人生が変わった瞬間23選

人生変わった!そう言える体験をする人は少ないですよね。 人生変わったと思う瞬間は実は何かをした時ではなく、自分の心が変わった時なのです。 どんな風に思えた時に人生が変わったという瞬間になるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > 人生が変わった瞬間23選
人生の悩みは人によって様々。 ・本当に自分に向いている事ってなんだろう... ・自分が好きになれないな...自信が持てない ・なんであの時あんな事をしてしまったんだろう... ・この先どうなっていくんだろう... ・どんな道を選択をするべき? 辛い事やモヤっとした感情を抱えながら生きるのも人生です。 でも、「今からどうすると人生がうまくいくのか」将来どうなっていくのかが分かれば一気に人生は楽しくなります。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

人生変わった!そんな瞬間は心が変わった瞬間

こんにちは!Dears編集部のTです! 人生にはかならずと言っていいほど、「転機」「浮き沈み」「波」がありますよね。(今私は"沈み"です☆) 生きていて「人生が変わった瞬間」って自分にもやってくるのだろうか?と考えることありませんか?(特に沈んでる時に) どんな人でも人生のターニングポイントがあり、分かれ道を経験しますが実は、人生が変わる瞬間は何かをしたから人生が変わるわけではありません。 例えば仕事で大成功した人も『仕事で成功したから人生が変わった』と思ってるかもしれませんが、実際の流れはこうなっています。 人の役に立ちたい・自分の欲求を叶えたい→仕事を頑張る→失敗する→それでも仕事を頑張る→仕事で成功する つまり、仕事を頑張ったから人生変わったのではなくその根元にある自分の欲求を叶えたいという思いを強く持った事で人生が変わったのです。 では、人はいつ、どんな時に人生が変わった!と思う瞬間が訪れるのか、厳選した23の瞬間を見ていきましょう!

あなたの人生が変わるきっかけは?

今、あなたはとても辛いのではないでしょうか? ただ、辛い時にはそれなりの理由があります。 しかし、多くの場合は後から「あの時はああいう理由で辛かったんだ」と何かのきっかけで気付く事がほとんどです。 辛い時というのは思考がまともにできない状態とも言えます。 まともに思考ができない状態から抜け出すための手段はいくつかありますが、 一番効果があるのは「今の自分の辛さや大変さ」これを素直に話して誰かから客観的なアドバイスを受け入れる事です。 MIRORでは有名人やアスリートも含む1000人以上の人生相談に乗ってきたプロが、秘密厳守であなたのために本気でアドバイスをしています。 今は辛くても、気付く事で世の中の全ての人に大きな幸運や転機の可能性が開かれています。 今、辛さを感じている人は是非一度試してみてください。
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

人生が変わった23の瞬間

人生が変わるのは自分を信じられたとき

  自分自身を信じてみるだけでいい。 きっと、生きる道が見えてくる。   - ゲーテ - (ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life

ドイツの詩人、ゲーテの言葉でこのようなものがあります。 人が人生に迷った時、変化を求める時「大切なことはその時自分を信じることだ」と教えてくれています。 自分の心が、どんなに道に迷ったとしてもその時の自分自身を信じてみることが出来た時、 「本当に人生が変わった!」と思える出来事に巡り合えるのかもしれません。

人生が変わるのは「運」じゃないと気づいたとき

運がいい人も、 運が悪い人もいない。 運がいいと思う人と、 運が悪いと思う人がいるだけだ。   - 中谷彰宏 - (日本の作家、俳優 / 1959~)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life

人生が変わった瞬間を、そういう「運」が巡ってきたからだと誤解する人もいるかもしれませんが 作家・俳優の中谷彰宏さんの言葉にこのようなものがあります。 よく「運がいいから」「運が悪いから」と自分の人生を目に見えない運のよし悪しで判断してしまうところが、人にはあるのだと思います。 でも本当に人生が変わった!と思うのは、そういった「運」を自分のものにし、 たとえ悪い出来事だったとしても「これは自分にとって必要ないい運かもしれない」と 前向きに捉えることができて、「運」はいいと思うか悪いと思うか、自分次第なのだということに気が付いたときに本当の意味で「人生が変わった」と感じるのかもしれませんね。

人生が変わるのは「自分の本質」に気づいたとき

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、 それは果実だと誰もが答えるだろう。 しかし実際には種なのだ。   - ニーチェ - (ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life

ドイツの哲学者、ニーチェはこのような言葉を残しています。 これは、果実=結果であり、種=自分の本質ということではないでしょうか? 人は人生において結果を求めてしまい、心が折れてしまう事がありますが、 悩んでいることの「本質」つまり自分自身の本当の姿やこころの核心部分をしっかりと見つめられたとき、そのあとの人生は変わっていくという教えではないでしょうか。 どんなに人生経験を積んでも、心の奥底の種=本質は、気が付かなければ変えられないものでしょう。

人生が変わるのは欲にとらわれなくなった時

迷う、ということは、 一種の欲望からきているように思う。 ああもなりたい、こうもなりたい、 こういうふうに出世したい、 という欲望から迷いがでてくる。 それを捨て去れば問題はなくなる。   - 松下幸之助 - (日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life

日本の実業家、松下幸之助さんはこのように発言されています。 人は生きているうえで「欲望」なしでは存在することができないでしょう。 食べること、寝ることも一種の欲なのです。 それでも「ああもなりたいが、こうもなりたい」といろいろな欲に駆られてしまうことで 生きる道が定まらずひたすら迷ってしまうこともあるのではないでしょうか? たくさんの欲を捨てて、心の荷物を軽くしてしまえばおのずと進むべき道が見えてくるのかもしれません。

人生が変わるのは全力で生きると決めたとき

死を前にしたとき、 みじめな気持ちで人生を 振り返らなくてはならないとしたら、 いやな出来事や逃したチャンス、 やり残したことばかりを思い出すとしたら、 それはとても不幸なことだと思うの。   - オードリー・ヘップバーン - (英国の女優 / 1929~1993)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life

これは世界的にも有名な女優、オードリー・ヘップバーンさんの言葉です。 「自分が死ぬとき」を想像すると、みじめな気持ちで人生を振り返ることがないよう、 やり残した事ばかりを悔やむことがないよう「全力で生きる」ことをしようという言葉です。 こう考えてみると、今はまだ100%では生きていないかもしれません。 どこかであきらめたり、自信をなくしたり、全力で生きて失敗することを恐れてしまうことの方が多いかもしれません。それでも最後にこころから笑うため、「全力で生きよう」と決めた時、人生が変わった瞬間といえるのではないでしょうか?

人生が変わるのは待つのをやめたとき

時が物事を変えるって人はいうけど、 実際は自分で変えなくちゃいけないんだ。   - アンディ・ウォーホル - (米国の芸術家、ポップアートの旗手 / 1928~1987)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life

これは、受け身でい続けても人生は変わらないんじゃないか?という問いかけにも思える言葉です。 人生が変わる瞬間を時と共に待っていても、時間とは残酷であっという間に過ぎ去ってしまいます。 「いつか来る」と思って待っているのではなく、自分で「人生を変えよう」と進んだ時にはじめて人生が変わる瞬間が味わえるのかもしれませんよ。

無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

人生が変わるのは「当たり前」ではないと分かったとき

人間には不幸か、貧乏か、病気が必要だ。 でないと人間はすぐに思いあがる。   - ツルゲーネフ - (ロシアの小説家 / 1818~1883)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/2

ツルゲーネフというロシアの小説家は、辛口の名言を残していますね。 例えば、今まで当たり前にそこにあった物を失ったり、当たり前にそばにいた人がいなくなったり、 人はこういった「不幸なとき」もないと、そこにある大切なモノに気が付かないということかもしれません。 人はどうしても時が経つにつれて、物でも人でも最初に感じた感謝や思いを忘れてしまう生き物です。 思いあがっているというと厳しい言い方ですが、間違っていないと思いませんか? こうした不幸や病気などが自分の身や、大切な人にふりかかったときに「なんとなく過ごしていた毎日も決して当たり前じゃないんだ」と気が付き、人生が変わった瞬間となるのではないでしょうか。

人生が変わるのは「お金」で買えない心を知った時

尊厳を保つためには、 金は必ずしも必要ではない。   - ガンジー - (インドの弁護士、宗教家、政治指導者 / 1869~1948)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/2

ガンジーというインドの弁護士が、このように言っています。 「お金」がないと、何もできない。「お金」がないと人から愛してもらえない。 そんな風にどこか気持ちがいつも焦っていて、見栄を張ってしまうのも人間かもしれません。 たしかにお金は大切で、お金がなければなにもできないというのは間違いではありませんよね。 しかし、お金で買えないものというのはありますよね。 お金持ちであることに関心をそそられて自分に寄ってくる人は、お金が無くなればどうなるのでしょうか? お金が無くなってもそばにいてくれる人は、心をみつめてくれる人でしょう。 そんな大切な人に巡り合えた時、お金がなくても自分の尊厳は守ることができると感じられるのだということかと思います。人生が変わる大きな瞬間といえそうですね。

人生が変わるのは流されない信念をもったとき

絶えずあなたを 何者かに変えようとする世界の中で、 自分らしくあり続けること。 それがもっとも素晴らしい偉業である。   - エマーソン - (米国の思想家、哲学者、作家、詩人 / 1803~1882)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/2

エマーソンの言葉に、このようなものがあります。 何者かに変えようとする世界の中で、というのは自分の思いを貫こうと思っても他人にながされてしまったり、言いたいことが言えなかったり、寂しさや孤独に押しつぶされそうになったり、やけになったり。 自分の信念を持ち続けることや流されないことは、自分らしくあるために大切なことではないでしょうか? 「それがもっとも素晴らしい偉業である」という言葉にあるように、それほど難しく、それができる人はとても素晴らしいということを謳っているのです。 「自分らしく生きる」と心に決めた時、人生が変わったと思える世界が見えるのではないでしょうか。

人生が変わるのは自分だけが正しいと思わなくなった時

すべてを知りつくしたなんて 決して思わないことよ。   - ユードラ・ウェルティ - (米国の女性作家 / 1909~2001)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/3

この言葉は、人生は絶えず学ぶことがある、と解釈することができますね。 ついつい、人と接していく中で自分の中の正しさを押し付けてしまうこともあるのが人間ですよね。 でも人生とはどこまで行ってもまだ知ることがあると、謙虚な気持ちで、広い目線でたくさんの人のことを知り、そのそれぞれの生き方や考え方を受け止めてみましょう。 「自分が知っている世界は、まだ狭く、もっと知ろう」と思うことができれば、人生に変化がでるのではないでしょうか?

人生が変わるのはあと一歩の勇気をもったとき

馬で行くことも、 車で行くことも、 二人で行くことも、 三人で行くこともできる。 だが、最後の一歩は 自分ひとりで歩かなければならない。   - ゲーテ - (ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/3

よく女性のなかでもあるのが、いろいろな悩みを共感しあって共有しあいたいという願望ですね。 ですが、時々もう言って欲しい言葉があって、それ以外のアドバイスに「でも…」「そうじゃないよ」など否定をしてしまう女性も多いのではないでしょうか。 何事も最終的にどうするか決めるのは、自分ですよね。 そこへたどり着くまでには、誰かに相談したり助けてもらったりしても、最後の一歩を踏み出すのは自分なのです。 ここで道を引き返すことなく、思い切って前に進む勇気を持てば、人生が変わる瞬間に近づくのではないでしょうか。勇気はすぐには持てませんが、力強い言葉です。

人生が変わるのは自分の常識を打ち破った時

常識とは十八歳までに身につけた 偏見のコレクションのことをいう。   - アインシュタイン - (理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞 / 1879~1955)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/4

アインシュタインは、このように述べています。 自分の「常識」とはどのようにして創り上げられてきたのでしょうか? きっと他人の考えをもとにつくられたものではないですよね。 「偏見のコレクション」という少しユーモアを感じる言い回しに隠された意味は、自分の中で決めた常識のなかでずっと生きていたら、それはただの「偏見」かもしれなくて、この自分の常識を打ち破らなければ、新たな生き方は生まれないということかもしれません。 たしかに、常識とは誰が決めるのか?誰も知りません。決めているのは他ならない自分自身なのでしょう。

人生が変わるのは新しい挑戦をしたとき

自分になにができるかを知るより、 なにができないかを知ることのほうが重要よ。   - ルシル・ボール - (米国の喜劇女優 / 1911~1989)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/6

自分に何ができるのか?というのはおそらくほとんどの人が自分で分かっていることかと思います。 では、なにができないかということをじっくりと考えてみたことはあるでしょうか? 「私はこれができない」「これもできない」と考えることは、楽ではありませんし、自分のマイナスなポイントに目を向けることは誰でも怖いものですよね。 それでも「何ができないのか」と考えた後、「本当にできないのか?」ともう一度自分に問いかけてみて欲しいのです。やりたいことがあって、ただ自信がなくてしていないだけだとしたらとてももったいないのではないでしょうか。 「自分にできないことはなにか」と考えてみることで新しい未来が広がることもあります。 一度この言葉を参考にしてみてはいかがでしょうか?

人生が変わるのは誰もしていないことをしてみたとき

森の分かれ道では 人の通らぬ道を選ぼう。 すべてが変わる。   - ロバート・フロスト - (米国の詩人 / 1874~1963)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/8

「人の通らぬ道」とはどんな道の事でしょうか? 人は本能的にも「嫌なこと」「危険なこと」を避けて通りたい生き物です。 人ができるなら通りたい道は、苦労もなく嫌なこともない、安全な楽な道ではないでしょうか? では分かれ道に立った時、人の通らない「たくさんの山あり谷ありの道」を選ぶとどうでしょう。 たしかにつらくてしんどいかもしれませんが、「安全すぎる道」にはないたくさんの経験と自分の人生を変えてくれる、強くしてくれる…そんなご褒美も転がっていそうです。 道に迷った時、あえて人の通らない道を選んだ人は可能性が広がり、「すべてが変わる」とまで断言していますね。 とにかく平坦な道には苦労もなければ、逆に「何も変わらない」日々しか経験できない、ということかもしれませんね。

人生が変わるのはものの見方を変えた時

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、 ロングショットで見れば喜劇だ。
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/8

人生を「映画」に例えた面白い名言ですね。 クローズアップの目線とは「その部分だけを切り取った」映像ですよね。 ロングショットの目線とは「物語全体を見渡す」映像です。 たしかにクローズアップして悲しい、嫌な部分だけ見ても、人生という「物語」はどのようなものか結局のところ分からないですよね。 ですがロングショットとして全体を見れば、過去、現在、そして未来がよく見えます。 喜劇だと偉人が言っているように、「今の感情だけでものを見て判断しないで」という監督らしい名言ですね。 ものの見方一つでこんなに変わるのですから、人生が変わった瞬間といえるのではないでしょうか。

人生が変わるのは心から愛する人を見つけたとき

  幸福というものは、 一人では決して味わえないものです。   - アレクセイ・アルブーゾフ - (ロシアの戯曲家 / 1908~1986)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/9

この言葉を聞いて、「意味がわからない」人はいないと思います。 心から愛する人と出会うと、人生は少なからず変わるものではないでしょうか。 求めるばかりではなく「与えてあげたいな」と思うだけでも人生は変わります。 幸福を自分だけで決めるのではなく、誰かと創ることではじめて感じる感情。 あたたかい気持ち、困難に立ち向かうことも「一人じゃないから」そうしようと決意できるのかもしれません。 愛情だけが幸福とは限りません。それでも共に「幸福をさがすことができる」人に出会えた時、人生が変わった瞬間といえるのではないでしょうか?

人生が変わるのは年齢を意識しだしたとき

年をとったから遊ばなくなるのではない。 遊ばなくなるから年をとるのだ。   - バーナード・ショー - (アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)
出典:http://iyashitour.com/meigen/theme/life/11

「若さ」とは本当に人生の武器ですよね。 それでもどんな人でも落ち着く時はやってくるものです。 「あれ?なんだか遊ぶのがしんどくなってきた…」と年齢を実感し始めると、そろそろ人生の第二シーズンが始まるころかもしれません。 「遊ばなくなるから、歳をとるのだ」というのは、ただ単にやんちゃをしなさいということではなく、程よい遊び心や時には無邪気に物事を楽しむことも必要であり、人生を楽しむための心持ちと解釈するといいかもしれませんね。 どちらにせよ、ふと年齢を体で感じ始めたときは人生の変化期となりそうですよね。

人生が変わるのは優柔不断をやめたとき

優柔不断ほど疲れることはない。そして、これほど大きなエネルギーの無駄もない。 バートランド・ラッセル(英国の哲学者、ノーベル文学賞受賞 / 1872~1970)
出典:http://meigen-ijin.com/jinseikaeru/2/

「優柔不断」とは言い方を変えれば、優しく思慮の深い人でもあると思いますが、優柔不断は時々「結局は誰にも優しくないのと一緒」や「決断力のない人」と見られてしまうこともあるのではないでしょうか。 今まで何に対しても自分ではっきりと選択肢を決めたり、これは大切だ、これは自分には必要ないとふるいにかけることをしてこられなかった人が、優柔不断をやめて自分がどうしたいかで行動を起こすようになったときそのあと人生はきっと変わってゆくのでしょう。

人生が変わるのは目標をはっきりと定めたとき

目指す港がないような航海をしていたら、どんな風が吹いても助けにならない。 No wind serves him who addresses his voyage to no certain port. モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592)
出典:http://meigen-ijin.com/jinseikaeru/2/

「目指す港がないような航海」という、船旅に人生を例えた名言です。 人生の目的や目標は、ぶらすことなくはっきりと定めるまでに時間がかかりますよね。 その途中でいろいろなことにつまずいたり、悩んだり、たくさんの感情になるものです。 それでもいつか自分の目指す港=目標を自分の中で定めた時、人生はよりいっそう努力することに楽しみを感じられそうです。

人生が変わるのは時間の価値を感じられたとき

一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。 A man who dares to waste one hour of time has not discovered the value of life. ダーウィン(英国の自然科学者、『種の起源』著者 / 1809~1882)
出典:http://meigen-ijin.com/jinseikaeru/5/

一時間の浪費をなんとも思わない人、とありますが、大抵の人は人生において一時間に対してそこまでのこだわりを持っていないのではないでしょうか。 時間として一日を考えると、たった24時間しかありません。24時間の中で今日自分が生きがいを感じるために使える時間を確保するためには、まずたった一時間の価値そしてもったいなさに気が付くことが必要かもしれません。 この一時間が積み重なり、一日、毎日、一生となってゆくことの大きさ、価値に気が付くと人生がより豊かで中身のあるものへと変化していくのではないでしょうか?

人生が変わるのは自分の最期を想像したとき

自分にとって最も重要な価値観について考えるには、自分自身の葬儀に出席したところを想像するといい。 スティーブン・R・コヴィー(米国の作家、経営コンサルタント / 1932~2012)
出典:http://meigen-ijin.com/jinseikaeru/6/

これは究極の考え方ともいえるかもしれませんが、この言葉にあるように、「自分の葬儀に出席したところ」を想像してみると、そこにはどんな光景が浮かんでくるでしょうか? たくさんの人が悲しみ涙を流し、奇麗な花と共に大好きだった物が棺に入れられているのでしょうか、両親はどんな表情をしているでしょうか? このように普段あまり考えないことをリアルに想像してみると、「もっと大切な人を大切にしていかなくては…」「死ぬときに恥じない生き方をしたい」と心に訴えるものがあるのではないでしょうか。 いつもこんなことを想像する必要はないですが、時にはこんな想像が人生を変えてくれることもあるのではないでしょうか?

人生が変わるのは諦めない気持ちで進んだとき

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。 It’s never too late to be who you might have been. ジョージ・エリオット(英国の女性作家 / 1819~1880)
出典:http://meigen-ijin.com/jinseikaeru/8/

人はよく自分の本当になりたい姿をあきらめてしまうものです。 「もういまさら遅いしなあ…」とか「私には無理だろう」という気持ちになりがちなのです。 でも、そうだとしても「本当はこうなりたかった」という思いそのものはいくつになってもきっと消えることはありません。一度は諦めてしまっても、何歳からでも遅すぎるということはないと、この言葉は教えてくれています。 今からでも遅くない!と行動に踏み切ったとき、人生が変わる瞬間のはじまりなのではないでしょうか。

人生が変わるのはどん底から這い上がったとき

いったん動機づけを与えられると、どん底にいた人間ほど、見ちがえるように変わることができる。 Once he is motivated no one can change more completely than the man who has been at the bottom. マルコムX(米国の黒人公民権運動家 / 1925~1965)
出典:http://meigen-ijin.com/jinseikaeru/8/

人生のどん底だと思えるような場所から、這い上がることのできる人とは、それだけの人生に対する強さや経験をものにするだけの能力が備わった人なのではないでしょうか。 どん底から這い上がってきた人は、それだけ人生経験が豊かになりますし、人の痛みや悲しみも分かることのできる人になっていくのでしょう。 辛い状況から這い上がることができたとき、人生が変わる瞬間ともいえるかもしれません。

あなたの人生が変わる瞬間はあなたが作る

人生が変わった人の人生を見ているときっかけは人との出会いや降りかかってきたチャンスなどをものにしています。 そんな彼らに共通して言えるのは、後に人生変わったと言える事を作り出したチャンスに対していつでも心と状況の準備ができていたという事です。 あなたは心の準備はできていますか?人生が変わったと後から思える出来事を作り出すためのきっかけはあなたのすぐそばにあるかもしれませんよ?

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い