結婚を諦めたら幸せになれないの?死ぬほど頑張ってまで結婚すべきか諦めるべきかを見極める!

結婚を諦めきれず悩み続けている状態に簡単にサヨナラできます。結婚を諦めた!と言えば聞こえは悪いですが、諦めたのではなく新しい結婚観の認識を広げてみて下さい!目からウロコな事、請け合いです!読んだその時から、新しい自分と出会えるに違いありません

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 結婚総合
  3. > 結婚を諦めたら幸せになれないの?死ぬほど頑張ってまで結婚すべきか諦めるべきかを見極める!
周りの結婚の焦りや年齢の焦り、親からのプレシャー。 とはいえ、どうすればいいの? 結婚について悩む方の中には彼氏がいる方もいない方もいらっしゃると思います。 結婚の悩みは人によって様々。 ・私はいつ結婚できるの?運命の人は現れる? ・この人で大丈夫?幸せになれる? ・彼は結婚する気がある? そういった結婚についての悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 結婚の時期やお相手だけではなく、あなたの恋愛傾向や性質も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中結婚占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたが結婚する時期、運命のお相手 2)出会いが無い現状は変わる? 3)今の彼氏と結婚して幸せになれる? 4)アプローチされてる相手は大丈夫? 5)親の反対。どうするべき? 6)再婚できる? 7)<男性向け>結婚する時期・婚期
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

結婚を諦めたい...でも諦められない?

一昔前の私達の親世代までは、大体20代の後半くらいまでには、結婚をするのが一般的でした でも最近の日本人の初婚の平均年齢が30歳前後になり、結婚自体のハードルが、かなり高くなったような気がします そんな中で、いつか出会いがあって自然と幸せな結婚ができるなんて『夢物語』なんて思う人も多いようです 「20代までは、まだ大丈夫! 」 「30代までは、初婚が遅いのが普通になったから大丈夫! 」 「でも、40代になると「まじ!どうしよう!(涙)」 になっちゃうんですね そんな中で「まじ!どうしょう!」という気分になっちゃった迷える『結婚ジプシー』ちゃんについてのお話をします! いつの間にやら、つるっと30代後半となり結婚の二文字に幸せのイメージしかなかった人達が、逆に結婚という言葉に異常なまでにナイーブに反応をするようになってきます 親戚や昔の友人たちに久々に会うと間違いなく「結婚はまだしないの?」的な話があるのではないでしょうか? だから、法事やクラス会、、等々を極力欠席なんて事も・・ とくに周りの友人達が次々と結婚して片付いてゆく中での『結婚ジプシー』は、かなりキッツイです 結婚できないような要素なんて特にないのに、独身でいると「誰かと不倫してたりして?」なんて陰口を言われたりする事も・・ こんな感じで、結婚という人生のイベントがクリア出来ているか出来ていないかで、損な出来事に見舞われる確率が高くなっちゃうんですよね でも、いっそのこと「結婚をしない人生という選択肢もある!」について考えてみる事も必要だと思います 「結婚に白旗を上げてしまう」というのでなく、1つの生き方として今の自分の現状を肯定してみるというイメージです それでも、長年、いずれ結婚するのだろうと骨の髄まで思いこんでいたものを、いざ諦めた方がいいかな?と思いきるのは並大抵のことではありませんよね とくに、女性の方ほど諦めきれない気持の方が多いのではないでしょうか? それだけ女性にとって、結婚に付随する幸せ要素がテンコ盛りなイベントは人生の中でもそうそうは無いですもんね 結婚って、ホント、手に入れたら何もかも幸せになれちゃう?かのような幻覚を引き起こす媚薬のようです そんな強烈な媚薬ですから、手に入りそうで入らないと猛烈に苦しい思いをするのは当然かもしれません

あなたに結婚はいつ訪れる?

結婚したい!と強く思うのは自然な事。 実際、MIRORに相談して頂いている方、みなさんが本気で婚活をしている方が多いです。 ただ、みなさんが知りたいのは 「いつ結婚できるのか?」、「一番幸せにしてくれる相手はどんな男性か?」
生年月日やタロットカードで、運命やあなたの選択によって変わる未来を知る事ができます。 あなたに訪れる出会いを知って、未来のためのベストな選択をしませんか?
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

結婚を諦めた女性に聞く、結婚を諦めた年齢とその理由

なかなか諦めきる踏ん切りが、本来なら中々つかない結婚という悩ましい2文字・・・ それをあえてやってのけた女性達も世の中には沢山います 何故そんな気持ちに思い至ったのか?気になるところですよね 自分もそんなだったら、そんな気持ちになると思うかも?という貴重なお話を聞く事が出来ました 今回は、そう思い至ったという年齢も教えて頂きました 転ばぬ先の杖じゃないですが、微妙な年齢に差し掛かった方達の参考になると思います

35歳で諦めた。友人夫婦たちが離婚したり不仲で家庭崩壊しているのを見て「結婚って幸せなの?」と思った

そもそも論なんですが、結婚したら幸せになれると思いこんでしまっていては、かなりマズイです! 実は結婚って、高校進学や大学進学で行きたい所へ行けたかどうか?と大差ない人生のイベントだったりします 経験者は語る(笑) 希望の高校や大学などに合格して喜びに浸ったとして、卒業までずう~と幸福感に浸っていましたか?って話です!! しかし、仲の良かった友人夫婦の崩壊してゆく様を身近で見続けなければならなかった心の痛手は計り知れなかったかと思います 結婚に幻滅してしまったのも解らなくもありません 35歳という「結婚」の2文字に微妙に反応する お年頃になったなら、尚更のことだったろうと思います そういうシチュエーションをこの時期に迎えたという事が、この方の運命の引き金(転機)だったのかも知れません

37歳で諦めた。諦めたというか「こんなに苦労してまで結婚しなくていいのでは」と悟った感じ

世の中には、あれよあれよという間に、するするっと、たまたまその時に付き合っていた男性と結婚していた・・・ という風に、カップラーメンを3分で作っちゃうかのように結婚しちゃったという人も少なくはありません それに対して「こんなに結婚するまで苦労をしなきゃならないの?」と「いい加減、勘弁してよ!もう!」と自分の人生に呆れちゃっている人も少なからずいます 年齢が37歳ということですが、このくらいの年齢になってくると両手では足りないほどの異性と結婚を考えてはダメになり、また一からお付き合いから始り、そしてまたダメになりを繰り返されたのではないでしょうか? 「精も近も尽き果てた!」という感じがしました きっと「やるだけやって、ここまで頑張ったけど上手くいかなかった、そろそろ諦め時が来たな・・・」 そんな思いが、妙に「腑に落ちた」瞬間だったのかも知れません 人には、ふとした瞬間に、まるで神様からのメッセージかのような思いが心に浮かぶ事があるようです

39歳で諦めた。婚活をするのにも疲れていたし、手に職があるので問題ないと判断

30代になっても20代のように若く見えてテレビで活躍されている独身の女優さん達(男優さんも)が沢山いるせいか、何となく30代までは独身でも大丈夫感があります でも39歳となると来年40歳かぁ~というプレッシャーは中々なものです そんな中で、やはり、付き合ってはダメになりを繰り返し続け、とうとう来年40歳!というシチュエーションが自分の中から答えを引っ張り出した・・・という感じがしました 手に職をお持ちになっていたのが幸いして、将来に不安も無いからという事のようですが、この方は、とても現実的なモノの見方をされている方のようです 結婚を色恋や幸せのゴールインという観念だけではなく、結婚するかしないかで将来起こりうるリスクもちゃんと考えに入れられたのは素晴らしいです ここ、けっこう大事ですよね! 結婚してウン十年が過ぎ年をとって旦那さんが亡くなったら、大抵は遺族年金というものが自分の年金額に加算されます でも、独身を通したり離婚して独り身になると、自分だけの年金額で老後を過ごさなくてはならなくなります たぶん、これ、自分一人だけの年金額だけだと、かなり生活が厳しいはずです 1ヶ月を6万円で暮らすか、12万円で暮らすか(旦那さんの遺族年金を足して)くらいのリスクがあります 最近では、年金生活を始めたご年配の方達が自分の年金だけだと暮らしてゆけないので、生活保護を受けているという方達が多くなって来ているようです 何を決断するにしても、先先の事を見据えた決断をしなければいけませんね

40歳で諦めた。もう子供を作るにも遅すぎる年齢だと思ったため

女性にとって、結婚に出産はセットで考えてしまう人は意外に多いと思います 愛する旦那さんと自分の遺伝子を受け継いだ可愛い「赤ちゃん♪」に恵まれたいと、当然思ってもしかるべきです ただ、昔と違って「子供が産めない」&「後継ぎを作る事が出来ない」女性が疎まれるというのは、時代錯誤のように思ってしまいますよね しかし、ビックリするかも知れませんが、今の時代でも結婚後に子供をもうける事が大事と考えている家庭が過半数だったりするんです たとえば、後継ぎが必要な個人病院を経営している家、政治家さんの家、何ヘクタールもの畑を持っている農家さん、自分の船で漁業をしている漁師さんの家、そして、一般的に多いのが先祖代々のお墓を持っている「普通のオウチ!」だったりするんです 私の友達も、40歳過ぎて御縁があって結婚をしようとした所、相手の男性のご両親から、 「ウチの墓を将来、無縁仏にするつもりか!!」と、結婚を猛反対されてしまいました そうですよね、息子が孫を作れなかったら、息子の代で、お盆とかに墓参りしてくれる親族が途絶えてしまうのですから、淋しいと思われて当然かもしれません やはり、満を持して結婚するのならば、周りから祝福されて結婚したいと考えるのは当然のことです それをこれから子供を産めるか否かの可能性が低いというだけで、女としての価値が下がったかのような扱いを受けるのであれば、結婚という絵に描いた餅は見ずに過ごした方が心健やかな日々を過ごせる事でしょう それだけ、結婚をするにしても40歳を過ぎるという事は、高いハードルが、いきなり2倍も3倍にもなるかのような感覚になってしまうんですね ある意味、40歳という年齢に差し掛かってくると、グズグズと結婚に対して諦めのつかなかった心が溶解し始め、シングルでも良いかな?と踏ん切りがついて、前向きに物事を考える事が出来るようになるのかも知れません

はじめから結婚する気がなかったという女性も。

「自分が将来に結婚するなんて断じてないと思う!」と、何故か思ってしまっている方達が不思議にもそれなりの数の方がいらっしゃいます でも、何故か、そういう人に限って、誰よりも先に結婚していた・・・・という事も多いようです 本当にある意味、こういう方達は賢い方達の分類入っていると思っています 今現在、自分が持てないモノに執着しても辛くなるだけ損だと、深層心理でキッパリ!取捨選択出来てるんですね こういう強気な生き方、羨ましい感じもします でも、自分の弱い所に一切目を向けないで生き続けるなんて不可能じゃないかな?とも思います それに、打たれ慣れしていない分、ポッキリと折れやすい弱さも併せ持っているのではないでしょうか?

あなたが結婚する相手は?

「結婚できないのは何で...?」 もしそう思っているなら、考える量を増やすよりも、その時のあなたにとってベストな選択を増やしていくべきです。 人生は一度きり。 一番もったいないのは心がモヤモヤした状態が続いてしまって何もしないことですよね。 四柱推命やタロットなどが得意とする占いは未来に起きることの傾向を掴むことなので”あなたを一番幸せにしてくれる人との出会い"を調べるのと相性が良いのです。 チャット占いサイト?MIROR?では、有名人も占う本格派の占い師があなたの運命の出会いがいつ訪れるのかを徹底的に占ってくれます。 実際MIRORに相談して頂いている方の中には 「私の価値観を大事にしながら幸せにしてくれる良い人がちゃんと分かった」という方や 「本当に意識するだけで出会いの数が一気に増えた」 という方が多くいらっしゃいます。 ぜひ一度試してみてください。
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)
無料!的中結婚占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたが結婚する時期、運命のお相手 2)出会いが無い現状は変わる? 3)今の彼氏と結婚して幸せになれる? 4)アプローチされてる相手は大丈夫? 5)親の反対。どうするべき? 6)再婚できる? 7)<男性向け>結婚する時期・婚期
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

結婚を諦める事で幸せに生きている人達てどんな感じ?

「結婚を諦める」と一言でいってしまえば、負け犬感が半端ありませんが、結婚だって星の数ほどある「人生の選択」の一つに過ぎません もっと結婚について気楽に考えたって良いと思います 「過ぎたるは及ばざるが如し」っていいますもんね 何事も執着し過ぎると不幸になってしまします 自分らしく清々しく生きる為にも、「結婚という名の呪縛」から解放されて、結婚しないという選択肢のプラスのイメージも持って頂きたいな♪と思ってしまいます 物事に固執し過ぎてしまうと、なんかドロドロした怖い女(男)になりそうで・・・そんなの嫌ですよね! 皆さんには、選択肢を広げて、伸び伸びと生きて欲しいですね! そこで、傍から見ても毎日を楽しく充実して生きている「おひとり様」の生活の一部をご紹介したいと思います 少なくとも、この方達は、悲しみに暮れながら生きてはいませんし、毎日を充実させているので人知れず思い悩んで暮らしているという事もありません 手に入れる事の出来ないモノではなく、今手に入るモノで生活を充実させる事も大事!と気付かせてくれます 又、シングルを選んだ時に覚えておきたいリスクについても書いてみました

1)趣味や仕事などに熱中していて、ひとりでいることを寂しく思わず楽しんでいる人

ある意味、多趣味の人は、結婚には向いていないかも知れません 既婚者が結婚前と結婚後とで、まず真っ先に何が一番違ってくるのか?と質問されたら、「自分の時間が無くなった!」と口を揃えたように言う事でしょう それだけ、家庭を築くという事は役割や責任の数が増えますから、当然、自分の時間が持てなくなってしまいます そんな家庭人が羨ましく思うのが、自分の時間をタップリと注いで趣味や仕事に没頭する事が出来るシングルさん達です 好きな事に夢中になれる時間が持てるという事は、本当に嬉しいものです 若い時に諸事情で出来なかった事に、やっとトライする事が出来た!という人も少なくありません 趣味を通して、仲間も増える事でしょう 寂しいと感じている暇さえないかも知れませんね

2)外食や旅行などもひとりで出かけることができ、抵抗がないという人

シングルさんの方達の中で特に「自由を満喫しているなぁ~」と感じてしまうのが、好きな時に好きな国や地方に気軽に旅行に出かけている方達です 家庭を持つと、旅行費だって当然 人数分だけ増して負担も掛かりますし、家族のスケジュールだって合わせるのも一苦労です! でも、行こうと思えは何処だって直ぐに行けちゃうのが、シングルさん達だったりします 「インスタ映え」する現地のグルメだって自由に味わえたりしちゃいます! この身軽さは、結婚をしてしまうと、二度と味わう事はないでしょう・・・

3)十分な収入や安定した職があり、ひとりでも十分生きていけるビジョンがある人

先にも少しだけご紹介しましたが、現実的に考えると、まず真っ先に生きてゆく為に必要なのは「お金」なんですよね 結婚すると収入も共働きだと倍増しますし、もし、旦那さんが先に亡くなったとしても遺族年金という国からの手厚い(?)保護を受けられます しかしながら、未婚のシングルを守ってくれる法律が日本という国にはありません もし仮に親御さんが生きている間 、援助や保護をしてくれたとしても、将来、親が亡くなっても子供は何の保証も受けることはできません 中には、親からの遺産がある人もいると思いますが、少数派の僅かな人達ですだけです なので、シングルを選ぶという事は、自分が死ぬまでの安定した収入を考えないといけないという事にもなります

4)自分の生活のペースがあり、誰かと同居してペースを乱されたくないという人

自分の生き方全てに「こだわり」を持って生きている人は、他人との共同生活は鼻から無理!と思っている方も多いんじゃないでしょうか? 「自分は、こうじゃないとダメだから!」というようなポリシーが人より多い?と感じている人は、ぜひ、シングルをお勧めした方が良いかも知れません 結婚は、所詮は他人との共同生活な訳です 妥協と我慢の繰り返しの中で、頑張って幸せ求めているような彷徨い人でもあります こだわりとかポリシーとか絶対に譲れない!という事を「生涯、通したい!」というナルシストさんは、シングルこそ安住の地だと思っていて、間違いありません

5)友人関係や近所のコミュニティなどでの人間関係をきちんと築いている人

驚く事に、どんな小さな街にも「○○センター」や「○○会館」など、地域の奥様方やお爺ちゃん・お婆ちゃんが楽しめるような福祉会館(コミュニティーの場)がたくさん存在しています 大人の手習い書道教室、フォークダンス教室、編み物教室、パソコン教室等々、数限りないほどの興味をそそる趣味の場が提供されています そんな中で上手に人混みに馴染んで楽しんでいるシングルさん達が沢山いらっしゃいます! それに対して、結婚すると親戚縁者や旦那さんの会社の上司 ・同僚に友人達との交友を求められてしまいます 結婚すると、自由な会話さえ出来ず 気の使う事も多い人生となるでしょう それに引き換え、シングルさん達は習い事を通して 同じ立ち位置のお友達と巡り合い会話を楽しむ事が出来ます それに将来、年をとった時に億劫がらず人中に入っていく事も「実は必要」と思えるポイントもあります 人中に入る事によって、会話によりボケ防止になったり、孤独死防止になったりするという点も大事ですね♪

結婚を諦めたくても諦められない人によくある原因

将来、結婚をして自分の家庭を築くという夢を諦めるも諦めないも、本来はその人、本人次第です でも、本人次第という自由が与えられているが故に、悩み苦しんでいる人が意外にも多いのです 自由であるが故に、人を苦しめるという事もあるんですね 諦めるも地獄、諦めないのも地獄・・・などと、ついつい考えちゃう人も多いのではないでしょうか? 人の考え方って、生まれ育った環境に左右される事も多く、その人が「普通だ」や「常識だ」と思い込んでいる事って、実は、意外に本人だけが思い込んでいるだけだったりする事が盛りだくさんです! その思い込みが自ら自分自身を苦しめているという事もあるのです 思い込みを手放して「あるがままの自分」を受け止めて欲しいと思う所なんですが? そんな自分の思いに固執してしまっている人達を、客観的に見てみましょう 自分自身の事は、中々客観的には見られませんが、第三者として見てみると気付かされる事が盛り沢山だったりします

「結婚しないと幸せになれない」「結婚できない女はみじめ」というイメージが強いため

40歳くらいまでに結婚していなければ、本当に人生の「敗者」や「負け犬」なのでしょうか? やはり、本人の考え方次第だったりするんですよね 結婚したから人生の勝者だなんて、ナンセンスです 数年後に離婚する羽目になるとも知らずに!なんて事もありますもんね そうだと解ってはいても、本心では「私だって素敵な男性(女性)と結婚して幸せ感じたいさ!」 という気持ちを拭い去れないでしょう・・・誰だってそんなもんですよ でも、思い出してみて下さい それほど「心の地雷」になってしまった「結婚」ですが、本当に手に入れる事が出来なかったのでしょうか? 全く、ご縁がなかったと言えるのでしょうか? 多分、否だったのでは? 「顔が受け入れられなかった?」、「年収がイマイチ・・?」、「長男だったので、親の面倒とか考えるとムリ!」等々 選ぶ権利は、もちろん有っていいと思います、世間体だって気にしたって悪い事ではありません、そんなもんです ただ、魚だって果物だって「旬」の時期がある訳です! 人間だって、同じです! 結婚をこだわるなら、一番いい時期を見極めて、結婚を決め切れなかった凡ミスは致命傷でもあります 一番に美味しい時に売れてこそ、一番の高値が付くんです! つまり、その人の出会いの中では、そういう時の出会いが一番の運命の出会いが起こり易くもあるんです 見極める事が出来なかったとしても、いた仕方ないのかも知れませんが・・・ 人間は、誰もが霊感が長けている訳ではありませんしね、運命の人なんて、解らなくて当たり前ですよね ただ、今現在、「適齢期ちょい過ぎ」で、焦っていると思われるのも腹立たしいし・・・などと五里霧中を彷徨っていると感じている人がいたらお伝えしたいです 子供の頃、「雀(すずめ)のお宿」またの名を「舌切り雀(すずめ)」という昔話を聞いた事がありませんか? 昔の人の知恵ではありませんが、欲をかくとね・・・やっぱりダメなんですよ・・・

結婚しないと老後は一人ぼっちになってしまうと考えるため

一人ぼっちは、寂しいものです 孤独死という言葉を聞くとゾッとしますよね 結婚して家庭を築かないと、私もゆくゆくは こんな人達の仲間入り? と、単純に考えて恐怖さえ感じている人も多いのではないでしょうか? いや!これ!、声を大にして言いたいのですが、全くの見当違いです! 結婚して子供が出来ても、思春期頃から 子供達からキモイ呼ばわりされて嘆いているお父さんの何と多い事か! 本当に可哀想なもんです(涙) ちっちゃい時は、お父さんのお嫁さんになる!とか言われていたのが、キモイといって近寄ってもくれなくなったり・・ 年をとってくると、家族の中で誰が自分を面倒見るのかで揉めているのを目の当たりに見る事になったり・・・いや、かなり、恐ろしいです あれだけ苦労して育てたのに、私を排除したがっている? 確かに、寝たきりとかになって、子供夫婦の世話になるのも申し訳ないと思うけれど、そこまで疎まれるなんて・・・ 結婚したってしなくたって、要領良く生きれなければ、孤独にだって寂しい思いだってガバガバ!しちゃうものです けっして、結婚して家庭を作らなければ寂しい老後になりそう・・・などと思いこまない方が良いのです!

自分の子どもを作ったり、家族で賑やかな家庭を築きたいと思っているため

子供を作って賑やかな家庭を築こうと考えるのだとしたら、本来なら、ちゃっちゃと行動に移さないと全く持ってダメダメ!なのです 健康で安全に子供を産もうと思ったら、35歳までです! 逆算すると、遅くても30ちょい過ぎまでには結婚にこぎつけなくては!! 30歳前後に、こんなこと言っている時点で、かなりアウト!です でも、アウトだろうがセーフだろうが、私、かなり結婚に向けて悲しいまでに努力してきたんですけど!!と憤慨なさる方もおいでになると思います 朝起きたら、エプロンをした自分が台所に立ち味噌汁の味見をしている ふと、時計に目をやると間もなく7時に・・・ 「あ!、子供達を起こさなくっちゃ!」 大声で子供を起こす私 すると、いっせいに2階からドタドタ!と階段を降りてくる騒がしい子供達! 旦那さんは、素知らぬ顔でコーヒーをすすりながら、新聞に夢中になっている・・・ いや、、、中々、ほのぼのとした朝の幸せ風景です! これを、お望みだったのでしょう? きっと頑張って婚活パーティーに数えきれないくらい通い、コンパも友達の紹介も覚えてられない くらい経験したかのもしれませんね その結果、結果がともなってないのは、これ如何に? いや、解ります!、今までの婚活に掛かったお金と時間と労力を考えると報われて当然!然るべき!ですよね でも、人間には、悲しいかな求めれば求めるほど遠ざかる陽炎のような「宿命や運命」というモノが存在しています 人は、常に無い物ねだりをして苦しむ生き物ですが、手に入れられるモノや入れられないモノは予め決められている事もあるようです それに、それだけ頑張って生きてきた人なんかは、もうダメ!諦めるしかないわ!と思ったとたんに「瓢箪(ひょうたん)から駒」かのように、突然に願いが叶ったりもします それが、奇跡なのか予め予定されていた事なのかは神様にしか解りませんが、涙ぐましい努力を重ねてきたという事実は、その人の「宝」に間違いありません 結果だけが全てではなく、家庭の経験こそ大変に貴重で美しいその方の人生の一部なのです! 希望が叶おうが叶うまいが、胸を張って生きてゆけばいいのです

結婚を諦めたくても諦められない!そんな時の3つの判断基準

どんなに結婚に前向きでいても、流石に20歳から数えたとして20年も玉砕し続けていたりすると「このままで良いのだろうか?」と迷いも生じてくる事でしょう どっちつかずの心理は、ある意味、樹海を彷徨っているかのようで、常に不安で自信やプライドさえ奪ってゆきます そんな時、「押してもダメなら引いてみな!」という訳ではありませんが、一旦、自分の人生から結婚というブランドを手放してみると良いかも知れません 同じ事を繰り返してみても、同じ結果しか出てこないのは当たり前ですよね? それこそ20代から20年近く結婚する為に試行錯誤してきたのだとすると、20年も結婚という扉を開けようとしてきたけどダメだったのでしょう? そう考えてみてら、その人の結婚の扉は他の人と違って「鉄」か「鉛」で出来ているのかも?と思い始めても良い頃合いのような気がします けっして、楽して生きろ!という意味ではありません 頑なまでに頑固に一つの事に固執するのではなく、せっかくの自分だけの大切な人生なのですから、他の可能性も試してみた方がいいのでは?と思ってしまうのです 色々な思い込みによる失敗は、結婚に限った事ではありません しかも、この世は有り得ない奇跡だって起きちゃうミラクル世界でもあるんです もっと自由に生きてゆけば、幸せは直ぐそこで手を振っているのかも知れませんよ?

自分の収入や貯蓄をチェック。一人で生きれるビジョンを立てられるなら無理しなくてOK

やはり生きてゆくためにはお金は必要不可欠! 結婚したからって一生安泰なんて事も無いですしね あっちゅう間に旦那さんがリストラされて、この人だけに人生預けたのは間違いだった!てなんて事もありますよ 結婚は、俗に言う「ご縁」も働くものです その人の「ご縁」が若い時に働くものなのか、50歳・60歳になって働くものか神様でもなければ解らないモノです 40歳の時に潮時か?と思い結婚を一旦諦めた人も、心臓が飛び出るほど歓喜に震える出会いが50歳になってから突然にあるかも知れませんし、もちろん、無いかも知れませんが、先々の事を考えて一人でも安泰に過ごせるよう準備は欠かしてはいけません! お金が乏しく侘しい思いは、したくないですよね お金で困っている時に、愛だの恋だのと言っていられると思いますか? 将来設計は「死ぬまで生きる為の大事な勤め」と思って肝に銘じて欲しいと思います! それに、結婚出来ても出来なくても、どっちでもOK!という余裕がその人を魅力的にしてもくれます 焦っていたり自信を失っていたりすると、その人の魅力もあせて見えてしまいますよ!

友人や趣味の仲間などの人間関係を築けているか。結婚しても別れる可能性はあるし、結婚しなくても友人関係が充実していれば問題ない場合もある

結婚をしたとしても、友人からの誘いを結婚した事が理由で断るという人もそういないのではないでしょうか? それだけ、友情というものは、人間として生きて行く上で必要不可欠な大事なものなんですよね 気の合う仲間は、値千金!!です ぜひ、大事にして下さい 年を重ねてゆけば解るものですが、年はとればとるほど 人は臆病になってゆくものなのです 貴方の心の隙間は、きっと友人達の温かい励ましで埋まる事が多くなる事でしょう

自分の子供をもうけて家庭を築きたいか。養子を迎えることもできるが独身だと不利なこともある

女性であるならば誰しも、自分の分身ともいえる赤ちゃんに巡り合いたかったに違いありません しかし年齢的なモノや金銭的な事などで諦めざる得ない女性が、実際かなりの数が上るのではないでしょうか? 結婚までこぎ着けなかった独身女性達も「子供は欲しかったんだけどね」と、恨めしく思っている人も多いと思います 中には、子猫や子犬を飼ったりして、寂しさを紛らわしている人も大勢いるでしょうし、思い切って養子縁組を考えられる方もいらっしゃることでしょう ただ、独身女性に限らず、犬猫を向かい入れる事も子供の養子縁組をする事も決して引き返せない責任を担ってしまったのだと覚悟をする事がとても大事です その覚悟がヌルイと、大変な苦労を背負う事になってしまいます 一時の高揚で他人様の産んだ子供をわが子として育てるとしたら、地獄を見るかもしれません 自分の産んだ子供でさえ思う通りになんて育ってはくれず、怒りと失意を押し殺して世の親達は悪戦苦闘をしています 血が繋がっていないという事がネックとなり投げ出してしまわないとも限りません 将来、子供が学校に上がると、不思議にも何故か「貰いっ子」という情報が何処からか漏れ聞こえたりもするでしょう 「自分が産んであげていれば苛められる事もなかったのに」と甘やかせば、ワガママな子供になってしまいます 寂しさや愛情の対象欲しさに、絶対に簡単に手を出してはいけない世界です それなりの覚悟を決めれるのなら、自分の人生を賭けるつもりで頑張りましょう

さいごに

結婚しようがしましが、貴方は貴方です 蝶は、サナギから脱皮し美しい姿へ変貌を遂げますが、私達は人間です 己の魅力や価値が、はたして結婚をするかしないかで上下をするでしょうか? 駄々っ子のように、欲しいオモチャが手に入らず、そのオモチャの前で永遠に泣き叫んでいても良いんでしょうか? 賢明な貴方なら、きっと、より良い人生の選択を間違わずに進んで行かれるものと信じて結びとさせて頂きます

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い