言霊』というフレーズがあるくらい、言葉にすると現実に起こりやすくなるものです。 さらに、男性は女性よりも鈍い部分があるのでストレートに言われないとわからない、ということもあります。 恥じらいなども少し見せながら「したいな?」などと言ってみてはどうでしょうか?

今日、一緒に寝る?

「普段は隣の布団で寝ているのですが、一緒の布団で寝よう?と誘われた夜は合図だと思ってます」(25歳・法律関係) 「一緒に寝る?とわざわざ聞いてくるあたり、誘っているのかな?と思ってしまいます」(39歳・介護士) 普段は別々で寝ている夫婦にとっては、一緒に寝る?と聞くのが夜の誘いの合図になっているそうです。 いつもだったら、隣の布団や別の部屋で寝るのに「今日、一緒に寝る?」と聞かれるとドキッとしてしまう旦那さんが多いようです。 一緒に寝るということは、体を密着して寝るということなので夜の誘い言葉としてはとてもいいですね。

え、寝るの?

「寝ようと思って寝室に行ったら、妻から寝るの?と寂しそうに言われてしまいかわいく見え、気づいたら襲っていました」(27歳・訓練士) 「寝るの?と聞かれてしまい、逆に寝ないの?なにしたいの?とSの部分が駆り立てられました」(31歳・酪農家) 旦那さんは寝ようと思っていても、奥さんからの「寝ちゃうの?」という言葉によって、スイッチが入る方が多いようです。 ベッドの中でも、お話などをしていて「おやすみ」と挨拶されても「え、寝るの?」ということで、まだ寝たくないのかな?今日はしたいのかな?と旦那さん側が察してくれるようですね。

マッサージして〜

「嫁からの夜の誘い文句として「マッサージして~」というのがあります」(23歳・CGデザイナー) 「マッサージを頼まれて、足などをもんでいると男なので興奮してきますね」(28歳・編集者) 奥さん側からの夜の誘い文句として、一番多いのが「マッサージして」なので旦那さんたちも察してしまうようですね。 マッサージは体に触れてもらえるので、視覚と感覚により興奮する男性の心理に入り込めます。 マッサージをしているうちに、興奮してきてそのまま襲ってしまうという旦那さんも多いようです。 「マッサージして~」というだけでは、夜の誘いのようには聞こえないので恥ずかしくもないですね!

ねぇ、来て?

「先にベッドに入っていた妻に、「来て?」と言われたときはドキッとしてしまった」(32歳・雑誌ライター) 「しよう?と言われるよりも、来て?と言われた方が自分としては興奮します」(35歳・測量士) ストレートに言われるよりも、少しだけ遠回しに言われる「来て?」の方が興奮する、ドキドキするという意見もありました。 夜の誘いをするときに、「ねぇ、来て?」と言うのは女性らしく甘えたように聞こえるので旦那さんもドキドキしてしまうのだと思います。 あまりストレートに言われるのは・・・という旦那さんもやはりいるので、少しだけ遠回しに言ってみるのもいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか? 夫婦生活の頻度は、生活スタイルや環境によって変わっていきます。 頻度が少ないと、セックスレスかも?と悩んでしまいますよね。 年齢や元々の性欲の強さなどで、すれ違いが起こってしまうこともあるので話し合うことも大切です。 女性は言葉に興奮しやすいといわれていますが、男性は視覚や感覚に興奮しやすいといわれています。 もちろん、言葉も大切なのですが旦那さんに夜の誘いをするときは、行動や雰囲気などを大事にしてみてください。 夜の誘いをするときの言葉や行動など、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね! 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧