人生の目的とは?自分の人生の目的の見つけ方

あなたは毎日の行動に意味を感じていますか? 意味がなくこなすだけの日々は楽しい人生と言えるでしょうか?人生に目的を持っていれば毎日が意味のあることばかりになり、楽しく過ごせるんですよ!さあ、早速、人生の目的を探してみましょう!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > 人生の目的とは?自分の人生の目的の見つけ方
人生の悩みは人によって様々。 ・本当に自分に向いている事ってなんだろう... ・自分が好きになれないな...自信が持てない ・なんであの時あんな事をしてしまったんだろう... ・この先どうなっていくんだろう... ・どんな道を選択をするべき? 辛い事やモヤっとした感情を抱えながら生きるのも人生です。 でも、「今からどうすると人生がうまくいくのか」将来どうなっていくのかが分かれば一気に人生は楽しくなります。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

人生の目的を決める意味

何気なく生きている人と目的を持って生きている人。その違いについて考えた事はありますか? また、あなたは目的を持って生きていますか? 小さい頃はパティシエになりたいとか、キャビンアテンダントになりたいとか夢を持っていたと思います。 でも歳を重ねるにつれてその夢を諦めてしまい、現実と折り合いをつけて就職し、働いてる。そんな人がほとんどでしょう。 でも小さい頃に思い描いていた夢が叶わなくても、人生が一度きりなのは変わりません。同じ生きるなら何か目的や目標を持ち、歩んでいく方が力強く生きていけるのです。 初めて踏み込む森を前にした時に、目的を持っている人といない人とではどう違うでしょうか? 森の中では何が起こるかわかりません。何か恐ろしい魔物が潜んでいるかもしれないし、道無き道に翻弄されて迷い、抜け出せなくなるかもしれません。 目的を持っていない人はそんな森の中を進もうと思うでしょうか? もしやむを得ず進んだとして無事に抜けられるでしょうか?きっと恐ろしくて不安で、足がすくんでしまう事でしょう。 それでは目的を持っている人ならどうでしょうか?恐ろしくて不安なのは同じ。けれど前に進まなければ目的は達せされない。その思いが足を進めるはずです。途中で魔物と出会っても剣を振るって戦えるはず。 人生に目的を持つという事は、人生で何か困難に見舞われた時にそれを打破できる力が生まれるという事なのです。

あなたの人生が変わるきっかけは?

今、あなたはとても辛いのではないでしょうか? ただ、辛い時にはそれなりの理由があります。 しかし、多くの場合は後から「あの時はああいう理由で辛かったんだ」と何かのきっかけで気付く事がほとんどです。 辛い時というのは思考がまともにできない状態とも言えます。 まともに思考ができない状態から抜け出すための手段はいくつかありますが、 一番効果があるのは「今の自分の辛さや大変さ」これを素直に話して誰かから客観的なアドバイスを受け入れる事です。 MIRORでは有名人やアスリートも含む1000人以上の人生相談に乗ってきたプロが、秘密厳守であなたのために本気でアドバイスをしています。 今は辛くても、気付く事で世の中の全ての人に大きな幸運や転機の可能性が開かれています。 今、辛さを感じている人は是非一度試してみてください。
\\本来のあなたの幸せと笑顔を叶える//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

そもそも人生の目的とは?

人生に目的を持つ事は大切。それがわかったところで、では人生の目的って具体的に何でしょうか? あなたはどんな人生を送りたいですか?楽しい人生、飽きない人生、後悔しない人生。色々ありますね。 人それぞれ、送りたい人生は違うと思います。楽しい、飽きない、後悔しない。歩んで行く道は違いますが、どんな人生であっても実はその最終目的は同じなのです。 その目的地とはどこなのか、考えていきましょう。

仮にあなたが江戸時代の農民に生まれていたら?

もしあなたが江戸時代の農民に生まれていたら人生にどんな目的を持っていたでしょうか? 江戸時代といえば身分制度がはっきりしていて、決まったレールに乗っかった生き方をしている人がほとんどでした。 ですから農民は農民。父親の後を継ぎ、土地を守って次の代まで耕し続けることが人生の目的です。女性の場合は嫁いで健康な子を産み、子孫を残すことでしょうか。 江戸時代の人たちは自分で人生の目的を模索しなくとも、多くの人々は生まれた時からすでに人生の目的を託されていたのですね。

今は個人の自由の時代

現代ではどうでしょうか?親が自営をしている人は跡を継ぐという目的を託されている人もいるかもしれませんが、サラリーマンの父を持ち、自分の人生を自由に選択できる立場に立たされている人がほとんどではないでしょうか?女性の場合も跡を継ぐという事は稀でしょうし、昔ほど嫁いで子孫を残すということに強い責任もないでしょう。 しかし「自由」この言葉はとても魅力的に響きますが、同時に戸惑いも感じませんか? 決められたレールの上を歩くのは嫌だ!と思う人もいるかもしれませんが、実際にレールから外されると、途端に道を失い、戸惑いと共に不安になってしまう場合もあります。 そんな自由な世界に放り出された現代の私たちは人生に不安を感じやすい立場に置かれていると言っても良いですね。だからこそ、自分たちの意思でしっかりと人生の目的を定めていく必要があるのです。

人が人生を生きる目的の正体

昔の人々の家業を継ぐという物理的な目的を持たない現代の人々はどのような人生の目的を持つべきなのでしょうか? その答えのヒントは「人との関わり方」にあります。 生きている以上、人と人との関わりは避けて通れないものですよね。人生とは生まれてから死ぬまでにたどる道筋であり、そこに同じように生きる人々との関わり合いの日々でもあります。 人間は感情によって動く生き物でもありますよね。その感情が生まれるのも人と人との関わりがあるから。相手がいないと感情は生まれませんし、受けることも出来ない。つまり人こそ人生を生きる目的の正体なのです。 楽しい人生、飽きない人生、後悔しない人生…と人にはそれぞれ望む人生が違ってもその根底には「人との関わり方」があるのです。 ですからどんな風に人と関わって行くのかを考えれば、人生の目的は見えてくるのではないでしょうか。

誰かのために何かをする事 = 人生の目的

例えば、あなたが「嬉しい」と感じる時ってどんな時でしょうか?誰かに「ありがとう」と感謝された時、何かを成し遂げて「頑張ったね」と褒めてもらえた時、一緒にいて「楽しいね」と共感された時ではないでしょうか? 嬉しいと感じる時は幸せな時ですよね。つまりあなたが幸せを感じる時にはいつも側に人の存在があり、その人から評価されたり、良い印象を持ってもらえた時だと言う事なんですね。 人から感謝されるためにはどうすれば良いでしょうか?評価してもらえるためにはどうすれば良いでしょうか?気持ちを共感してもらえるためにはどうすれば良いでしょうか? それを考えれば自分も幸せになれる。そんな気がしませんか?楽しい人生も飽きない人生も後悔しない人生も幸せの基に成り立つもの。 そう考えれば自分が幸せになるためにも、人生の目的は人を幸せにするために何をするか。誰かのために何かをする事なのだとわかりますよね。

あなたにとっての人生の目的を見つける方法

「誰かのために何かをする」でも具体的には何をすれば良いのでしょう? そして自分には何ができるのでしょうか? 誰かのためにできる何かは、立場も環境も性格も得意分野もそれぞれ違いますから、人それぞれのはずです。 ここからはあなたにとっての人生の目的を見つけるための方法を紹介します。

人生の目的を見つける5つの質問

あなたは誰ですか? 何をしますか? 誰のためにそれをするのですか? 相手は何を欲していて、何を必要としていますか? 結果としてどう変わりましたか?
出典 : http://the5seconds.com/purpose-of-life-10052.html

この5つの質問は映画プロデューサーのアダム・レイプツィ氏がTEDで語ったスピーチです。彼は人生に幸せを感じていた人たちは人生の目的である次の5つのことを理解していたと語り、その5つのことを示しました。それがこの5つの質問です。 この質問の意味するところは何でしょうか? 一つ目、二つ目は自分自身のこと。そして後の3つは人のこと。その事にあなたは気づいたでしょうか? つまり自分が幸せになるためには自分よりも他人のことを考えるべきだということなんですね。その積み重ねこそ人生の目的であるという事です。 例えば、主婦を例にこの5つの質問に答えてみましょう。 「あなたは誰ですか?」主婦歴◯年の◯◯です。と答えますね。「何をしますか?」の質問には掃除や洗濯、炊事等、家事全般を担い、そして子供達の世話をしていると答えるでしょう。「誰のためにそれをするのですか?」もちろん、家族のためですね。「相手は何を欲していて、何を必要としていますか?」家族は快適に毎日を過ごすための美しい環境を欲しているし、栄養のある美味しい食事を欲していますね。「結果としてどう変わりましたか?」毎日満たされた家族は笑顔になり、健やかに成長していきます。 最後の結果を見て、あなたはどう感じましたか?家族が笑顔でいること、健康に生きていくこと。それが自分の努力によって保たれていることを嬉しく感じませんでしたか?毎日何気なくしている自分の行動が意味のあるものに感じられるようになりませんでしたか? 毎日毎日、休みもなく家事や仕事に追われる中で「私、何やってるんだろう…」と思ったことはないでしょうか?そんな時はこの5つの質問を思い出してみてください。 周囲の人々を幸せにする事があなたの人生の目的、生きる意味であり、使命なのです。それに気づいたらもう「何をやってるんだろう…」なんて悲観することなどなくなるのではないでしょうか?

自分の葬式を想像する

三年後の自分の葬式を想像しなさい 祭壇には自分の写真、会場には自分のために集まった人々 その人たちに自分の人生について何と言ってほしいか どういう人だったと言ってほしいか 自分の人格のどこを見てほしかったか、どういう貢献や業績を見てほしかった
出典 : http://jibunhack.com/3945/
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

日本で一番売れている海外ビジネス書として有名な「7つの習慣」この著書の中の第二の習慣「目的を持って始める」の章の中に自分の葬儀を想像する、という話が出てきます。 あなたの人生の締めくくりに語られる周囲の人の話はあなたの人生の結果です。 自分の葬式を想像した時、どんなことを言ってもらいたいでしょうか?「楽しい人だった」「優しい人だった」「気配りのある人だった」そんな風に言われたいですよね。 それがあなたの理想とする人物像だということ。ですから人生の締めくくりにそう人から言われるような人生を歩んでいくべきなのです。こうして自分の葬式を想像すれば明確な理想像が見えてきますね。 後はそれに向かい生きていくだけです。

自分の歴史から目的を探る

自分史というのをご存知でしょうか?生まれた時から現在までをまずは年表に起こし、順を追って自分の歴史を書いて行くのです。 自分史を書き始めるとどんな効果があるかというと「自己の再発見」です。自分が過去にどんな事をしてきて、その度にどんな事を考えて、どんな選択をしてきたのか。 それを知り、分析することで自分がどんな人間で、どんな思想を持ち、どんな行動パターンを持っているのか知ることができますね。 そこから結局自分は何がしたかったのか?何を目的にして生きていきたいのか、それを探ることができるのです。

自分の内面を探る

自分の本当のところの内面を知る人はあまりいないと思います。心の底から望んでいる何かがあったとしても、どうしても周りを気にしてしまったり、自分自身でも認めたくない気持ちが知ることを拒んだり。 でも自分が本当に望んでいることがわかればそれが満たされた時、どれほどの幸福感や安心感を得ることができるでしょうか? 自分がこんなことを望んでいるなんて…と戸惑うこともあるかもしれませんが、それを全て認め、自分の内面を探り、本当の望みを見つけださなければなりません。

自分の人生の目的は探す事で見つかる

人生の目的を持つことは大切なことですね。目的を持たない旅は不安ばかりで楽しみが半減してしまいます。その人生の目的は己の中にあるということを覚えておきましょう。 何かの拍子で目的を見失ってしまっても、それさえ覚えておけばまた探すことができるはずです。 自分の人生、周りの環境を振り返ることで目的は見つかります。 主婦なら家族の健康と幸福を守ること。働いている人なら、職場の中で自分という人間がどのように必要とされているのかを考え、職場の中で役立つ人材になること。あなたが人の上に立つ立場なら、部下が働きやすい環境を整え、何かあった時には部下を守り、フォローできるように努めること。 自分の立場や置かれた環境によってそれぞれに目的は違ってきます。でもその根本は同じ。人の為に生きること。存在の証は人から認められ、忘れられないことでもあります。ですから人の為に生き、いつでも求められる人間でいることが一番の幸せな人生なのではないでしょうか? 人の為に自分ができること=人生の目的です。周囲を見回し、あなたのできることを探してみましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧