不信感とは?不信感を抱く理由と抱かせる人の特徴を一挙公開!

「不信感を持ってしまう人がいる」不信感とはそもそも何なのでしょうか?この記事では不信感の正体についてご紹介していきます。また、不信感を抱かせてしまう人が持っている特徴や、不信感を抱かせないための習慣についても解説していきます!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 不信感とは?不信感を抱く理由と抱かせる人の特徴を一挙公開!
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

不信感とは?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 何故か分からないけど不信感を抱いてしまう人っていますよね。 そもそも「不信感」とはどういった感情なのでしょうか? まずは、不信感とは一体何なのかについて見ていきましょう。

不信感とは信用できないという思いのこと

不信感とはその字の通り、信用出来ないという思いのことです。 信じることが不可能な感情と書いて「不信感」ですよね。 理由は分からなくても第一印象で「何か信用出来なさそうな人だな」と思ってしまったり、「信じてもいいのかな?」と信じることを躊躇ってしまう時に抱く感情が「不信感」なのですね。 信用できないという事は、大切な事や秘密にしている事を話すべき相手ではないと判断し、何かを任せることが出来ない相手と認識しているという事でしょう。

人が不信感を抱く理由

人が不信感を抱く時、そこには理由があることが多いです。 ここからは、不信感を抱く理由について見ていきましょう。

以前、嘘をつかれた

以前その人に嘘をつかれた経験があると、「また嘘をつくんじゃないか?」と不信感を持ってしまうことがあります。 一度嘘をつかれてしまうと、そこから再び信用するのは難しいですよね。 嘘をつかれた経験から、「この人の事を信用してはいけない」とどこかで思ってしまっているのかも知れませんね。 嘘をつかれていたという事が分かるとショックを受けたり、「信じていたのに」と腹が立ってしまう事もあります。 そのような苦い経験が蘇ってしまうため、不信感を抱いてしまうようですね。

過去に裏切られたトラウマがある

過去に一度裏切られたトラウマがあると不信感を持ってしまっても当然です。 一度裏切られた経験がトラウマとなってしまっていて、「また裏切るのでは」とどうしても勘ぐってしまいます。 そのような状態では信用することはできないですよね。 一度裏切った人と関係を修復出来ても、以前のように心から信用することは難しくなってしまうでしょう。 そのため、「また裏切られる」という事を前提として関係を続けてしまい、疑ってかかってしまうのですね。

様子や態度がいつもと違う

相手の様子や態度がいつもと違うことで、不審に感じていることもあります。 相手がいつもの様子や態度と違った言動をとると「ん?」と違和感を感じてしまいます。 その違和感が不信感に繋がっているのでしょう。 「何かあるのかな?」「何かを隠しているのかな?」と妙に勘ぐってしまい、相手を信用出来ない気持ちになってしまうようですね。 例えばいつもは明るい人が重苦しい表情をしていたり、いつもは落ち着いている人がどこかそわそわしていたりなど、いつもと違うという事を感じ取っているのでしょう。

言うことがコロコロ変わる

言うことがその時々でコロコロ変わる人も不信感を抱きやすい相手です。 例えば「私もそれ好き」と言っていたのにも関わらず、時間が経つと「それ嫌いなんだよね」と言われるとどちらが本音なのか分からないですよね。 このように、言うことがコロコロ変わる人は本音が分かりずらく、信用するのが難しいです。 そのため、不信感を抱きやすい相手なのですね。 また、「この前の話は嘘だったってこと?」と言っている事が嘘か本当なのかの判断も付きにくいため、不信感を持ってしまうのでしょう。

自分自身が信頼されていないと感じた

相手の言動の節々から、自分自身が信頼されていないという事を感じとることでも不信感を持ってしまいます。 例えば相手が悩んでいる時に自分には相談せず、別の人に相談していたりすると「私の事信用していないのかな?」と思ってしまいますよね。 関係性にもよりますが、相手と自分は親友だと思っていたなら不信感を持つはずです。 このように、自分自身が信頼されていないと感じることを不満に思い、不信感を持ってしまうこともあるでしょう。

不信感を抱かせてしまう人の特徴

不信感を抱かせてしまう人はどのような特徴を持っているのでしょうか? ここからは、不信感を抱かせてしまう人が持っている特徴について見ていきましょう。

約束を守らない

約束を守らない人は不信感を持たれることが多いです。 たとえそれが小さな約束であったとしても、約束を守らないことにより「信用のおけない人」と評価されてしまいます。 例えば「明日までにすると言っていた仕事を放置している」「秘密だと言った事をペラペラ話している」など、約束を守らない人は信頼することが出来ないですよね。 約束を破るという事は相手に対して誠実ではないということなので、不信感を持たれてしまう事が多いでしょう。

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

誰にでも良い顔をする

誰にでも良い顔をする人も不信感を持たれやすいでしょう。 例えば「この人苦手」「この人嫌い」と言っていた相手にも良い顔をしている様子を見ると、「あれ?嫌いって言ってなかったっけ?」と不信感を抱いてしまいますよね。 相手がたとえ誰であっても良い顔をすることで、その人の本心が分からず不信感を持たれやすくなってしまうでしょう。 八方美人など、誰にでも愛想を振りまくような人は不信感を持たれやすいという事ですね。

自分の話はしない

自分の話を全くしない人ってたまにいますが、そのような人も他人から不信感を持たれがちです。 自分の話をしないという事は、その人がどのような人物か分かりづらいという事です。 何が好きで何をしている人なのかなどが分からないと、人物像が見えにくく不信感を持たれてしまいます。 人の話を聞いてばかりで、自分の話を一切しようとしない人は他人に「この人は何を考えているんだろう?」と思われてしまいがちです。 その疑問が不信感に繋がってしまうのでしょう。

裏表がある

性格に表裏がある人も他人から信用されることがなく、不信感を持たれてしまいます。 例えば愛想良く話していたかと思えば、裏では「あの人嫌い」と言っていたり、自分にとって利益になる相手には積極的に話しかけに行くのに対して、自分にとって利益の無い相手には興味を示そうともしない人などがそうです。 このように性格に表裏があると周囲に「怖い」と思われてしまいがちで、不信感を持たれてしまう原因になります。 表裏がある人のことを信用するのは難しいですよね。

ひとりで行動する

ひとりで行動してばかりの人も不信感を持たれてしまいます。 皆で力を合わせて行わなくては上手く進まない事があったとしても、ひとり行動が目立つと「成功させようという気はないの?」と不信感を持たれてしまうでしょう。 仕事などでもチームワークが大切な案件なのに対して、ひとりで行動していると周囲と噛み合わず「何を考えているの?」と思われてしまうことが多いです。 このように、ひとりで行動することで周囲に不信感を与えてしまうこともあるようです。 ひとりで行動する空気ではないのにひとり行動をしている事に対して不信感を抱いてしまうのですね。

気分でものを言って後から発言撤回する

その時の気分でものを言って、後から「やっぱり違う」と発言撤回するような人も不信感を持たれやすいです。 気分でものを言う人は周囲の人を振り回しやすく、言っている事がコロコロ変わると周囲も困ってしまいますよね。 そのような人の意見はアテにならず、信用することが難しいでしょう。 発言を信用することが出来ず不信感を抱いてしまうのですね。 気分屋だったり、優柔不断な人に多い特徴です。 その時々で発言が変わるといちいちそれに合わせなくてはいけない状況になり、周囲は迷惑します。

その人自身周りを信頼していない

その人自身が周りを信頼していないことでも、不信感を持たれてしまいます。 初対面の人を信頼するのは難しいため信頼できないのは当然かも知れませんが、長年一緒に過ごしてきた友達や、ずっと共に仕事をしてきた仲間などを信頼しないと、周囲は「これだけ一緒にやってきたのに信頼出来ないの?」と不信感を持ってしまいます。 信頼している相手が自分のことを同じように信頼していないという事が分かると、食い違いが生まれ不信感を抱いてしまうようですね。

不信感を抱かせないための習慣

周囲に不信感を抱かせてしまうと関係が悪化してしまう恐れもあります。 そこで最後は、不信感を抱かせないための習慣について見ていきましょう。

自分が一番正しいと思わない

不信感を持たれないためには、自分が一番正しいと思わないことが大切です。 自分が一番正しいと思い込んでしまうと、言うことがその時の気分でコロコロ変わってしまうことがあります。 気分によって意見を変えると周囲は「さっきと言っている事が違う」と感じますが、自分が一番正しいと思っている本人は「自分が正しいのだからその時々で意見が違ってもそれは仕方ない」と思ってしまうでしょう。 そうなると周囲との食い違いが生まれ、周囲に不信感を持たれてしまうため自分が一番正しいと思わずに謙虚な姿勢を持つことが大切です。

自分と他人を比べない

自分と他人を比べてしまうことで、「あの人は良いな」「私よりあの人の方が幸せそう」と他人を妬んでしまうことがあります。 そうなると、妬みの感情からその人の悪口を言ってしまう事もあるため、表裏が出来てしまうでしょう。 本人の前では良い顔をして、本人がいないところでは悪口を言っているその様子を見て周囲の人は不信感を持ってしまうはずです。 また、他人と比べてしまうことにより「私だって一人で出来る」と勘違いし、チームワークが必要な場面でひとり行動が目立つこともあります。 しかしそれでは不信感を持たれてしまうため、そうならないためにも自分と他人を比べないよう気を付けましょう。

適度な距離を保つ

周囲と適度な距離を保つことも大切です。 例えば初対面の人への態度と、長年の親友に接する態度が全く同じだったら相手は不信感を抱いてしまうでしょう。 相手に合った適度な距離感というものがあるはずです。 あまり親しくないのなら近寄りすぎず丁寧な態度で接し、徐々に距離を詰めていきましょう。 反対にとても仲が良い関係性なら、信頼するのが普通ですよね。 とても仲が良いのに信頼していないと相手に不信感を持たれてしまうこともあります。

言うべきことはハッキリ言う

たとえ言いにくいことであっても、言うべきことはハッキリ言った方が不信感を持たれにくいです。 「それは違うんじゃないの?」「間違ってるよ」とハッキリ言えずに、陰口として他人に言いふらしていると周囲の人に不信感を持たれてしまうでしょう。 言うべきことは本人にハッキリと伝えましょう。 そうすることで表裏のない性格という事が周囲にも伝わり、不信感を持たれることもないはずです。 誰にでも良い顔をするのではなく、言うべきことはハッキリと伝えてメリハリを付けましょう。

自分も相手を信頼する

信頼して欲しいなら、まずは自分も相手を信頼することから始めましょう。 自分は相手のことを信頼していないのに、相手からの信頼が欲しいのは自分勝手ですよね。 自分も相手を信頼することにより、その気持ちは言動に表れて相手に伝わるはずです。 「この人は自分のことを信頼してくれている」と感じる相手には不信感も持たないでしょう。 そのため、まずは自分が先に相手のことを信頼することで、不信感を持たれにくい人になることが出来ますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 不信感とは、相手の事を信用できない状態のことでしたね。 相手との間に何か嫌な経験がある場合や、相手の態度や言動によって不信感を抱いてしまうことがあるでしょう。 不信感を抱かせてしまう人は、誰にでも良い顔をして表裏がある人が多いです。 またその人自身も周りのことを信頼していないのが伝わってくるため、余計に不信感は募ってしまいます。 普段から周囲に不信感を抱かれないようにするため、謙虚な姿勢で接し他人と自分とを比べず、言うべき事はハッキリ伝えるよう心がけましょう。 相手に不信感を抱かせず、気持ちのいい関係を築いていきましょう!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い