セックスレスで妻が拒否する原因は?セックスレス妻の本音。

実はセックスレスは拒む方も拒まれる方も深刻な問題を抱え、悩み、辛い思いをしているのです。お互いの理解を深めればセックスレスが改善され、幸せな関係を取り戻せるかもしれません。拒む方、拒まれる方、両方の気持ちや原因を調べてみたので、ぜひ、参考にしてください。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 性生活
  3. > セックスレスで妻が拒否する原因は?セックスレス妻の本音。
夫婦の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人といて大丈夫?離婚した方が良い? ・セックスレスが辛い... ・全然気持ちを分かってくれない。 ・もしかして...彼は浮気してる? 辛い事も多いのが夫婦。 そういった夫婦の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や二人の相性も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

セックスを拒否する妻の原因

セックスレスに陥る原因とは何でしょうか? 特に女性がセックスを拒否する原因というのは男性からすれば中々分からないものです。 セックスを拒否する気持ちを理解するには、心情的な側面と人間の体に起こる身体的な側面の両方からの理解が必要です。 特に妻がセックスを拒否する要因として、心情的な問題は身体的な問題が実は背景にある事が多々あります。 旦那さん側にも不満や悩みがある事はわかります。 セックスレスは二人の問題です。 ですが奥さん側には心の病や体の問題が発生している可能性もあります。 セックスレスの問題は感情的になりやすい問題なのですが、夫婦お互いの理解が必要です。 極力読んでくださっている方が不愉快にならないように紹介していきますのでよろしくお願いします。 まずはよくありがちな妻が拒否する原因を見ていきましょう。

セックスレスで悩む多くの方は、この先夫婦生活がどうなるのか不安を感じています。 そんな時、プロの占い師に頼ると、「パートナーが一体何を考えているのか」「夫婦生活の今後は?」といった疑問を解決に導いてくれます。 というのも、占い師の強みは占いが得意という事だけではなく、何千組もの夫婦の悩み相談に乗った経験です。 膨大なケースの中からどうすれば二人の生活を元のように戻せるか? という疑問に的確にアドバイスをくれます。 あなたも夫婦の未来を一人で悩まずに誰かに相談してみませんか? 初回無料で占う(LINEで鑑定)

原因1:夫の事を男性として見る事ができない

妻側が旦那さんを男性として見る事ができない、という事象は女性の心情的側面の代表格です。 実はこの原因は身体的な原因から起因している事が多々あります。 詳しくは後述しますが、結婚すると女性は家庭のこと、仕事のことなど一気にやることが増えます。 体力的にもかなりの負担になるでしょう。 子供が生まれると更にそこに子育てが加わります。 ですから体力的にも精神的にも余裕がなくなることも出てくるのは当然でしょう。 そんな中で夫に対していつまでも結婚前のような恋愛感情を持つのが難しくなる事があるのもわかる気がします。 もしこれに当てはまる節があるなら、重要なのはどうすればいいか?という部分。 セックスレスは中々人に相談しづらい事でもあると思うので、ぜひ一度ご活用を検討してみてください。 初回無料で占う(LINEで鑑定)

原因2:家族・同居人化してしまった

産後に旦那さんをパパとしかみれなくなってしまったり、同居人として見ている事が多くなる状態です。 相手の事を愛していないわけではないけどセックスをする気にはなれないという奥さんはこの状態である事が多いです。 産後に夫のことを男性として見れなくなった場合、夫のやることに一々イライラしてしまい、離婚を考える妻もいますが、この場合は妻は夫のことを性的対象として見れないだけで、人としては夫のことを尊敬し、頼りにしているという人が多く、家族としてはとても大切な存在と感じているため離婚まで考えることはないようです。 それだけに妻側も大きな悩みとして捉えている場合も多いのですが、実はこれも体が端を発している事が多いのです。 ちなみに、離婚の可能性が高いのはこのパターンです。 このままでは離婚するかも、、、という予感がもしあるのであれば一度占いに頼ってみるのがおすすめです。 豊富なケースからアドバイスをもらえるので必ずセックスレス解消の役に立つはずです。 初回無料で占う(LINEで鑑定)

原因3:夫が自慰や風俗にいっている事が嫌になった

旦那さんが自慰を繰り返していたり、風俗に行っている事が多い場合、女性としてのプライドを傷つけられた状態になってしまいます。 男性からすると自慰などは性欲処理としてとても自然なことではあるのですが、女性から見ると理解できない事が多々あります。 というのも女性側の自慰をする割合というのは実は思ったよりも低く、男性の自慰を経験する確率が9割を多くの年代で超えるのに対して、女性では5割程度です。 これがどういうことを意味するかというと、男性にとって自慰がある意味生活の一部であるのに対し、女性には男性ほど自慰の意味も必要性もないため、そもそもその行為自体が理解しがたいものだということです。 また、男性は風俗を単なる性欲処理と考えがちですが、女性から見たときには浮気のラインとしている人も多く、「汚らわしい」という厳しい意見も…。 そこの価値観の相違がセックスレスの原因になってしまう事もあります。

原因4:育児で忙しい

育児中はセックスレスになる事は実はかなり普通の事です。 育児中の妻がセックスを拒んでいる場合は妻側の置かれた環境についてよく知り、理解することで、一番自然に解決する可能性が高い状態とも言えます。 下記に意見としては激しめながらも、かなり的確な答えが載っていたので是非読んでみてください。

こんにちは。女性は子育て中は性欲が沸かないようになります。男の相手をしている間に子どもに危険が及ぶからです。洞窟時代は、子どもが獣に食われます。病気、ケガで簡単に死にます。これからSEXして授かるかどうか解らない命に掛けるよりも今無事に生まれている命に全力投球して育てる方がリスク小さいので子育て中はSEXしなくなるのです。そこで、男は子育てしていない受け入れ態勢の整っている女を捜しにでかけます。でも現代社会でそれをやったら、あなたは不倫で慰謝料を払わされます。奥様だけが洞窟時代の本能で生きているのが現状です。ですから、奥様はしぶしぶ応じているし、子どもの様子(死んでるか生きているか)が気になって仕方がないのにSEXを求めてくる男に「この人は子どもが可愛くないのかしら」と不信感すら抱きます。SEXの最中に子どもから目を離したとき万が一子どもになにかあったらどうしてくれる!それくらいの気持ちで毎日子どもを育てているのが女です。
出典:https://oshiete1.nifty.com/qa2937195.html?order=DESC&by=datetime

少し意見としては偏りがありますが、言っている事は的確です。 子育て中にレスになる妻はこういった気持ちになっているという事が理解できるのではないでしょうか。 女性は出産すると自分でも驚くほどに母性本能に目覚める事があります。 ですから子供を守ろうとする本能が時に夫に対して敵意を向けてしまう事があるのです。 男性としては理不尽な部分も多いと思いますが、そんな妻を理解する努力をした方がいいでしょう。 妻は何も本能だけで生きている訳ではありませんから、理解してくれているんだ、と思えば少し安心感を覚え、気持ちに変化が現れることもあるかもしれません。

原因5:産後セックスレスになった

セックスレスの夫婦の中には産後からセックスレスになった、という夫婦が最も多いように思います。 またセックスレスにまで至らなくても、夫が求めてくるセックスにしぶしぶ応じている、という妻も結構います。 女性の場合、産後にセックスをすることを苦痛に感じる人が多く、セックスレスのきっかけとして良く耳にします。 その産後のセックスレスも実は身体的な原因がある事が多いのです。 詳しくは後述しますが、産後は女性の身体は特にデリケートになっています。 そのせいで愛液の分泌が悪くなったりすることもあり、産後のセックスに痛みを伴う女性もいて、セックスするのが怖いと感じる人もいるのです。 それを理解してくれないまま夫が求めてきたり、セックスを拒否することに対して不満を口にされたりすると妻側は夫に対しての愛情が薄れて男性として見れなくなってしまうのです。

原因6:妻が浮気をしている

妻が浮気をしている可能性も否定する事はできません。 特に長年セックスレス状態が続いていたり、純粋にコミュニケーション量が低い夫婦の場合に妻が浮気をして不倫相手の方を愛してしまっている可能性もあります。 妻にも性欲がありますし、妻や母である前に一人の女性でもあります。 家庭内で女性としてみてもらえなければ家庭の外にそれを求めても不思議ではありません。 残酷ですが、可能性の一つとして考えておきましょう。 旦那さんが浮気しているかどうかに、女性は敏感に気づきますが、男性が奥さんの浮気に気づくのはかなり難易度が高いです。 もし不安を感じたら、抱え込まずに一度相談してみてください。 初回無料で占う(LINEで鑑定)

中でも原因として多いのは産後と女性性機能障害

妻が妊娠してから、または子供が出来てからセックスレスになる夫婦は多いでしょう。 特に妻側がセックスに応じてくれない、という場合はそれが産後や子供が理由という場合が多い気がします。 まずは産後にセックスレスになってしまった妻側の原因についてより詳しく紹介していきたいと思います。

妻が産後のセックスを拒否する原因

体力的にきつい

妊娠前までもデスクワーク基本の仕事だったため、体力はあまりありませんでした。でも日常生活は問題なくおくれてましたし、風邪は数年に一回かかるくらいで高熱を出したことなんて中学以来なかったです。ところが、妊娠・出産を経て、非常に疲れやすくなりました。食材の買い物へ行っただけでしんどいです。30分くらい店内を歩くと息切れしてしまい、倒れそうになります。また、2ヶ月に1回くらい風邪をひくようになりました。息子や夫にはうつらず私だけダウンします。妊娠~出産の間、悪阻や体調不良で10キロ以上痩せてしまい、今は子育てで寝不足が続いているので病院の先生には『育児疲れ』と言われましたが、世の中のお母さん方もこんなに疲れやすくなっているものなんでしょうか?本当に体力がなくなったと自分でも分かるくらい疲れやすいです。
出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0923/619347.htm
無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

泣いて起こされるため、不規則な生活から疲れがたまる

妻が産後にセックスを拒否する原因は実は身体的な原因が起因している。というのは先述しましたが、具体的になぜそうなるのかを見ていきましょう。 産後や子育て中の妻には男性が思っている以上に、妻自身が身体的な原因について辛い思いをしている場合も多いのです。具体的な理由を知って、妻への理解を高めましょう。

出産時の傷が痛い

妊娠すると妻は悪阻だったり、ホルモンのバランスが崩れたり、と体内で子供を成長させるための急激な身体の変化に耐えるため、相当な体力を使います。そして後期に入ってくると出産まで毎日約5キロほどの荷物を抱えて生活しているのと同じ状態になります。 出産には特に初産の場合は子供を押す出すための筋力、相当な痛みに耐えるための体力が必要になりますが、妊娠中は思うように動けず、体力も筋力も落ちる場合が多いのです。ですから「出産は命がけ」と言われるように身体にかなり負担を強いられています。 しかもそんな大仕事を終えてからは休む間も無く子育てが待っています。子供は生まれた瞬間から母親を必要としますから、疲れたから数日休みを頂戴、とはいかないのです。 このように妊娠を経て出産した後の女性は男性の想像以上に体力が落ちている事があります。以下に体力が落ちてしまった人の声を掲載しておくので是非ご一読ください。

産後は体調が変動しやすい時期

セックスは女性も体力を使うコミュニケーションです。 10代、20代前半くらいまでなら気にならなかったかもしれませんが、年を重ねると特にセックスが体力を消耗する行為であると実感したことがあるでしょう。 産後で体力が落ちてしまっている状態でセックスを旦那さんがしたがり過ぎると妻側はセックスそのものだけでなく、誘われること自体を苦痛に感じてきます。それが夫を男性として見れなくなったり、夫が鬱陶しい存在へと発展して行って、その後のセックスレスが長期化してしまう恐れがあります。

産後でセックスレス状態になる女性たちの本音

フランスなどではセックスの時間を確保するために赤ちゃんが泣いても放置する事があるそうですが、日本では文化的に夜泣きに対応する事が常識とされているのでお母さんは産後そういった対応に追われる事になります。かなり振り回されるので疲れがたまります。 そもそも、海外と日本では子供に対する考え方が違います。 映画などで赤ちゃんを夫婦の寝室とは別室で寝かせているシーンを目にしたことがあると思います。夜中の授乳が終わる二、三ヶ月後からは夜泣きも放置することも普通にされているようです。 日本人からしたら驚く習慣ではありますが、欧米では自立心を育てるためとこの方法をとる人が多いようですね。そうすることで子供も大人もぐっすり眠れるのだとか。 日本人の場合は小さな子供とは同室が基本、添い寝をする人も多いし、中には小学校低学年まで川の字で寝る人もいますよね。日本では乳幼児期は子供の自立心よりも保護を優先させる傾向にあります。 添い寝は良いとされている日本ですが、ママの方は実は大変なんです。隣に眠っていることで子供の変化に気付きやす過ぎて軽いグズリにすら反応して目が覚めてしまうこともあります。   このように実際にお腹が空いた、あるいはオムツが汚れてるなどのどうしても必要な場合だけでなく目が覚めてしまうこともありますし、乳児がお腹を空かせるタイミングも決して定期的ではありません。 自分のペースで生活できない不規則な生活で相当疲れが溜まってしまうのです。

旦那が横になっている所の近くを通った時に布団の中に誘い込み、「いつからエッチできるの?」とベタベタしながら言われ、「赤ちゃん向こうの部屋で一人で寝てるんだよ!一人きりにしたら危ないでしょ!離して!!」と怒ってしまいました。 産前は旦那の事が大好きでラブラブなやりとりも日常的でしたし、産後なぜこんなにも旦那の言動に苛立つのかわかりません。 旦那が色々言ってきたり触ってきたりしても、私に構う暇があるなら、子供にもっともっとスキンシップしろよ!くらいにしか思えません。 妊娠出産に関するホルモンのせいでしょうか? 赤ちゃんのためにも、パパとママの仲も平穏に過ごしたいと思うのですが、なぜかイライラが沸き上がってしまいます。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1465584564?__ysp=55Sj5b6M44K744OD44Kv44K544Os44K5IOOCpOODqeOCpOODqQ%3D%3D

出産時に会陰切開を行っていたり自然に裂けてしまった場合、その後の傷はかなり痛いです。 それだけでなく、胎児が狭い産道を通ってくる影響で膣内にも細かな擦り傷ができている場合もあります。 男性には想像できないかもしれませんが、出産時の傷の痛みは相当なもので、産後すぐにまともに椅子に座れない人もいる位です。 ですから、それほどの傷がある場所に男性を受け入れるということはある意味恐怖でもあるのです。 無理をして性交した場合に傷口が開いてしまい、出血することもあります。その場合はバイ菌が入ってしまわないよう、出血が止まったとしてもすぐに病院にいきましょう。

仕事で疲れているのはわかりますが、休みの日にソファーに寝転がってると、「こっちは休みなしなんだけど」とイライラをぶつけ、暴言を吐いてしまいます。 当然、触られるのも嫌で、産後まだ一度もしていません。 「たまには俺のことも癒してよ。甘えさせてよ。」と言われましたが、そんな余裕は全くなく、身の毛もよだつほど気持ち悪い!と思いました。 産後からずーっとこの気持ちのままきたのではなく、たまに「あっ、今日は優しくできるかも」と思う日があるのですが、長くは続きません。 気分にも波があり、ひどいと「顔も見たくない。声も聞きたくない。離婚したい。」とまで思ってしまいます。 出産前は気にならなかったことや癖が、出産後すべて気になり、嫌になり、イライラの種となっているのです。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11156803541

産後はとても体調が変動しやすい時期で、男性にとっては正直理解できない部分が多々あります。しかも厄介なのは一つではなく上記に挙げた事が複数同時に起こる事もある点です。セックスレスになってしまっても仕方がないと考えましょう。 女性側も身体や心の変化に戸惑い、不安に思っている場合もあります。女性によっては夫のセックスを受け入れらないことに罪悪感を感じている人もいます。 ですから、そこからセックスレスを長期化させないためにも、むしろその期間中はできるだけ優しくしてあげたりする事が必要です。 産後のセックスレスは一時的なものです。 セックスレスを長期化させて何年もレス状態が続く、または夫婦関係がギクシャクしてまうことを考えればその期間くらい我慢して優しく接し、積極的に育児に協力することも夫としての大切な役割です。

11ヶ月になる赤ちゃんがいますが、産後から一度も夫婦の営みはありません。 何度か旦那からのアプローチはありましたが、そんな気になれず… はっきり言って濡れません。 むしろ触られることに抵抗があり、イライラしてしまいます。 夫への愛情がないわけではありません!! 毎日欠かさず行ってらっしゃいのチューもしますし、お弁当も愛情込めて毎日つくっています。 ただ、セックスレスです(^^;; そろそろまずい様な気がしています。 でも気持ちが焦ると余計にそんな気分にはなれず、余計に濡れません(^^;; 産後はそんなものですか?
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10129144890?query=産後セックスレス+イライラ&status=solved
旦那のことは愛してるし決して夫婦仲も悪くはないと思うのですが… どうしてもセックスに対しては自分が旦那とセックスをする姿が気持ち悪いという気持ちになり、しようという気持ちに踏み込めません。 産後の妊娠線 たるんだお腹 老けた顔 もともとないのに垂れてしまった胸 魅力のかけらもない自分がどうしても女にはみれないし、旦那の前で女の姿を見せるなんて嫌悪感でいっぱいになり気持ち悪くなります。 もともと私は胸が無く、旦那の好みの体型ではないのでより自分に自信がないのもあるのかもしれません。 日々、息子の母である姿を見せ、出産中の姿を見せ 全部旦那に自分をされけだしたことも原因かもしれません。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10161552535?__ysp=55Sj5b6M44K744OD44Kv44K544Os44K5IOOCpOODqeOCpOODqQ%3D%3D

女性性機能障害が原因の場合

女性性機能障害(FSD)とはこれはいわゆる「不感症」と呼ばれる症状で、Female Sexual Dysfunctionの頭文字からFSDとも呼ばれています。症状は「性的に欲求があるにも関わらず、刺激などに対して興奮することが出来ない状態」を指します。男性の場合には、不感症は勃起不全や早漏がそれに当たると言われています
出典:https://life-pt.net/knowledge_fsd_1.php

実際には不感症だけではなく、旦那さんに嫌悪感を持ったりする事も含まれます。 以前はラブラブでイチャイチャすることなんて普通だったのに、産後なぜか夫に対してイライラしたり、触られただけでも寒いぼが立つくらいに嫌悪してしまう、という人がいたりします。 まずはなぜ旦那さんに対してマイナスの思考を持ってしまうのかを探っていきましょう。

性嫌悪症

女性機能障害というのは聞きなれない方も多いとは思いますが、もしかすると「不感症」という言葉なら耳にしたことがあるかもしれませんね。 女性機能障害というのはいわゆる「不感症」のこと。その定義を引用するとこのようになります。

性嫌悪によって性的伴侶との状態が困難になることを特に性嫌悪障害(または性嫌悪症)といい、これは精神障害の一種として定義されている。 DSM-IV-TRによると、性嫌悪障害は次のように定義付けられている。A. 性的伴侶との性器による性的接触のすべて(またはほとんどすべて)を、持続的または反復的に極端に嫌悪し回避すること。B. その障害によって著しい苦痛が生じ、または対人関係が困難になっている。C. 性機能の不全は(他の性機能不全を除く)他の第1軸障害では上手く説明されない。 性嫌悪という語そのものは医学的な専門用語ではないものの、内容が性嫌悪障害で定義される範囲に限定されない場合に、より広い意味を表す語として用いられている。またこれとは別に、性嫌悪障害や性嫌悪症の略称として性嫌悪という語が用いられることもある。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E5%AB%8C%E6%82%AA
性嫌悪は仕事や私生活で不都合を生じることもあるが、時間の経過や何らかのきっかけ、あるいは積極的治療によって軽減・解消される可能性もある。性嫌悪障害に限ってみれば全米医師会のセックスセラピーの調査における治癒率は62%程度であるとされる
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E5%AB%8C%E6%82%AA

性興奮障害

性的興奮障害の場合、通常の性的刺激(キスをする、ダンスをする、エロチックなビデオを見る、陰部に触れるなど)では、精神的、感情的(主観的)、身体的、またはその両方の性的興奮が起こりません。性器興奮障害では性器に対するものではない刺激(エロチックなビデオを見るなど)には性的に興奮しますが、性器に対する刺激(性交など)への体の反応や快感を自覚することができません。結果として、性交は報いのないものとなり、困難で痛みを生じるものとなります。
出典:http://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/22-女性の健康上の問題/女性の性機能障害/性的興奮障害
医学的には難しい言葉がたくさん使われていあすが、 要は、なんかわからないけどパートナーがとても嫌だ。という状態です。
性的興奮障害の原因は、性欲減退障害の原因と同じである傾向がみられます( 性欲減退障害 : 原因を参照)。たとえば、うつ病、低い自尊心、不安、ストレス、他の精神的な要因( 精神的な要因を参照)、薬物、人間関係の問題が、性的興奮を阻害します。性的刺激が不十分であることや性行為にふさわしくない雰囲気も一因となります。
出典:http://topkanpoujp.hatenablog.com/entry/2015/07/28/192823

つまり、精神障害の一つの可能性があります。もちろん一種の心の病でもあるので治療する事が可能ではあります。 実は先述の産後のセックスレスについての女性の本音の引用からもわかるように、女性自身が自分の夫への感情の変化に戸惑い、悩んでいる女性も多くいるのです。 この場合は二人で病院にいきましょう。精神障害はパートナーの理解が必須です。特にセックスレスにつながるような問題であれば尚更、夫婦揃っての受診が望ましいでしょう。

性機能障害のあるカップルに有効な方法が特に役に立ちます。たとえば以下のような治療があります。パートナー間の仲を深め、信頼関係を強める。性行為ができるような状況をつくる。性行為中、女性が集中できるようにする。性欲減退障害の場合は、何が女性の刺激となるのか具体的に伝える。バイブレーター、空想やエロチックなビデオなど多様な刺激をカップルで試してみます。腟性交以外の行為もカップルで試すことがあります。たとえば、感覚集中法をカップルで練習する。これらの練習では、パートナーが順番にお互いに心地よいと感じられる方法で触れ合います。まず、性器など特定の部分に触れることは避け、刺激を与えることよりも官能を呼び覚ますことに集中します。刺激を受ける方は与える方に望んでいる刺激を伝えます。パートナーは官能を呼び覚ますことに集中します。体の他の部分を感覚的に触れていって、官能を呼び覚まし、最後に陰部を刺激します。そのような練習により、親密性が増し性行為前の不安が低下します。
出典:http://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/22-女性の健康上の問題/女性の性機能障害/性的興奮障害

なんらかのストレスの蓄積などが最初の原因で性興奮障害になってしまっている可能性もあります。 性興奮障害は身体への直接的な刺激で興奮できないどころか、痛みとなって苦痛に感じることもありますから、無理をすると悪化する一方です。 その場合は、もちろんインターネットだけで知識を得る事もできますが、二人のためにあった状況説明などをしてカウンセリングを受けたり、病院に行く事をおすすめします。

オーガズム障害

出産後にイケなくなった。生理不順になってからイキにくい。「続発性オーガズム障害」の分類のひとつで、生理不順、ケガ、病気、体調不良などの身体の変化後に、オーガズムを感じなくなる「二次性オーガズム障害」があります。この症状は疾患が完治した後も続くことが多いです。また、妊娠期間や出産後などにもこの「二次性オーガズム障害」はなりやすく、ホルモンバランスがくずれること、心の平静が保てないこと、女性器の感覚が未回復なことでかかりやすくなります。特に、出産後にイケなくなるなどの「二次性オーガズム障害」は深刻に悩む女性も多く、出産後2、3年で夫婦仲が急速に悪くなる「産後クライシス」の引き金となっているとも言われています。
出典:http://www.healthpastoral.org/guide5
状況性オーガズム障害の事例(相手や状況によって変わる)パートナーである男性の射精が早い。またはセックスが雑。自慰ではイケるが、セックスだと相手がいるので気をつかってイケない。元カレではイケていたのに、今のカレではイケない。真っ暗だとイケるのに、明かりがあるとイケない。
出典:http://www.healthpastoral.org/guide5
旦那さんに興奮できない状態はこれにあたります。 難しい言葉がこちらも多いですが、簡単に言えば、 ①なぜかわからないけど、興奮しない ②理由は、ストレスなどで心が疲れてしまっている。 ③お互い気持ちいいと思える事を伝えあいながら、環境なども工夫して(アロマを焚いたり)集中できる環境にして、不安を取り除く。 こういった流れです。

セックスを拒否する妻の本音

夫が変態に見える。

奥さんがセックスを拒否する背景として上記で紹介しているオーガズム障害の可能性もあります。どちらに属するかはヒアリングをする事でしかわかりませんが、どちらも精神的なストレスが原因となる事が多いです。気を使いやすい人がなりやすいとも言われています。 元々女性の場合はオーガズムを感じにくいと言います。「女性は心と体でセックスする」と言われるように、女性がオーガズムを感じるためには心(脳)に性的な反応を起こさせる必要があり、そのためには何よりも安定した精神が必要なのです。 対策としては病院に行く事です。基本的に身体的・心の問題が起きてしまっている場合は、素人が無理に頑張ろうとしたりするよりも専門家を頼る事をおすすめします。

なんとなくしたくない。めんどくさい

気づいているけどしたくない

このように妻がセックスレスを拒否する理由というのは男性が妻以外の女性に欲情しても妻を愛している。というある種矛盾した状態のように、とても複雑な事が起きています。つまり、普通の人だと説明できなくお互いに理解できない構図に陥りやすいのです。ここでは結果として女性がどのように感じているのかを整理するためにもセックスレスを拒否する妻の本音を覗いていきたいと思います。

夫のセックスで満足できない

子供がいるのにしたがる夫が変態に見えてしかたがありません。はっきり言って触れられるだけでゾワッとします。どうしたらいいのか私も分からないので今は冷戦状態になっています。

離婚を迫られてもしたくはない

まだ子供はいませんが、なんとなくしたくないんです。すでに1年ほどレスですがまだまだ働きたいですし。かなり私の仕事自体が激務なので疲れて寝てしまいます。

セックスを拒否される妻の本音

夫がセックスしたいのは素振りで気付くんですが、私が「したくない」と言って以来、寝るときには気まずいままです。けど理由はないんですがしたくはないんです。なんでしなきゃいけないのかがわからなくなってきてしまっているんです。

夫のセックスがすごく雑なんです。でもそれでもすごく普段は優しいので結婚しましたが正直後悔しています。夫を愛しているんですが、気持ちよくないんです。

ひたすらに寂しい

すでにレスが8年目に入っていて、旦那からこの間離婚という言葉を具体的に出されて話し合いになりましたが、むしろしたくない気持ちに拍車がかかってしまったような気がしています。もちろん離婚はしたくないんですが…。

浮気すら考える

もはや期待してない

次は逆に妻側がセックスを拒否させた場合を見てみましょう。セックスを拒否させた妻は夫に対してどんな気持ちでいるのでしょうか? ほとんどの妻が旦那さんの浮気を疑っているはずです。女性からセックスを求める行為すら勇気のいることですから、妻側は夫の拒否に相当なダメージを受けていることが予想されます。 それでは、セックスを拒否される妻の本音を早速覗いてみましょう。

男性側も抱えている苦悩

こっちから頑張って求めても拒否されるのが本当に辛いです。毎日その事ばっかり考えてしまいます。こんな毎日がずっと続くのかと思うと憂鬱でたまりません。

ここまで女性側の原因や主張を紹介してきましたが、もちろん男性側にも悩みを多く抱える事があります。 拒否される側の男性も拒否する側の男性も、女性と同じように男性側の理由と言い分があるのは確かです。 では男性側の意見を見てみましょう。

レス3年目です。仕事で疲れてる、しか言ってくれません。話し合いもしてくれません。もはや悲しいを通りこしてイライラしかしないです。欲求不満すぎるので浮気してもいいかどうか悩んでます

話し合いすらできない

レス5年目です。出産後から夫が全くしてくれなくなりました。最初はネットで調べた情報や雑誌で調べた情報を頑張って試したりしてみましたが全く効き目がありませんでした。もはや期待してないです。かといって浮気をしたいとも思えないのでこのまま死んでいくんだろうなと思ってます。

仕事の大変さを妻が理解していない

断られる男性の気持ち

セックスレスの解消法

男性側にとって起きやすいのが妻が拒否するあまり話すら聞いてもらえない。という状態です。これでは事態は全く動かないにも関わらず、妻は建設的に物事を考えるのが苦手なのかな?と自分でも嫌になりますがバカにしてしまいます。そもそも法律で離婚要因になると言っているのになぜそこまでしてしたくないのかが分かりません。愛していた分本当に辛いです。(38歳・電機メーカー)

拒否してしまっていますが、私の妻はほとんど働かずに私と結婚したので仕事の大変さを理解していないように感じられます。職業柄、決算期は本当に病気になる人が出るほど忙しい職場です。これだけ頑張っているのに家に帰れたと思ったら励ましてくれるではなく、自分の主張ばかり。どうしようもない妻だと思ってしまう事もあります。(36歳・大手外資会計事務所)

いかがですか?どちらも拒否する方もされる方も悲しい気持ちや事情を抱えている事が理解できたのではないかと思います。 ですから、どちらの意見も正当な理由として受け入られた部分もあったのではないでしょうか? その気持ちがあれば改善に向けて一歩を踏み出すことがきっとできます。 それではそんな前向きなご夫婦のために、セックスレスを解消する方法をご紹介しましょう。

今は妻が拒否していて半年間のレスです。自分から仕掛けたのは情けないですが半年前の一回だけ。そのときに妻から強い口調で「なんで?」と言われてからプライドが傷つき自分から積極的になれていません。かといって妻もなぜか折れてはくれません。結果的に仲も悪くなり、家にいづらいというのが本音です。今は離婚を考えていて具体的に弁護士さんとの話合いをこっそり進めています。(45歳・公務員)

話し合いは必須

お互いの心の歩み寄り・相互理解

小さなスキンシップ・コミュニケーションから

二人のセックスレスの解決を祈ります。

この記事が役に立てば嬉しいですが、どちらも問題を抱えている可能性があります。話し合いのテーブルにつけない方にとってはとても難しいかもしれませんが、二人で問題がなんなのかを建設的に考えて、その上で病院に行くカウンセリングを受けるなどの方法を取るべきです。 大切なのはこれからの二人、これからの家族について考えることです。 せっかく愛し合って結婚したのですから、これからもいい関係で一緒にいる方法を考えるべきですよね。セックスにその気になれないのは単に一時的なものかもしれませんし、何より一番はお互いの辛さをカバーし合う思いやりを持つことです。

セックスレスの話し合いをするときはセックスレスの期間が長ければ長いほど感情的になるかもしれません。それだけ我慢してきた、という気持ちが強く出てしまってもおかしくはないでしょう。 しかしセックスレスを解消するためにする話し合いの場では自分の気持ちをぶつけるよりも、相手の話を聞くことを優先させるべきです。なぜならセックスレスの夫婦はお互いに「何を考えてるかわからない」という気持ちを持っていることが多いからです。 ですから話し合いの上で大事なのは議論をする事ではなく、あくまでお互いの気持ちや事例を共有する事につとめ、何がおかしいのかを二人で問題解決するための情報共有を大事にしましょう。

セックスはコミュニケーション・スキンシップの最たるものです。お互いにコミュニケーション・スキンシップを少しづつ増やす努力をどちらもがしないといけません。 いきなりセックスは無理でも、軽いキスをしたり、それすらも難しいなら寝る前の数分間だけでも手をつなぐというルールを決めても良いでしょう。 実はスキンシップにはセロトニンを分泌させる効果があることで知られています。このセロトニンとは人が幸福だと感じる時に分泌されるホルモンで、精神安定や平常心に効果がある物質です。 心が安定すれば身体も性感を得やすくなりますから、小さくてもスキンシップは大切にしましょう。 とにかく触れ合うことですね。

セックスレスは「拒む」という性質から残念ながら心までもが離れてしまうまでが早いです。ですからセックスについて何か疑問や違和感を覚えた時は溜め込まないで直ぐに相手に伝えるべきです。 お二人の問題だからこそ、どちらかが頑張るのではなく二人で頑張る体制を作る事ができればセックスレスは解消に向かう可能性があります。是非ご自分から積極的に動いてみてください。 愛し合って結婚した二人だからこそ、お互いのことを思いやり、問題解決に向けて支え合えるはずです。 お二人のセックスレスが解消される事を祈っています。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い