50代での結婚は人それぞれ。結婚するべき人と結婚しない方が幸せになれる人の違い

親の介護が心配、寂しくて独りが辛いなど、 50代で結婚を考える人たちの事情は様々です。 20代に比べると出会いが少ないなどの問題はどうやって解決すればいいの? と思われた方。 ご安心ください。 50代での結婚に対する心構えや配慮する点なども掲載しています! 是非あわせて一読ください。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 職場関係
  3. > 50代での結婚は人それぞれ。結婚するべき人と結婚しない方が幸せになれる人の違い
片思いの悩みは人によって様々。 ・どうすれば彼に振り向いてもらえる? ・彼はどう思ってる? ・彼にはすでに相手がいるけど、好き。 ・諦めるべき?でも好きで仕方ない。 辛い事も多いのが片思い。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 そういった片思いの悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中片思い占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼への恋の成就の可能性 2)彼のあなたへの今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)彼との発展方法 7)諦める?それとも行ける?彼の心情 8)複雑な状況の時どうすればいい? 9) あなたが取るべきベストな行動
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

50代での結婚は人それぞれ、色々な事情がある

「若いころは、いろいろあったなぁ」 なんて物思いにふけっていたら、あっという間に50代…… 今になって寂しさや将来の不安を覚えて、結婚をしたいと考える50代が増えてきています。 今回はそんな50代での結婚に焦点を当てて、 ■50代でも結婚すべき人の特徴 ■50代での結婚が難しい理由 ■50代で結婚するための考え方 をご紹介! 50代の結婚について、今日はとことん考えてみましょう。 「自分は若いからまだいいや」 と思っているあなたも、他人事ではないかもしれませんよ…?

あなたに結婚はいつ訪れる?

結婚したい!と強く思うのは自然な事。 実際、MIRORに相談して頂いている方、みなさんが本気で婚活をしている方が多いです。 ただ、みなさんが知りたいのは 「いつ結婚できるのか?」、「一番幸せにしてくれる相手はどんな男性か?」
生年月日やタロットカードで、運命やあなたの選択によって変わる未来を知る事ができます。 あなたに訪れる出会いを知って、未来のためのベストな選択をしませんか?
\\あなたの結婚時期とお相手、教えます//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

50代でも結婚するべき人の特徴《生活事情編》

50代で自立をして、生活が充実している独身の人は、そもそも結婚したいと 思っていないでしょう。 では、どのような人が、50代からの結婚をすべきなのでしょうか。 まずは生活事情をピックアップしてみましょう。 ■経済的な不安 ■孤独への不安 ■親の介護への不安 ■子どもに対する不安 ■空間的寂しさ などなど、生活事情だけでも様々ですね。 それでは、一つ一つ見ていきましょう。

1)経済的な不安ある

現在は元気に働いていても、あと10年もしないうちに「還暦」が迫っている。 その実感を覚えたとき、急に不安になってくるのが老後の資金的問題です。 これから病気になって働けなくなってしまうかもしれない。 今の貯蓄だけで、老後を悠々自適に過ごせるだろうか。 そんな不安を抱えたとき、経済的に支えあえるパートナーがほしいと考える人が多く見られます。

2)孤独への不安がある人

今までは仲の良い友人や独身仲間と楽しく暮らしていた。 そんな方に多く見られる特徴です。 50代になって、既婚の友人は子どもが巣立ち、夫婦で第二の人生を歩み始め、 気づけば独身仲間もあれよあれよと結婚していってしまった。 両親も、もう年齢的にいつ別れ時がくるか…… そんな自覚を持ち始めた途端寂しくなり、 自分と老後を過ごしてくれるパートナーがほしい そんな方は、50代での結婚も視野に入ってくるのではないでしょうか。

3)親の介護の心配がある

50代になると、自分の親が70歳を超え、そろそろ介護が必要になってくるといったケースは 珍しくないでしょう。 女性の場合、自分の手で介護をしたいと思うと、収入などの問題が出てきますよね。 そういった理由から婚活を始める女性もいるようです。 男性でも自分の両親の介護をしてほしいという理由から婚活をする人もいるようなので、 両親の介護というのは男女関係なく、結婚をすすめるキーワードになっているようです。

4)子供に迷惑をかけたくない

50代に突入すると、親だけでなく自分の介護も気になり始めます。 お子さんがいらっしゃる方は、 自分の介護についての話題が重荷になっているのではないか。 金銭面的な問題で苦労を掛けるかもしれない。 同居などをして、子どもたちの生活に迷惑をかけたくない。 子どもに安心してもらうためにも、お互いを支えあうパートナーを見つけたい。 そんな考えの方に、結婚で得られるメリットは大きいのかもしれません。

5)家を持っているが一人だと広すぎる

若いころ頑張って購入したマイホーム。 しかし、一軒家に一人で住んでいると、家族の居ない空間がひどく広く、少し肌寒い気がしますよね。 帰ってもおかえりの声がないのは、アパートに住んでいた時よりも寂しさを増幅させるのかもしれません。 誰かが待っててくれる家 食卓を一緒に囲んでくれる相手がほしい 50代になってくると子どもがちょうど巣立っていく時期とも重なるため、 余計に寂しさを感じるようです。

50代でも結婚するべき人の特徴《今までの恋愛経験編》

これまでは現実的な生活に焦点を当てて50代で結婚すべき人の特徴を紹介してきましたが、 ここからはより、心情に焦点を当てて50代の結婚について考えてみましょう。 それは【恋愛事情】です。 50代からの恋愛って恥ずかしい…と思われている方。 そんなことありません! 何歳になっても、自分を好きでいてくれる人との恋愛は甘酸っぱく、楽しいものです。 ■バツイチでも離婚理由が相手にある人 ■共通の趣味がある相手がいる人 ■恋愛そのものが楽しいと感じる人 ■一人が辛い人 ■SEXが今までのパートナーとはあまりうまくいかなかった人 こんな人たちは結婚した方が、幸せになれそうです。 詳しく見ていきましょう。

1)バツイチでも離婚理由が元旦那、奥さまにある

無料!的中片思い占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼への恋の成就の可能性 2)彼のあなたへの今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)彼との発展方法 7)諦める?それとも行ける?彼の心情 8)複雑な状況の時どうすればいい? 9) あなたが取るべきベストな行動
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

今や3組に1組が離婚している日本の結婚事情。 元旦那、元嫁有責で離婚をされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 不倫、DV、SEXレスなどなど…… 「もう結婚はいいや」 と思いながら、50代を迎えたあなた。 中には、自分は結婚に向いてないかもしれないと思っている方もいるかもしれません。 ここでもう一度、自分の結婚について考えてみてはいかがでしょうか。 無理に結婚しろ、というわけではなく 今まで結婚にいい印象を持っていなかった方も、50代になると同年代の男性に対する 印象も変わってくると思います。 チャンスがあれば、結婚もいいかも、という気持ちにそろそろなってもいいのではないでしょうか。

2)お互いに楽しめるような共通の趣味がある

お互い、共通の趣味があるということは、結婚生活を営むうえで 大きなポイントになると私は思います。 (私自身、今の結婚相手とは共通の趣味が合って結婚した人間でした) 例えば共通のスポーツが趣味であれば、 週末一緒に汗を流すのもいいですし、 読書が趣味であれば、 お互い無言で本を読みあっていても、沈黙に苦痛を感じなかったり。 自分が夢中になっていることが否定されないということは、 大きな安心感にもつながると思われます。 50代になると、自分のペースが大分掴めてきている年代なので、 お互いに理解があると生活もしやすいでしょう。

3)恋愛体質で恋愛をしているときが一番楽しい人

恋愛をしているときが一番楽しい! そう思っている50代の方には、結婚をおすすめします。 結婚は人生の墓場…… なんていう人もいるかもしれませんが、 50代になると、子どもの心配や親からの圧力も大分減ってきます。 お互いが本当に一緒にいたいと思える相手と 二人きりの生活を楽しむことができる。 それが50代での結婚のいいところでもあります。

4)一人でいるのが辛い人

子どもが巣立ってしまった。 両親が亡くなってしまった。 50代になるとこんな話題もちらほらでてくるのではないでしょうか。 実際に私の両親も祖父や祖母が亡くなり始めたり、私たち子が家を出ると、 寂しいと思うことが増えてきたと、母は言います。 相手がいるからいいものの、もしこれで離婚していたらどうなっていただろうと 思うことも少なくありません。 一人でいるとネガティブになってしまう、誰かと一緒に居たい。 そう考えている方が結婚を視野に入れるケースも少なくないようです。

5)SEXがあまり今までのパートナーと上手くいかなかった

夫婦の性生活がうまくいかず、離婚をしている家庭も増えてきました。 SEXを理由に結婚の意味を見いだせない方も現代社会においては増えているのではないでしょうか。 確かに夫婦生活において、SEXは重要な問題です。 中には40代・50代でのSEXが一番気持ちいいという研究結果も出ています。 しかし、50代になった今、SEXにあまりこだわらなくてもよいのではないでしょうか。 お互いが一緒にいて安心する、楽しい。 と思える相手なら、今の年齢だと子どもの心配も減っていますし、 したいと思えたときにできる相手がいるというのも一つの安心材料になるのではないでしょうか。

あなたが結婚する相手は?

「結婚できないのは何で...?」 もしそう思っているなら、考える量を増やすよりも、その時のあなたにとってベストな選択を増やしていくべきです。 人生は一度きり。 一番もったいないのは心がモヤモヤした状態が続いてしまって何もしないことですよね。 四柱推命やタロットなどが得意とする占いは未来に起きることの傾向を掴むことなので”あなたを一番幸せにしてくれる人との出会い"を調べるのと相性が良いのです。 チャット占いサイト?MIROR?では、有名人も占う本格派の占い師があなたの運命の出会いがいつ訪れるのかを徹底的に占ってくれます。 実際MIRORに相談して頂いている方の中には 「私の価値観を大事にしながら幸せにしてくれる良い人がちゃんと分かった」という方や 「本当に意識するだけで出会いの数が一気に増えた」 という方が多くいらっしゃいます。 ぜひ一度試してみてください。
\\あなたが1年以内に結婚する確率は◯%!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

50代での結婚が難しい理由と本音

ここまで50代に結婚したほうがよい人の特徴を紹介してきましたが、 実際50代での結婚は、当たり前ですが簡単ではありません。 ■男性は若い女性を求める ■女性が一人でも生きていける ■女性があまり年上の男性を求めない ■婚活を楽観視していた ■出会いのきっかけがない などなど。 50代での結婚は多くの問題をはらんでいるようです。

1)男性が若い女性を求める傾向にある

男性は若い女性を求める傾向にあります。 これは、子どもの問題や、自分の両親の介護を心配していたり、 単純に若くて可愛い奥さんがほしい、周りに自慢できるから。 などの安直な考えの男性も中にはいます。 こうした問題から、50代の女性にとって婚活事情が不利になっていることは否めません。 また、50代で結婚していない女性、と聞くと 「性格に問題があるのか?」 「プライド高そう…」 といった印象もついてしまうようです。 そんな幼い考えの男性は結局魅力的ではありません。 あなたの話をよく聞き、あなた自身に魅力を感じてくれた男性が現れるまで、 チャンスをうかがいましょう。

2)女性が一人でも生きていける

男が稼いで女が家事をする、なんて時代は遠く、今は女性もバリバリ働く時代。 自分で自分の生活が確保できてしまうと、一人での生活が楽すぎて 誰かと一緒に住むということにメリットを感じない女性も増えてきています。 そのため、収入面でのアプローチが難しくなってきているようです。 以前なら50代でも収入が多ければ婚活に参戦できていたのですが、 「収入なら自分が食べていける分はある、それ以外で一緒にいるメリットがある男性がいい」 という意見が増え、50代男性の婚活も難しくなってきています。

3)女性があまり年上を求めすぎなくなった

少し前までは、「年上の男性の方が包容力や経済力があって魅力的」という評価があり、 婚活でも年上の男性にアプローチをかける女性が多くいました。 しかし、最近は「同年代で一緒にいて話題があう」「共通の趣味がある」といった お互いが同じ価値観を持っていることを重視する女性が増えてきています。 男性はどうしても若い女性との結婚を望む傾向にありますが、 一度年齢という条件を外してみると、今まで出会えなかった素敵な女性に巡り合えるかもしれません。

4)婚活を楽観視し過ぎていた

「今はもっと遊んでいたい」 「今は仕事に打ち込みたい」 「いつか結婚できるだろう」 そう思っているうちに30代… 「本気を出せば、すぐにでも結婚できるだろう」 「男は30代からが売れ時」 「晩婚化の時代、女性でも30代を超えてからの結婚なんてたくさんある」 そう思いながら、気づいたら50代に…。 現代の日本では、結婚を望まない若者が増え続け、結婚にあまり積極的な姿勢ではなくなっています。 しかも、50代となると老後や介護の問題も出てくるため、婚活はより厳しくなると思われます。

5)出会いのきっかけの少なさ

20代、30代のうちは、友人や親戚の紹介、 遊びに行く機会も多かったのではないでしょうか。 50代になると、変わり映えのしない会社での人間関係や、旅行にも腰が重くなってきます。 合コンに行く年齢でもない。 どんどんと少なくなっていく出会いの数に、焦りだす50代の方も少なくはないでしょう。

50代で結婚をするための考え方

50代の結婚は難しい…? ではどのようにして婚活という波を超えていかなければならないのでしょうか。 今度は50代の婚活に向けての心構えについてみていきましょう。 キーワードは「前向きに明るく」婚活をすることですよ。 いくつになっても明るい人間というのは好印象です。 「私なんて」「俺なんて」という考えは捨てて、真剣に目の前の人間に向き合ってみましょう。

①ポジティブに向き合うこと

50代での結婚なんて無理だ。 50代にもなって婚活なんてみっともない。 そんな考え方は一度遠くへ置いてみましょう。 どの年齢になろうと、自分と一生を添い遂げてくれるパートナーがほしいと思うことは、 人間として至極当たり前の心情です。 婚活にも今はたくさんの種類があります。 町コンや相席居酒屋、イベントも共通の趣味やお見合い形式まで様々。 一種の出会いのきっかけをつくるつもりで、ポジティブに行動していきましょう。

②老後の考え方を大切にする

50代で結婚をするということは、パートナーである人と老後を共に過ごすということです。 自分がどのような老後を過ごしたいのか、また、その中で譲れない点はどういったところにあるのか。 都会での便利な暮らしを選びたい人と、田舎で自然に囲まれた暮らしがしたい人 異なる価値観を持ったままではせっかくの悠々自適な老後が楽しめません。 婚活の前に、自分の老後について、しっかりと考えを固めましょう。

③自分から積極的になること

「どうせ若い子には負ける」 と思って会場の隅っこで小さくなっているそこの50代! その通りですよ!! 若い子は、若いというだけで市場に価値があります。 酷い話かもしれませんが放っておいても話しかけられる 可愛い女の子、若い男の子、沢山いるでしょう。 そんな中で尻込みしていても話は前に進みません。 いいと思った相手には積極的にアプローチしましょう。 いつどこにいい出会いが転がっているかなんて、神様にしかわかりません。 でも、自分でその機会を多くすることはできます。 自分の幸せのため、ここが正念場です。

④子供への配慮も忘れないこと

急に女性・男性を意識しはじめた親に、戸惑いを隠せない子どももいるでしょう。 いきなりおしゃれをし始めた親に嫌悪感を抱くこともあるかもしれません。 子どもへの配慮もかねて、婚活を始める前に、一度腹を割って話してみるのはいかがですか? 「実は結婚を考えている」 からはじまり、どうしてしたいのか、どんな人とどんな老後を過ごしたいのか きちんと根拠を示しながら話せば、自分を育ててくれた親の幸せを願わないお子さんは 少ないように思います。 もしかしたらあなたを応援してくれる強力なサポーターになるかも。

⑤50代でも男女としての付き合いということを忘れない

もちろん収入や老後、介護に病気など、現実的に向き合っていかなければならない問題は 山のようにあります。 けれど、それと同時に、相手を一人の異性として向き合うこともとても大切です。 50代になったらキスやSEXはしない、なんて法律はありません。 自分が愛している人間からの愛情表現が嫌な人はいないでしょう。 これから死ぬまでを共に過ごすパートナー。 きちんと男女の関係であることを忘れず、 デートやコミュニケーションを楽しんでください。

まとめ

50代の結婚についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょう。 それぞれの記事を簡単にまとめると以下のようになりました。 ■50代の結婚に向いている人 ⇒「生活面に不安を感じている人」 例)収入・介護など ⇒「50代になって寂しさや人恋しさが芽生えた人」 例)一人でいると寂しい・恋愛がしたい! ■50代での結婚は難しい ⇒「男性に収入・年上を求めていない市場」 働く女性が同世代を求めるようになってきた ⇒「女性は若い子の方が有利な市場」 男性は若い女性を結婚相手に選びたがる ⇒「出会いの場が少ない」 ■50代で結婚するには ⇒前向きに、積極的に行動すること ⇒子どもへの配慮も忘れずに ⇒生活だけでなく、恋愛対象としてパートナーを大切に 何歳になっても出会いや恋愛はわくわくドキドキするものです。 「今さら…」と思っている方。 今やらなきゃいつやるのですか。 60代になったらさらに市場は狭くなっていきます。 今が絶好のチャンスだと思って、前向きに婚活に取り組んでみてください。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い